品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

『仕事依頼は直接メールで』

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

業者が教える ポリッシャーとは

ご覧なってもらいありがとうございます!
作成者の佐野ともうします。

今回は床清掃の機械についてお話します。

書かれているのは
床のポリッシャーをこれから使う人 よく知りたい人に向けた

ポリッシャーを教えさせてもらう内容になります。


(2023年11月13日 内容修正)

床ポリッシャー・操作説明【教わってきた動かし方】-佐野清掃
※詳細はクリック

ポリッシャーの独自解説

 この記事は、床清掃の機械と言ったら「これっと」言ってもいいくらい
よく知れている清掃道具

床磨き機械「ポリッシャー」についての
基本的なことと その動きについての操作解説になります。


ポリッシャーについて語らせてもらう、佐野清掃 佐野とは
床を清掃することを仕事として長年やってきて、
ポリッシャーを使ってもきました。

ここでお話しするのは、床清掃を商売として 経験したことをお伝えする
業者だから知っている体験談のお話になり

語る内容は メーカーが説明するような「使い方」とはまた違い、ポリッシャー本来の目的である
床を綺麗にするための使い方で話をし

使用して操作するを想定した 業者だから分かる、「本当の見解」をお話しします。

伝えたいのは
「操作感覚・本当の動かし方・注意すること・ポリッシャーがあるのは綺麗にするため」

です。

使ってきたからわかる 本当はこうであったり
こうなるやこうした方がいいを 大いに語らせてもらうので

よかったら参考にしてくれて

ポリッシャーにより興味をもってもらえたらが、作った願いにあります。


よくある使い方とは違うのともうし

伝えるのはあくまで個人が言う『参考意見』なのを よくもご理解されまして
参考にできるところはぜひしてください。

床洗浄の舞台で欠かせない「力強く安定して磨けるポリッシャー」

 この機械は何がいいから使わているのか
ポリッシャーはどういった人間が使っていて、
どんな場所で活躍する道具なのか

まずはこのお話からいたします。

広い場所の洗浄には ポリッシャー

「ポリッシャーは大きいブラシを装着でき、広い場所でも安定して磨いてくれる」

便利な清掃機械。

硬い石を磨くのにも ポリッシャー

人間の力加減 力が入る 入らないとは違い

「均一に一定の力というので」
落とす仕事をしてくれます。

ポリッシャーを使ったら
人間が手で擦るよりも

“何倍も良い仕事ができ”
ないのと比べたら

段違いに綺麗かつ
品質の高い床にできる

 

ポリッシャーのもたれてるイメージ
使うメリットとは・・・

ポリッシャーを使うのは業者の人達で、活躍するのは清掃現場

 この記事をご覧になっている人の中で、清掃業者を知らない人でも、

清掃屋が使う床を磨いた道具と言えば、なんといってもポリッシャーがとても印象強く思い浮かび
多くの人がイメージをするのかと思っています。


ポリッシャーといえば、よく土日 休日の朝の早い時間帯で、駅前からほど近い繁華街などの
まだオープンしていない飲食店なんかのお店、オフィスが入ったビルの前などで

作業車を入口のすぐ横につけて、車からこの機械を持ち出して
何人かで床を掃除している人達の光景は、よく目にすると思います

こんな朝も早い時間から掃除をしている掃除屋さんは、そこのお店から

その日時でやるように特別に依頼を受けたか、またはそこで清掃することじたいを
様々な回数で定期的にやられている、いわゆる出入り業者の方達になり

定期清掃とゆう名目で、契約をしている 決められた時間に、まだ開店していないその時を狙って
清掃作業をやりに来たのと想像し、そう解釈してもらって
ほぼ間違いはないと思います。


ポリッシャーを使っている人はどんな人で、見かけるといったら
どんな場所のシチュエーションなのかには、ここで言ったような

車を使って作業現場を移動する「業者の人達」が主に使っていて、そんな清掃する業者にとっては
制約がある作業時間の中で、目的の汚れを落とすために使われる

とても便利な清掃機械・清掃道具になるのです。

 

床を最も効率的に楽に清掃できる「ポリッシャーはメリットが多い」

 ポリッシャーは取り扱うのが簡単ではないですし、操作には難しいはずの道具なのですが

なんでそんなめんどうな使いづらい清掃機械が昔からあって
「そればかりずっと使っている清掃屋」

が多いのでしょう・・・。


頑張って作業をしている業者の手を止め
「おたくはなんでそれ使っているの?」なんて聞く人は、いないと思いますが、
何で使うのかの答えを言ってしまうのは簡単です。

床を磨いた清掃することにおいて、依頼者の綺麗にしてほしい望み

その望みを叶えるために、遂行する過程を人間より綺麗に早く落とすことができ
そのために絶対欠かせない★必要な道具がポリッシャーになり、目的の床を洗浄して

綺麗にするために、一番適した清掃道具がポリッシャーになるから
だからポリッシャーを使うのです。


床の洗浄作業においては“ほぼ必要不可欠” になるのがポリッシャーになり

 よく聞かれる床の定期清掃やワックスがけの作業では、殆どの場合で必ず
と言っていいほど使われていて、床洗浄に関わった作業では必ず第一線

「クリーンナップで活躍している」とても重要で欠かすことができない道具なのが、
ポリッシャーとゆう清掃機械になるのです。

ポリッシャーを使い綺麗にするため 考えられている概念は、そこで清掃する作業員が大きく楽ができ
使うことによって、人間が手作業でやるより遥かに効率的に進み

「綺麗に早く・体力的・肉体的に軽減ができるから」

これがポリッシャーを仕事で使う、大きなメリットになります。

ポリッシャーを清掃現場で使う 教わってきた動かし方

12インチのポリッシャーでお話

画像のポリッシャーはスタンドがついている
本体側スイッチ・水の入るタンクが付いた、12インチタイプのポリッシャー

一般的に最もよく使われる大きさ

実際に作業で使うときは「装備品を装着」

ポリッシャー本体には
「パット台・飛散防止カバー」を取り付け

パット台には「洗浄パットがブラシを」装着してから使います

ポリッシャーは 大変奥が深い

 ここまで説明した通り、床洗浄において〈大事な立ち位置〉になるのが
ポリッシャーなのですが

ではいったいこの機械じたいは、どんな(動き方と働き方)をするとゆうのでしょうか

基本的などのように動くのかと、どうしてそのような動きなのかを説明していきますが

ポリッシャーについての「全部というのは」今回だけでは大変難しく、書ききれないのが
申し訳ないのですが、ポリッシャーとゆうのは扱い方に その場面によって書くことが
すごくいっぱいある機械ですので

内容が全部でないのをはじめに言っておきたく
足りないとされる部分は、今後の別記事で伝えたいと思っています。


動き方に関する詳細説明は、この項目にて解説いたします。
(詳細はクリック)

つたない文章で分かりづらいところ、もっとよく知りたいところがありましたらいつでも聞いてください。

励みになる意見は大歓迎です!

スイッチを入れると使い手から見た左回転「反時計回りに回転する」

 ポリッシャーはモーターをカバーに包まれた 外観は丸みを帯びた機械なのですが
この機械の床に当たる底面部分に、磨く床材にあった洗浄パットやブラシを取り付けて
洗浄するための操作を行うのですが

回転している様子のポリッシャーを上から見てみると、左に回っているはずで、
そうやって左に動いて回っているのが、ポリッシャーの動き方になります。

その左に回っているという「動き方とゆうのが」、この後に説明するポリッシャーとゆうものの
「独特な癖と特長を」もたらすのですが、まずは電源を入れて

スイッチを入れ・レバーを握ってオンにしたら「左に回転する」ことを、覚えておいてください。


 ポリッシャーハンドル左手側には、洗浄水を出すためのレバーがあり(タンク付きに限る)
このレバー操作でタンクに入った洗浄水を「握って出る」「離して出ない」の操作ができます。
※タンク付きポリッシャーは上記画像

タンクがあるポリッシャーだと、水をポリッシャーじたいから出せるので
ポリッシャーは人間の手のように
片手で擦る(洗浄する)動作 もう片方の手で洗剤を継ぎ足しながら擦る「よくある動き」
人間と同じような洗浄動作ができる機械になり

これができるからポリッシャーは「とても便利と」なっています。


 ポリッシャーじたいの電源スイッチは、ハンドル右手側のレバースイッチと・センタースイッチと呼ばれる
本体についたオンオフスイッチとゆう二種類があり

どちらもオンにすると、ポリッシャーは上から見た左回転に作動します。

ポリッシャーハンドルの左手側には、セットした洗浄水を
 出すか出さないか選択できるレバースイッチが、タンク付きポリッシャーならありますが
水を出す操作種類は、どの床ポリッシャーでもレバーだけになります。


ポリッシャーは水をセットすることができ、床に水を出しながら「加えながらの」左回転で作動させて
洗浄し磨くことができる機械になり

正式名称は:床磨き機械と呼ばれています。

 

回転する機械で操作が必要のため
最初に動かすときは不安がつき「注意も必要な」清掃機械になります。

動かすときの注意

筆者のアドバイス

慣れていても常に緊張して、動かすこと

動き出しは要注意

こんなことに注意

  • 床にたいしてなるべく、水平にポリッシャーを置いてから、スイッチ入れる
  • 機械にもっていかれそうになったら、スイッチを切る「力で抑えない」
  • 床を濡らしてから回転させる、空回しは床に傷がついてしまう
  • 動かしてから安定しない場合は、腰で乗せて押さえるのも、つかむコツ
  • まずは回転が安定するまで、簡単に片手でもてるまで無理をしない 体を慣らす

ポリッシャーの前進とは左方向「操作する人間の左手側に進むこと」

次に左回りに回転したポリッシャーは どのように進んで行くのでしょう

 この答えを言うと「左方向の」操作をする人間の 左手側に進んで行くことが、いわゆる
前に進んで行くとゆうことになるのです。

『ポリッシャーは床を濡らし 左に回転しながら 横に、左方向が前で先へ進む』


ポリッシャーが左に進むことがなんで前に進むになるのかは、いくつかのことを言う人がいますが
一番これだろうとされる理由には
左ではなく右方向に進むと、ポリッシャーから出る水 床にある洗浄水が

床以外の周りの建材に跳ねてしまうからが一番の理由として、これが最も言われ

綺麗が目的の洗浄作業で、床以外は汚したくないのはどんな業者でもある胸の内
跳ねたらまた拭かなければの手間が増えるので

業務を円滑に進めるため、対象以外を汚さないために
水が跳ねないように考えられたのが左前で、仕事を増やさないためのやり方が
「左前」です。

左が前の動かし方のなぜには
周りを汚したくない理由があるから、この動かし方になっているのです。

ポリッシャーを左に動かすと「水は操作している人間側に跳ね」問題はないが
★右に進んで行く時の水は★ポリッシャーの外側に飛び跳ね、周りを汚してしまう


この使ううえでの安全面の観点から、ポリッシャーは「左方向に進むのが前」とゆうことを定義として
仕事している業者は 数多くいらっしゃいます。

「使う側としての問題なく進めたいのがあって」
洗剤と水の出る「跳ねる方向」を気にして、結果として左が前になっているのです。


まとめますと

水を出しながら洗浄でき それがメリットのポリッシャーではあるが、左へ右へと進む独特な動きをすると
「水」・洗浄水の跳ねてしまう方向が変わる

この特性によって 左に進むと、水は「内側に」操作している人間側に飛び跳ね
そのことが建物を汚さない安全な動きへとなるため

先へ先へと進んでいく(前へ進む動きとされる)ポリッシャーの動きについては

『左に進んでいくことが』、

ポリッシャーを現場で使う業者としての動かし方・動かす方向になります。

動かしてからの注意点

聞かれる質問

どうゆうふうにかけたらいいの?
どれくらいでかけるものなの?

やってはいけないことあるの?

動かしてからも危険がいっぱい

注意は言ったらキリないのですが…

  • 危ないもの・ぶつけてはいけないのを、必ず前に見て、横で見ないで動かす
  • カニ歩きは「本当は危ない動かし方」半身の姿勢で、左手にゆとりがある操作をする
  • 壁際・隅は床が下がっていて、回転が安定しない恐れがある。慣れていても慎重に
  • スイッチ入れて動かしてから「音がして回転しない」場合は、即座に電源を切る
  • 横方向の左右に「歩くより遅く」数えるくらいのスピードで、濡れた床をかけていく
  • 基本は左回りで面取りしてから、かける場所の奥へ戻り、残った真ん中をかける

ポリッシャーは回転するまっすぐ前におき「常においた力で落とす」

ここではポリッシャーを動かすことができたとして、操作をしてからの
綺麗にするための動きについて、説明いたします。


 ポリッシャーを動かすことができるようになると 分かることなのですが、ポリッシャーとゆうのは
「非常に不安定な動きをするものなのが」分かってきます。

回転している機械のバランスをとって横に動かないように「中心でバランスをとって」
相対する床にポリッシャーを❝かけていく❞のですが、ここでこのときの状態 意味のことで大事な
言っておきたいことがあります

それはバランスをとって「操作する人間の前」床に留まって回転している状態が
床にたいして 一番食いついて圧がかかっている状態で
知っておいてほしいのは

床の汚れにたいして「一番落ちている状態が」体の前にあるときだということ。


ポリッシャーの機械特性ではこれがあります

機械を横方向に左右へ動かすと、ポリッシャーが床に食いついていることの
❝力の圧が逃げる❞、❝逃げてしまうとゆうのが❞、あります。


もう少し具体的に解説します。

 回転して床に「食いついて圧がかかる」ポリッシャーにとっては、動かすことで
かかる圧が軽減され、逃げてしまうものなのです

そしてこのことで、床の洗浄作業において言うと
汚れ落としには かけるポリッシャーの左右に動かすスピードとゆうのが
目的になる 汚れの落ち具合と 大きく関係してきます。

※要チェック
人間の動くスピードは 落とす目的があるポリッシャーにとっては すごく大事なことで
これは経験しないとわからない★必須な覚えるべきになります。

伝えるのは

体の前においてバランスをとっているときが、一番圧がかかって “汚れが落ちている”状態
横に動かし早く動かすほどに圧が逃げて、“汚れ落ちが弱くなってしまう”状態


言うことをまとめます。

 ポリッシャーを操作できるようになって ありがちでよくやってしまうことなのですが、早く動かすことが
綺麗になる 上手いポリッシャーの動かし方とは違います

なぜなら中心でバランスをとって、体の前にポリッシャーがあるときが一番洗浄する力がある
ポリッシャーが目的の仕事をしているときだからです。

ではどれくらいのスピードで動かしたらいいのかは
「それは現場の汚れ具合で決まってきて」「その時々に判断するもので」

洗浄するによいスピードは現場によって違うのです。

人間が動くのは、洗浄する現場の「ある汚れによって」
どれくらいの人間の動くスピードかが決まり
そうやってポリッシャーを回転させる(洗浄させるとゆうことが)使う人間として現場で
いつもお客様に言っていて、これが正解の動かす速さ・かけ方になります。


ポリッシャーは操作する、体の前においた状態でかけるのが 落とせるかけ方で
動き方とゆうのは、そこにある汚れ その現場の場面 場面で変わってくるのが
汚れを落とす意味でのポリッシャーの正しいかけ方

になるのをお話しさせてもらいました。

綺麗になるかけ方は覚えていくもの

現場でよくある失敗

きついヒールマークが落ちない
回転したムラになってしまう…
だいたい同じところに汚れが残る…

こうやるとよい方法・考え方

かけ方は奥が深く勉強して覚えるもの

  • 横方向に動かすポリッシャーは「実は横で磨いてる」動きなのを、まずは知る
  • 横回転だから「縦に動かすこと」は熟練者は知っている、綺麗にする動き
  • ポリッシャーを「最低二回床にあてる」一回とおるだけだと、落ちずムラにもなる
  • キツイ汚れはポリッシャーで頑張らず、洗剤を加えるなど、他のやり方を試してから
  • 綺麗になったと感じるところから、さらにもう一回が、スッキリ感がでる床になる
  • 頑張りすぎても洗浄跡の、ムラができてしまう原因にもなってしまう

電源コードは操作する右側におき「右手側にあるなら巻き込まない」

 ポリッシャーには電源コードがついていて、それを這わせて伸ばしきって
作業場所になるところの
遠いところから元居る近くまで、動かしてかける(戻ってくるように使う)清掃機械なのですが

これにはどの条件の作業現場にも共通をしていることになり、進む最終地点
かけ終わりとゆうのは(電源コンセントのところになるのが)どんな場合の作業現場であろうと
そうなる そうする、お決まりの動かし方となります。

床を濡らしながら汚れを見て、落としながら左に先に「電源コンセントに向かって進む」


作業するイメージでもっとよく説明すると

伸ばしきった電源コードを「さばきながら」横方向に、左が前進で後退をし
バックの後ずさりで尚且つ“半身の姿勢”で操作を行い、どんどんバックして

半身で後ろを見ながらかけていくのが
ポリッシャーをかけることの、かけているその作業イメージになります。

体の向きが半身になぜなるのかは「後ろが見えない」「コードがゆとりをもってさばけないの」
操作上の理由からです。

このコードをさばく「巻き取りながらの」ポリッシャー操作とゆうのは

ビルメンテナンス協会他、この業界の人なら(殆どの人が推奨している正しいやり方ではあるのですが)
実はこれを行うと実際の「結構な汚れがある」作業現場には
意外と面倒な手間になってきて、やると作業に支障をきたしてしまう

やっかいな正しいやり方「でもある」のです。


ではポリッシャーを使い慣れている熟練作業員は、どういうかけ方と
「コードのさばき方を」しているのかと言うと・・・

簡単に言ってしまえば「余ってきたコードをそんなには巻きません」

電源コードの ある「おく位置」を ポリッシャーに当たっても 回転に影響のない
事故にならない位置・上から見た右側を選んで作業をしています

どうかけるかの 作業しているイメージの中に、左回転しているポリッシャーの
右側にコードをやる「仕向けるように」しているのです

扱い方に熟知していて 知っている人の動きには、回転しているポリッシャーの作動中に、電源コードが操作する人間の上から見た、❝右側部分❞に当たってしまっても、

「ポリッシャーの動く左回転というのにとって、力の圧 負荷というのは、外側へ逃げていくのが❝右側に❞なるため、動いていることじたいには影響がない作業となるのです」

電源コードはポリッシャーの右にあるようにすれば、「ぶつかったとしても」内側に入り込み 下回り、回転軸に絡む心配はなくなり、❝問題がなく❞作業が進む

これができることで、巻き取るとゆう動作をなるべく省き、巻かなくても何とかなるので
その分だけ床を磨く「汚れに集中ができた」質が高くなった床洗浄をできるようになるのです。


これを知るためには逆にやってはいけない、危険なことのも知っておくと
さらに理解ができますので、危ないことも「あえて」言ってみます

危険なこととは要するに、右側にコードをおくは【絶対だと】いうことです。

右にある以外は危険とされ「ダメだということ」

もし右ではなく、ポリッシャーの左側「障害物として電源コードがありぶつかるとしたら」
「事故になってしまうことも」大いに予想されます。

左に進んでいる途中に 先端にコードにぶつかったら、左回転はイコール
内側に絡んで 巻き込むとゆうのを、絶対に知ってください。

もし巻き込んで入ったとして 絡んでしまったコードは、回転軸の鋳物にまとわりついて、最悪は食いついたコードが引っ張られて切れてしまうかもしれません。

このようなことになってからは遅いので『興味本位でもお試しでも』、回転しているポリッシャーの先端、左側にコードをぶつけるのは、絶対やらないようにしてください。

操作上のコードのさばき 上手くなるには

聞かれる話題

コードを蹴るのはダメ?
巻いた輪がなんか小さい…
なんかゆとりなく、せわしなくなる

操作に片手でできるがまず前提

コードをうまくさばくのは「慣れるのみ」

  • 「前に留めて」安定して動かせないと、コードをさばくことは まずできない
  • 余ってたまってきたコードは蹴らずに、手で拾うのも「すごく」練習になる
  • コードの通るところを先にかける、なんかもなるべく巻かない 一つの方法
  • 巻くときに濡れたコードを「拭きながら」巻けたら、余裕がある動きの証拠
  • ポリッシャーは止めないのが基本だが、コードを巻くときは止めた方がいいときもある
  • 巻く前の手繰ることの方が、綺麗に巻くためには重要になる★手繰る(たぐる)

電圧トラブルを避け 電気の安全管理は「ポリッシャーにある注意」

ここまでポリッシャーを使って動かしてみた
流れの中での特長や癖のある動きのことをお伝えしてきましたが

ここではポリッシャーじたいが電気機械であることでの、注意しなくてはいけないことを
お話しさせていただきます。

 ポリッシャーはバランスをとって動かす「不安定な清掃機械」ではあるのですが
機械そのものは「非常にしっかりと作られていて」壊れてしまったり、故障したりすることは
よっぽど滅多なことではありません
使っているときに壊してしまうことがあるとするなら、先に説明した
電源コードなんかのトラブルにはなりますが、これについてもコードをさばくのが
問題なくできる人であるのなら
起きてしまうことなど「皆無と言っていいと」思います。

これを言ったうえで、ポリッシャーに関した電気のこと
機械を安全に使用する上で、気をつけなければいけないことについて
続けさせてもらいます。

「ポリッシャーを使うのにあたって唯一、これは前もって知って注意してもらいたいことに
機械じたいが電気を強く使ってしまう点があります」

ポリッシャーは重量が重たい機械でありますので、それを動かす「作動させる」のは、
どうしても電気を食ってしまう、電力消費が※避けられない機械です。

※重量に関しては「水を満タンにした」12インチのポリッシャーなら 40㎏近くは、あります


これだけ「重い物」を動かすのですから、動かす 作動させるときの電圧は
それなりに大きくかかります。

動かしてから電圧のかかる 注意する床材としては、凹凸のような(おうとつ)がある床や
パイルがない 毛足の長いカーペット(毛床)には、床に食いつき負荷がかかることでの
電圧の変化があるのもポリッシャーにはあり、使う上で覚えておきたい

電気に関係した注意があります。

電圧のトラブルを避ける意味での対策と「対処法を」知っておかなければ

いつか絶対「電気を飛ばす」ブレーカーを落としてしまうが
どうしても起こりえることなので
これを防ぐために、前もって電気の情報収集は必ずして「どこのコンセントを使うかの」
調査をして

使用するコンセントの電気系統に「※大事な機械はないか ※パソコンなど」をよく知って、
確認してから実際の作業で使う必要があります。


また、電源コードの「長さにも」要注意です。

ポリッシャーの電源コードは、12インチのポリッシャーなら「15mも」あります。

 床を洗浄することを目的としたポリッシャーは、電源コードも長く設定されていてはいるのですが
電源コードそのものは「あんまり長すぎても」いいとゆうものではありません

電気の圧には問題がなく(正常に圧がかかる※基準の長さ※コードの長さ)というのが
実はあるのをご存じありますでしょうか

この長さとゆうのは思いのほか短く
一般的には 30メートルまで とされているのです。


使う場所にある 現場によっての電気容量も、ポリッシャーには影響してきますが
使用する電源コンセントから、どのくらい先の所まで使えるのかにも
定義とゆうのがあって、その定義にはコードは「30mまでとゆう制限」があります
これを超えて延長コードなんかを使って作業してしまうと

電圧が弱くなって届かなくなってしまい
ポリッシャーの作動じたいに影響が出てしまうことになるのです。

重量があることによって電気の容量を食い、電圧も負荷をかけながら使うことにより
電気の圧じたいも基準の数値は必要で、弱くては使用に影響あるのがポリッシャー


こういった電気の注意も 機械の特性にあって挙げられることから、建物の安全面にあたる
電気への影響も考慮して問題がないかを確認してから、実際の作業で使う必要があります。


清掃機械ポリッシャーの・電気に関した注意することの説明を、させてもらいました。

電気のトラブルはいつかあるもの

起こさない助言

やっぱり前もって確認してから、臨むこと

不穏な音や明るさに気づけるか

飛ぶときは飛ぶのですが、注意はできます

  • 電気に圧をかけない、引っ掛かりなく流す
  • 明るさが「変わったり」一瞬でも暗くなるような変化がしたときは中断する
  • カーペット他抵抗がある床材には、過電流ブレーカーは絶対必要なアイテム
  • コンセントやコードの熱「現場の状況にも」注意をした方がいい
  • 機械を2台「ウエットバキュームなど」同時に使わない作業内容を組む
  • 電源タップからとらずに壁のコンセントで、なおかつ使用機器がないところを選ぶ

かける力は期待するほどはないもの「全体を均一に磨けるが良さ」

 力強く磨けるはずの力圧は、実はそんなでもないもので
床の全部を同じ力な均一で磨ける

これこそがポリッシャーならではの最大のメリット

ここでの言いたいことはこれになります。


これまで言ってきたことなんて既にご存知の方は
ポリッシャーを使って、ちゃんとお客様を満足させていますでしょうか

もしそうでもない人のために、ここではポリッシャーをかける中での「落ち具合」に関したお話をしますので、よかったら参考にしてください。


 綺麗にするかけ方は、まず、操作する人間の目の前に機械を置いてかけるのが、回転する圧が逃げないポリッシャーの力が「一番加わった状態」な説明を先にしましたが

ではその「一番力がある状態」というのは
どれくらいの力であって、どのくらいの落とす力が「あるものなのか」というのが、ここで言う 落ち具合に関係したお話になります。


結論からもうしますと、残念ながらそんなに力強くはありません。

まず一般論的に、ポリッシャーの力がそんなにも強かったら、ある意味かける床材側に・多くの障害が出てきてしまうがあります

ポリッシャーが仕事する床は平坦な床だけでなく、凹凸している床や「やわらかい」カーペット床・滑り止めがある長尺シートの床、なんかにも対応「※しなければならない場合」があるのです

※これによって必ずしも「圧を強くには」できないのです。

そんなにも強い圧というのが・かかったとしたら、かける床にもポリッシャーにもよくないことが想定され 床をダメにしてしまう※影響があるかもしれないのです

※ポリッシャーの圧そのものは、強ければいいというものではありません。

残念ながらというか、幅広く床材に対応しなくちゃいけない、そんな目的があるポリッシャーは、かけるための圧加減は抑えられて そう作られているのです。


がそうはいっても、この機械がもたらすメリットは大変大きく
“一定の均一の磨く能力があり”これが人間では真似ができない、ポリッシャーという機械がやってくれる芸当なのです。

ではその圧加減は、どれほどのものかを言いますと

これは正確な計測ができないもので、感覚を伝えるになりますが
「人間が手で思いっきり擦った感覚の、一歩力を抜いた力になると」
筆者が使って感じてきた・落ちている感覚を伝えてみます。

 

要するに言ってしまえばですが
「人間が力任せに擦った方が」ポリッシャーよりも強くは擦れるのです。

ポリッシャーの磨きよりもっと力が入る擦り方は、擦る先を点にしてみるとできます
※点の擦りが必要な説明は下記に致します

よく使い手の人の中で、ポリッシャーが当たれば汚れが落ちるなんて「確定的な」言い方をされる人がいますが、この当たれば落ちるは違っていて

「実際はそんなに強くはなく」

ポリッシャーにかかる力圧の正論は、人間が思いっきり「よりか弱い」のです。

 

まとめますと

ポリッシャーはあくまで、一定の均一の力で仕事する機械
一歩引いたくらいの一定の力になる力加減で


そういう機械だというのを伝えさせてもらいます。

ポリッシャーの回転は「標準・高速・超高速」とあり
回転数によってかかる力 “圧が違う”

佐野清掃では

綺麗にするため「標準回転」を使う場合が多いです!

現場によって回転数を使い分け

どの現場でも同じ回転数「圧では」ない

  • 剥離洗浄は標準回転
  • 浅く洗う場合は高速回転
  • 磨くとき・バフ掛けは超高速回転
  • タイルカーペットは標準の「カーペット用」
  • 凹凸床は標準回転
  • 石床は洗浄と磨きがあるかで変える

どのタイプや どんな洗浄セットがいいのかは、メーカーサイトをご確認ください。

【大事】観て確認してかける・落ちないも予想できて本当の使い手

力圧のお話をしたうえで、ここからは
ポリッシャーを使って仕事して「かけて残ったときの」お話をします。


 作成者の会社「佐野清掃」で相談いただくことに
綺麗にできない・ならないと申されてくる「相談内容」がとても多くにあります

その内容の一つ一つ・ある状況をよく組んで考えてみても、その一人一人にお答えするお返事は違ってくる「落ちない相談」なのですが
話をしているうちに共通している「言ってくること」があります

それは「問題が分からない」「そもそも落とすとはなんなの」です。

ポリッシャーの使い手なら汚れの落とし方は充分勉強されてきてから、使っているはずだと思うのが筆者の習ってきた、当然だったのですが

それは一昔前だけの話だったようで

最近に聞くお話では、汚れ落としの勉強は「あんまりしないで」ポリッシャーを、もう使ってしまっているというような、なんとも人材不足を感じてしまうある意味・現代的な相談が多いのです。そしてそんな少し「未熟のポリッシャー使い」の人達が

言ってくるのは「落ちないから」「だからどうしたらいいか教えて」です。

落ちない状況に直面しても、これにたいして勉強もしてきたはずが本当のポリッシャー使いのはずで、なんとかある壁に・自身の力で乗り越えてほしいのですが

その手助けと応援をしたい思いもあって

ここでは「作業の中である壁」
かけても落ちないときの対処法について、簡単ですが話してみます。


ここでいう対処法はあくまで基本に則った解決方法になり、磨く床材や洗浄内容によって、対処の仕方なんて違ってきてしまうのは当然で

本当の「あってるかの」対処方法は、自分で勉強して・そうなる前の準備段階で調べて行うのが「それがお金をもらう仕事」なので どんな業種でもいう
こんな当たり前をあえて言ってみて、本題を言います。

 

ポリッシャーの力加減か「かけ方が悪いからか」あんまり落ちない場合

ポリッシャーをちゃんと当てて汚れが残ったとき・次に起こす行動には、人間の手で「点にして・点の力で」ポリッシャーよりかさらに力を加える「手擦りをしてみて」落ち具合を見てください。これを行うはなぜ・何の目的かと
ポリッシャーをかけた次は「違う動きのやり方をした」擦り方が必要だからです。

ポリッシャーをかけても残ってしまう場合には
ポリッシャーを また当ててみても・変わらない場合になるのが、ほぼ間違いない必然の予想になります。

執拗にやっても「かけ方がまずくなければ」さらに頑張るのは無駄な努力です。

これのなぜは、ここまで言ったとおりの
「頑張って当てても変わらないのは機械特性で、力圧が一定なものだからです」。

 

ポリッシャーをちゃんとかけて残った「次の一手を」言ってみましたが

このことを知らない人が
ポリッシャーを操作する人の中でも結構います。

もう変わらない汚れなのにそれでも頑張るような人は、結構いて
そんな人に伝えたいのは

落ちない問題があって困った場合は
かけ方は基順・使ってきた洗剤が合わないのかもしれませんし
もし操作中に★このままだとよくないと思ったら

「大事なのは少し止まって考えてみることです」

 

これをできる余裕が、経験が浅い初心者には中々ないことで

磨く前工程を総合的にみる(振り返る)のも、落ちないときには大切なこと
「やってきた内容を疑い己を見つめ直す」

これで問題に気がつく場合も意外とあるのです。


そうやって、経験して覚えていくのがポリッシャーです。

 

ここで筆者に 同じ状況があったとき「かけて残るときは次にこれを予想する5選」
学んできたのはこれを言ってみます。

汚れが落ちない・落ちにくい・残るは、この問題が多い

  1. 当て方がまずい(汚れに当っていない)
  2. 洗剤の問題(薄い・量が足りてない)
  3. 点の擦りで違う当て方が必要
  4. 水そのものが少ない(落とすのは水)
  5. 磨くもの(パッドやブラシ)を変えてみる

ちゃんとかけたはずでそれでも残るなら、この順番で一つ一つ洗い出してみてください。

これだけじゃない場合もあるのですが
この5つはよくあることなので、参考にしてみてください。


残らないようにかけるため、覚えてほしいのは

機械の力圧がどれだけ落としてくれるのかなんて、あんまり頼らず
そんなに信用しないでやるの
この考えをもっていれば、“ポリッシャーで磨くなら常に念入りに”
やるようにもなり、それが現場にとっては良いことになり

綺麗になる仕事にもなるので、大事なことと伝えさせてもらいました。


総論します。

『大切なのは汚れを確実に観て・当たっているのを確認して落とす』
これが綺麗にするための絶対に言える落とし方・かけ方で
ポリッシャーだからって簡単に落ちてはくれないのを

ここでの結論とさせてもらいます。

 

補足でもう一度

念入りにやってみて落ちなければ
使用している洗剤の問題を疑うのを、言っておいておきます。

落とすのは、まず「洗剤・水・時間」
それから“力で”全角度から当ててやること

ポリッシャーの仕事はとどめ落とし

まず音・そして手触り・汚水の色・泡立ちが目安

洗剤・水・時間の「落とす概念」

落ちている感覚は洗剤と水があってこそ

  • どんなにいい洗剤も即効性なんてない
  • どんなにいい洗剤も落ちる絶対量が必要
  • 水をいっぱい使えているから「こその時間短縮」
  • 水がいっぱいとはコップでなく「バケツのこと」
  • 乾かない時間・効いて動く総合的「時間計算」
  • 落ちないのもあると「予想した作業時間」

伝えたかった「本当の操作感覚」

ここまでありがとうございました!

床の清掃で扱う機械 ポリッシャーの、教わってきた動かし方

  1. ポリッシャーはどんな機械なのか
  2. どうやって動かすのが基本なのか
  3. 動かす中である「特性や癖の説明」
  4. 動かす中にある注意点
  5. どれほど落ちる力があるのか
  6. 落ちない場合の問題と対処方法

この内容でお話させてもらいました。

使っている「流れにしてみた解説」でしたが

ここでお載せしていない、最初の段階の機械の触り方(もっと詳しい操作方法)なんかにつきましては、各メーカー様が公式に発表している情報を参考になさってください。


なおこの記事をお作りするのには、弊社がお世話になっている取引企業
サンワ様の情報と資料を参考にして、作らさせていただきました。

ポリッシャーについてもっと追求した記事は、今後も増やしていければと思っていますので

ご愛好のほどをよろしくお願いします。


ここまでお読みになってもらい ありがとうございました。

語った筆者は『丁寧が取り柄』

やる仕事の殆どは 床洗浄と剥離。

汚れと真剣に向き合い、目指すは一番綺麗。

話してきたのは個人業者・佐野清掃『佐野』

佐野清掃はどこにも負けないポリッシャー清掃を展開する。

佐野清掃をよろしくお願いします。

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

更新情報

23年11月28日
23年11月30日
23年12月2日
「トイレは傷をつけない清掃」を全体的に修正しました。
23年12月3日
「ステンレス清掃をやる理由・注意点」を全体的に修正しました。
23年12月4日
「タイルカーペット清掃の考察」内容を修正しました。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応できます

即対応はサービスの基本

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

いつでもどこでも同じサービス

土日祝・夜間にも対応

受付営業は平日昼間。作業は土日祝日・夜でもできます。