高品質な清掃サービス

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

床清掃のプロが教える・ポリッシャー説明
"問題いなく操作ができる”【動かし方の解説】

この記事について

ここの記事でお話しをさせてもらうことは、床清掃で使う機械と言ったら「これ!、」と言ってもいいくらい、良く知れた清掃道具と言える

  • 床磨きの機械「ポリッシャー」

についての・基本的なこと・と「その動きについて」の操作解説をいたします。

今回このポリッシャーについてを語らせてもらう「佐野清掃・佐野は」床を清掃することを・お仕事として・長年やってきて「ポリッシャーを使って」きました。

この記事でお話しする内容には、床清掃を商売としてきたことの・経験で得たことを・お伝えする業者としての「使ったうえでの体験談の」お話になり

  • それがメーカーも認める「本当に正しいこと」

とゆうのとは少々異なってきて、メーカーが発表している使い方なんかとは「また違った使い方説明」になっていますので、そのことを踏まえて・これはあくまで参考意見・独自の見解だと言うのを、ご理解したうえでご覧になってください。

この記事で「総体的 結果的には」何をお話しするのかと言うと、
実際にポリッシャーを清掃現場「作業で使っていて」感じて知ったことの「独自のポリッシャーとはの意見」になります。
ポリッシャーを実際に使ってみると「こうなる」「こうした方がいい」をお伝えする【業者としての説明】なのを考慮していただき、ぜひご参考にしてくれれば
幸いです。

床洗浄の舞台において”欠かせないのが”
「力強く磨ける」ポリッシャー

まずは、ポリッシャーはどういったところで使われているのかと、ポリッシャーとはどういった人間が使っていて、どんな場所で「活躍する」道具なのかをお話します。

【広い場所の洗浄には】
ポリッシャー

ポリッシャーは大きいブラシを装着でき「広い場所でも安定して磨いてくれる」便利な清掃機械です。

【硬い石を磨くのにも】
ポリッシャー

人間の力加減・力が入る 入らない・とは違い「均一に一定の力」で”落とす仕事”をしてくれます。

このポリッシャーを使ったら

人間が手で擦るよりも「何倍も良い仕事」ができ

ないよりも段違いに”綺麗かつ品質の高い床”にできる

ポリッシャーを使っている業者
その「使われているシチュエーション」

このページをご覧になっている方の中で清掃業者を知らない人でも、

清掃屋がやる「床を磨いた清掃の道具」と言えばなんといっても、ポリッシャーがとても印象強く思い浮かび、多くの人がイメージをするのかと思います。

ポリッシャーといえば、よく土日・休日の朝の早いお時間帯で、駅前にほど近い繁華街などの・まだオープンしていない飲食店なんかのお店、オフィスが入ったビルの前などで「作業車を入口のすぐ横につけて」車からこの機械を持ち出して・何人かで床を掃除している人達の光景は、よく目にすると思います。

こんな朝も早い時間から掃除をしている「掃除屋さんは」そこのお店から・その日時にやるように特別に依頼を受けたか、またはそこで清掃すること自体を「様々な回数で」定期的にやられている「いわゆる出入り業者が」定期清掃とゆう名のもとに、その契約をしている「決められた時間に」まだ開店していない「その時を狙って」清掃作業をやりに来たのと想像し、解釈してもらってほぼ間違いはないと思います。

ポリッシャーを使っている人は・どんな人で・見かけるいったら どんな場所 シチュエーションなのかには、ここで言ったような・車を使って作業現場を移動する「業者の人達が主に」使っていて、そんな清掃する業者にとっては・制約されている作業時間の中で・目的の汚れを落とすために使われている「とても便利な清掃機械・道具」であるのです。

床を清掃するのに「最も効率的に楽にできる機械」
“メリットが多いのがポリッシャー”

ポリッシャーは取り扱うのが簡単ではないですし、操作には難しいはずの道具なのですが、なんで「そんなめんどくさく」使いずらい清掃機械が昔からあって「そればかりずっと」使っている清掃屋「ばかり」なのでしょう。

頑張って作業をしている業者の手を止め「おたくなんでそれ使っているの?」なんて聞く人はいないと思いますが、何で使うのかの答えを言ってしまうのは簡単です。

床を磨いた清掃することにおいて、依頼者の綺麗にしてほしい「その望みと」その望みを叶えるために・遂行する過程を人間より【綺麗に早く汚れを落とす】ことができ・そのために絶対欠かせない必要な道具がポリッシャーになり、目的の床を洗浄して綺麗にするために「一番適した清掃道具が」ポリッシャーだとゆうことだからです。

床の洗浄作業においては「ほぼ必要不可欠」なのが・ポリッシャーになり、よく聞かれている「床の定期清掃やワックスがけでは殆どの場合で」必ずと言っていいほど使われていて、床洗浄に携わった作業では 必ず第一線「クリーンナップで活躍している」とても重要で欠かすことができないのが ポリッシャーとゆう清掃機械なのです。

ポリッシャーを使い・綺麗にするための考えの概念には、そこで清掃する作業員が「大きく楽ができる」人間がやるよりか遥かに効率的で進み・綺麗に早くでき・体力的に肉体的に軽減ができる、などのことが「ポリッシャーを使う大きなメリット」になります。

ポリッシャーを清掃現場で使う
熟練した業者のやる”その動かし方”

この画像のポリッシャーは「スタンドがついている・本体側スイッチ」のタンク付き 12インチ タイプのポリッシャーになります。

ポリッシャー本体には「パット台・洗浄パット・洗浄ブラシ・飛散防止カバー」などを・本体に装着して・使います。

床洗浄における・大事な立ち位置である・のがポリッシャーになるのですが、ではいったいこの機械自体は・どんな「動き方と」「働き方を」するとゆうのでしょうか

基本的な「どのように動くのかと」どうしてそのような動きなのかを、ご説明しますが
ポリッシャーについては大変奥が深く、なかなかその全部を伝えきれないかもしれないですので、全部ではないことをご理解してもらいたく・足りないとされる部分については、今後の別記事でご報告できればと思っています。

動き方の詳細説明には・このような項目ごとにして、解説させていただきます。
(詳細はクリック)

つたない文章で分かりづらいところや、もっとよくお知りになりたいところがありましたら、ぜひメッセージでお伝えください。励みになる激励のご意見は大歓迎です。
よろしくお願いします。

スイッチを入れるとモーターを上から見て
「”左”反時計回りに回転する」

ポリッシャーはモーターをカバーに包まれた外観は丸みを帯びた機械なのですが、この機械の床に当たる部分に・その床材にあった「洗浄パット ブラシ」を取り付けて磨く操作を行うのですが、回転している様子のそのポリッシャーを・上から・見てみると「左に回っている」はずで、そうやって左に動いて「回っているのが」ポリッシャーの動き方になります。

その左に回っているという「その動き方が」この後に説明するポリッシャーとゆうものの「独特な癖と特長を」もたらすのですが、まずは・電源を入れてスイッチを入れて(レバーを握って)オンにしたら「左に回転する」ことを、覚えておいてください。

その次に「ハンドルの左手側にあるのは」水をセットできる・タンク付きポリッシャーなら・その水を「出す出さないを選択できるレバー」があります。

これがあることによってポリッシャーは「人間の手のように」

  • 片手でスポンジやパットで擦って、もう一つの手で洗剤を継ぎ足しながら擦る動き

の・人間と同じような洗浄動作ができる機械・とゆうことになります。

ポリッシャー自体の電源スイッチは・ハンドル右側のレバースイッチと・本体部分にある「オンオフスイッチ」とゆう二種類がある。

  • これをオンにすると「ポリッシャーは左回転に作動する」

ポリッシャーハンドルの左手側には「ポリッシャータンクにセットした」水※もしくは洗浄水を・出すか出さない・を選択できる「レバースイッチ※種類はレバーのみ」がある

ポリッシャーは水をセットして出し「加えながらの」左回転で作動させて「床を洗浄することができる」床磨き機械とゆうものになります。

操作する人間の左手側に進むのが
「ポリッシャーが”前に”前進して進むこと」

次に左回りに回転したポリッシャーは「どのように進んで」行くのでしょう

この答えは「左方向の」操作をする人間の・左手側に進んで行くことが、いわゆる「前に進んで行くこと」とゆうことになるのです。

  • ポリッシャーは「床を濡らし」左回転しながら「横に”左方向に前に進んで”先へ進む」

この左に進むことが「何で前に進むのかには」いくつかのことを言う人がいますが、一番これだろうとされる理由には・左ではなく”右方向にに進む”と・ポリッシャーから出る水・床にある洗浄水が

  • 【床以外の周りの建材に跳ねてしまうから】が、

一番そうであろうとされる「最も有力な」あくまでも使っている業者側としての「現場で使うために」判断しているその理由になります。

  • ポリッシャーを左に動かすと「水は操作している人間側に跳ね」問題はないが
  • 右に進んで行く時の・水は・ポリッシャーの外側に跳ね「周りを汚してしまう」

この使う上での「建物の安全面の観点から」ポリッシャーは「左方向に進むのが前」とゆうことを”定義としていて”使う側としてはそういったことを常に考えて使用しているのです。

まとめますと、
水を出しながらの洗浄ができるのが「そのメリットの」ポリッシャーではあるが、左へ右へと進むその動きをすると・水※洗浄水の「跳ねてしまう方向が変わる」これによって左に進むと「内側に」操作している人間側に飛び跳ね「建材を汚さない」安全な動きになるため

先へ先へと進んでいく「前へ進む動きとされる」ポリッシャーの動きについては

  • 【左に進んでいくこと】が、

ポリッシャーを現場で使う業者としての、動かし方になります。

ポリッシャーは操作する人間の
「体の前に”常において”回転させる」

ここからはポリッシャーを動かすことができたとして、操作をしてからの「綺麗にするための動きについて」ご説明いたします。

ポリッシャーを動かすことができるようになると分かることなのですが、ポリッシャーとゆうのは「非常に不安定な動き」をするものなのが「分かって」きます。

回転してる機械の「バランスをとって」横に動かないように「中心でバランスをとって」相対する床にポリッシャーを「かけて」いくのですが、ここで この時の状態の意味のこと で・大きく・言っておきたいことがあります。

そのバランスをとって・操作する人間の前「床に留まっている状態が」対象の床に対して「一番食いついて」いる、いわば【一番床の汚れに対して”落ちている状態”】であるのです。

知っておいてもらいたいのは

  • 横方向に・左右へ動かすと・ポリッシャーが床に食いついていることの「”力”圧が逃げる」とゆうことになります。

これをもう少し具体的に解説すると
回転して床に「食いついて圧がかかる」ポリッシャーにとっては、動かすことでその圧が軽減され逃げてしまいます。このことで床の洗浄作業において言うと「汚れ落としには」そのポリッシャーの「左右に動かすスピード」とゆうのが、目的になる「床の汚れの落ち具合と」大きく関係してきます。

  • 体の前において・バランスをとっている時が「一番圧がかかって”汚れが落ちてる”状態」
  • 横に動かし・早く動かすほどに「圧が逃げて”汚れ落ちが弱くなってしまう”状態」

言うことをまとめます。

ポリッシャーを操作できるようになって「ありがちで」よくやってしまうことなのですが、早く動かすことが、綺麗になる上手いポリッシャーの動かし方とは【違います。】

なぜなら・中心でバランスをとって「体の前にポリッシャーがあるときが」一番洗浄する力がある”ポリッシャーの目的の仕事をしているとき”だからです。

では どれくらいのスピードで動かすのが・洗浄するのに良いスピード・なのかには「その床の汚れ具合で」決まってくる・判断するもの、なのです。

あくまでその現場の ある汚れ によって、どれくらいの「人間の動くスピードかが決まり」そうやってポリッシャーを回転させる「洗浄させる」とゆうことが現場で・使う人間としていつもお客様に言っている、そのお答えとお話になります。

動き方とゆうのは そこにある汚れで その現場の場面場面で変わってくるのが、汚れを落とす意味での【ポリッシャーの正しい掛け方】なのをご説明させてもらいました。

電源コードはポリッシャーを上から見た
「右手側にあるなら巻き込まない」

ポリッシャーには電源コードがついていて・それを這わせて「伸ばしきって」作業場所になるところの・遠いところから「元居る近くまで」動かして・戻ってくるように使う(かける)清掃機械なのですが、
これには・どの条件の作業現場にも共通をしていることになり、進む最終地点・かけ終わりとゆうのは「電源コンセントのところになるのが」どんな場合の作業現場であろうと・そうなる・そうする、お決まりの動かし方となります。

  • 床を濡らしながら・汚れを見て落としながら左に先に「電源コンセントに向かって進む」

作業するイメージで「もっとよく」ご説明すると・伸ばしきった電源コードを「さばきながら」横方向に 左が前進で 後退をし【バックで後ずさりで尚且つ”半身の姿勢”で操作を行い】 どんどんバックして、半身で後ろを見ながらかけていくのが
ポリッシャーをかけることの・かけている「その作業イメージ」になります。

  • 体の向きが半身に「なぜ」なるのかは「後ろが見えない、コードがゆとりをもって さばけない」の操作上の理由からです。

このコードをさばく「巻き取りながらの」ポリッシャー操作とゆうのは・ビルメンテナンス協会他・この業界の人なら「殆どの人が推奨している」正しいやり方ではあるのですが、
実はこれを行うと実際の「結構な汚れがある」作業現場には「意外と面倒な手間」になってきて、やると作業に支障をきたしてしまう・やっかいな正しいやり方・でもあるのです。

ではポリッシャーを使い慣れている熟練作業員は、どういうかけかたと「コードのさばき方を」しているのかと言うと、

  • 簡単に言ってしまえば「余ってきたコードを”そんなには”巻きません。」
  • 電源コードの ある「おく」位置を ポリッシャーに当たっても 回転に影響のない【事故にならない位置・上から見た右側を選んで作業をしています。
  • どうかけるかの 作業しているイメージの中に、左回転しているポリッシャーの右側にコードをやる「仕向けるように」しているのです。
  • 扱い方に熟知をしていて・知っている人の動きには、回転しているポリッシャーの作動中に・電源コードが”操作する人間の上から見た”右側部分に当たってしまっても、
  • ポリッシャーの動く「左回転というのにとって」力の圧・負荷というのは「外側へ逃げていくのが”右側になる”ため」動いていること自体には影響がない作業となるのです。
  • 電源コードは・ポリッシャーの右にあれば「ぶつかった」としても、内側に入り 下回りの回転軸に「絡むことはなく」”問題がなく”作業が進む

これができることで 撒き取るとゆう動作を なるべく省き「巻かなくても 何とかなる ので」その分だけ、床を磨く「汚れに集中ができた」質の高い床洗浄を行えるようになるのです。

これを知るためには・逆にやってはいけない危険なことのも・知っておくと「さらに理解が」できますので、危ないことも「あえて」ご説明します。

危険のこととは要するに、右側にコードをおくは【絶対だと】いうことです。

  • 右にある以外は危険とされ「ダメだということ」

※もし「右ではなく」ポリッシャーの”左側に”電源コードがあり ぶつかるとしたら「事故になってしまう」ことも大いに予想されます。

  • 左に進んでる途中に「先端にコードにぶつかったら」・左回転はイコール【内側に絡んで 巻き込む】とゆうのを、絶対に知ってください。
  • もし 巻き込んで入って絡んでしまった コードは「回転軸の鋳物にまとわりつき」最悪は食いついてしまったコードが「引っ張られて 切れて」しまうかもしれません。

このようなことになってからは遅いので・興味本位でもお試しでも、回転しているポリッシャーの左側にコードをぶつけるのは、絶対やらないようにしてください。

電気の圧の変化「圧がかかるのを知って」
”電圧自体の安全管理”もポリッシャーには必要

ここまでポリッシャーを使って動かしてみた「流れの中での」特長や癖のある動きのことをお伝えしてきましたが、ここからは・ポリッシャー自体が電気機械であることでの、注意しなくてはいけないことをご説明させていただきます。

ポリッシャーはバランスをとって動かす「不安定な清掃機械」ではあるのですが、機械そのものは「非常にしっかりと作られていて」壊れてしまったり故障したりすることは滅多なことではありません。
使ってる時に「壊してしまうことが」あるとするなら、先に説明した・電源コードなんかのトラブル・にはなりますが、これについても・コードをさばくのが・問題なくできる人であるのなら 起きてしまう事など「皆無と言って」いいと思います。

ではここで言うことは何かというと・機械を安全に使用する上で、気を付けておかなければならないことがあるのをお話します。

  • ポリッシャーを使うのに唯一”これには注意して”使ってもらいたいことになるのが【機械自体が電気を強く使ってしまう点】です。

ポリッシャーは重量が重たい清掃機械でありますので、それを動かす「作動させる」のには、どうしても電気を食ってしまうことが避けられない機械です。
※重量に関しては「水を満タンにセットした」・12インチ サイズのポリッシャーなら・40㎏近くはあります。

これだけ「重い物を」動かすのですから・動かす 作動させる時の電圧は、それなりに大きくかかります。動かして「からの」電圧のかかる”注意する床材”としては「凹凸がある床や」タイルではないカーペットの「毛の床」には・床に食いつく 負荷がかかることでの「電圧の変化」があるのも 覚えておきたい・ポリッシャーとゆう機械ならでは、のことになります。

電圧のトラブルを避ける意味での対策と「対処法を」知っておかなければ・残念ながらいつか絶対「電気を飛ばす」ブレーカーを落としてしまうことが、起こりえることなので
これを防ぐために、前もって電気の情報収集は必ずして・どこのコンセントを使う・使用するコンセントの電気系統に「大事な機械はないか ※パソコンなど」を、よく知って確認してから実際の作業で使う必要があります。

電源コードの「長さにも」要注意です。
ポリッシャーの電源コードは 12インチのポリッシャーなら「15mも」あります。床を洗浄することを目的としたポリッシャーは電源コードも「長く設定されていては」いるのですが、電源コードそのものは「あんまり長すぎても」いいとゆうものではありません。

電気の圧には問題がなく・正常に圧がかかる基準の長さ(コードの長さ)・というのがあるのを、ご存じありますでしょうか。この長さとゆうのは実を言うと

  • 一般的には【30メートルまで】とされているのです。

使う場所・清掃現場に「よっての」使える電気の容量も、ポリッシャーには影響してきますが、その使用する電源コンセントから「どのくらい先の所まで使えるのか」にも・定義・とゆうのがあって その定義には コードは30mまで とゆう「制限が」あります。
これを超えて 延長コードなんかを使って作業してしまうと 電圧が弱くなって「届かなくなってしまい」ポリッシャーの作動自体に影響が出てしまうことになるのです。

  • 重量があることによって・電気の容量を食い 電圧(負荷を)かけながら使う、ことにより電圧も「基準の数値は必要」になってくるのが「ポリッシャー」

こういったことが機械としての特性に挙げられることから・建物の安全面にあたる「電気への影響も考慮し」問題がないかを考えてから、清掃作業で使う必要があります。

清掃機械ポリッシャーの・電気に関した注意することの、説明をさせてもらいました。

この記事のまとめ

ポリッシャーのについてはさらに「深掘り」していきます。

ここまでご覧いただきありがとうございました。
床清掃で使うポリッシャーについての「基本的なこと」と、実際の作業現場で使っていて・使用しているからこそ分かる「業者としての動かし方」や注意点について、ご説明させていただきました。

使っている「流れにしてみた解説」でしたが、
ここでお載せしていない最初の段階の、機械の触り方や「操作方法」なんかにつきましては、各メーカー様が公式に発表している情報をご参考になさってください。

なお・この記事をお作りするのには・弊社がお世話になっている取引企業、サンワ様の情報と資料を参考にして作らさせていただきました。

ポリッシャーについてをさらに「もっと追及した」情報記事は、今後も増やしていければと思っていますので、ご愛好のほどをよろしくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お役立ちページの案内目次へはこちらからお願いします。

  • よく目にする清掃機械のこと
  • 今さら聞けないタオルでの拭きかた
  • 資機材の注意すること、技術的なこだわり

などを、当社の経験に基づいてお話をできたらと思います。

ぜひお客様の日々の清掃にお役立てください。

どの記事も他にない
佐野ならではの一次情報

こちらの記事を読んだ方には、下記の情報についてもよく読まれています
ぜひご一読ください。

次にお読みしてほしいオススメ

※わからない点・読みづらいところがございましたら、遠慮なさらずご指摘ください。

トップページでは、佐野清掃の
「得意な清掃」を記載

作成者が代表を務める
のが【佐野清掃】


恐縮ながら作成者自身の会社のことを、宣伝させてください
 

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

簡単な質問・金額を知りたいでも、気軽に聞いてください!!。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士一級資格 取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル・作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年:佐野清掃・開業
  • 仕事とバイクが大好き人間

このホームページは・佐野でしか言えない「本当の清掃情報」を、伝えたくはじめさせてもらいました。
読んでる方にとっての「これは知りたい」ためになる記事というのを増やしていきますので、
励みになる激励の意見をいつでもくださいっ よろしくお願いします。

佐野清掃

所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の何とかしてほしい希望に、即対応できるよう
準備は常にいたしております!

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域のほかにも対応できる場合がありますので、
聞いて確認をしてみてください!

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付しています
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。