剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

モップは必要性が高い

ご覧いただきありがとうございます 作成者の佐野ともうします。

今回は、清掃で使う道具と言えばみんな知っている「モップ」のことについて、お話をさせていただきたいと思います。

モップはとても大切なんですよをお伝えするのですが

 モップなんて今更記事にしなくても 誰でも知っていることだと思いましたが、掃除をやる上でモップ(目的や立ち位置)は、とても重要性が高い清掃部分とやっぱり言えますので
ここで改めて大事さのお話をさせていただき、モップの真の必要性・重要なところなんかを、少しでも分かってもらえればと思い作成しました。


モップなんて言われればみんな知っていて 知らない人は多分いないと思いますが

どんな物かは言ってしまえば、ぱっとみで思い浮かぶ、想像できる(棒の先端に布をくっつけたもの)がそれになり、よくも知られている道具になり、見たことはない人は まずいないと思われる

掃除道具の中で最も代表的で、ポピュラーなものになろうかと思います。

モップのことを今あえて取り挙げたかったのは

この道具に関してはなぜか”軽く捉えがちになってしまうことが、仲間内・お客さんの話の中で「あってしまうことが」良くないと思ったことにあります。

モップをいつも使っていて、すごくお世話になっている
使っている業者としての本当に感じている重要性、大切さを言いたくて

初めに言いたいことをいいますが

モップというのは掃除をやることにおいて、絶対に欠かすことができなく、とても大切な道具となり 何をするのでも無くてはならない、絶対必要な掃除道具になると、言いたいのはこれです。

大切なのは清掃する人間にとってもあり

モップは使ってる人の「個人の差」が一番出せ(人によってすごくこだわれもし)綺麗にするため・強弱が必要の応用あるかけ方ができ、だから便利で、使う個人を一番出せる清掃道具

そんな道具がモップなのです。

言いたいのは大体言ってしまいましたが
ここではモップについてを追求した、熱いお話をさせてもらいたく はじめさせてもらいます。

お話する内容は

  • モップの大切さや重要性
  • やれる作業の幅広さ

​になりますが、最後までぜひ見ていってください。

『モップとは』
用いる頻度・汎用性が高く、代わりがきかない清掃道具

モップの深くなんて まともに考えてみた人などいないと思いますが、想像してほしいのは

これらなこと

  • モップとゆうのは、いったい いつからあるのでしょう
  • モップを使う作業のこれ以外の方法に、なんか良い方法はあるのでしょうか
  • モップよりもっと、床を効率的に扱いやすく拭くのはないのか
  • モップを扱うよりもっと「すごく簡単になる作業」方法は、あるのでしょうか
  • 清掃でモップを必要としない作業なんて存在するのでしょうか

普通の人なら想ってもみないかもしれないですが、この返事は簡単です。

【やはり昔からモップしかなくそれが一番で、モップより手間がかかるやり方はあっても、モップよりか使いやすい床を拭くための道具なんてないのです】

モップを必要としない清掃作業はないと、清掃業として断言します。

モップよりもっといいのはなく、これに変わる清掃道具はない

モップを使う理由『良さやメリット』

  • モップが床を拭くことの利便性では一番良いから、昔からずっとモップ
  • モップが無ければ清掃機械などを使って拭くことはできますが、準備なんかの手間を考えたら★モップの方が断然使いやすく、だからモップが当たり前になっている
  • 作業において使い勝手の良さは、使う作業員が 房に含んだ水の(硬く緩くなど)拭き方を選べる点
  • 洗濯することができ、一つのモップを何回も洗って使うができる「利便性の高さ」
  • 清掃するにおいてどこを掃除しようと床は必ず汚れ、床ではなかった対象場所が綺麗になっても、作業員が現場に残した足跡があり、総合的に考えたらモップは必要
  • 総合的とは綺麗にして立ち去る観点のこと、床を掃除しなくてもモップは絶対必要な解釈
  • 「モップは清掃において大事」「なくてはならない道具」に加え、綺麗にするための重要度も高くあり
  • 重要度が高いのは、モップでしかできない作業、やれない作業とゆうのが多岐にわたってあるのが、モップは綺麗にする目的においても「重要」となっている

次にモップを使って行う作業が どれだけあるのかを、解説できる分だけしてみます。

清掃にモップは必須、なくてはならない

ビル清掃でも

オフィス清掃でも

店舗清掃でも

剥離清掃でも

使いやすさ存在価値がとても高い『モップ』

どんな現場でも絶対に必要。

モップで行う拭き方の種類

モップを使う作業とはすごく多く、拭くという作業を紹介していきますが

どんな目的かや 本当の意味というのは
現場の場面場面で異なってくるのを※はじめにご了承してください。

※全部ご紹介できないのをお詫びいたします
※モップの汎用性は数えきれなくあり、全部はお伝えしきれません

使い方のもっとは、問い合わせて聞いてもらうのをお願いもうします。(※問い合わせ)

外を拭くと汚いので、意外に技術が必要

建物一階部分 外に面した場所の「土砂汚れをつけて拭くこと」

 ここで言う「外に面した場所」というのは、外からの土埃が舞い込んでくることを言い、外部から持ち込まれた自然的な汚れを言っています。

この場合での拭き取るは、モップを緩くして 水を含んだ状態で拭く必要があり

水を含んでいないと、房に細かい土砂がくっつかないので、土砂の汚れを「拭き取る」場合の拭くとは

緩くしてあるモップで拭く必要があります。

 また適度にモップを洗ってやって綺麗にした状態で拭くのもあり、拭くのは外の土になるので、時々で洗わないと拭く床が逆に汚れてしまいます。

綺麗な状態に常にできたモップで作業をするのも、ここでの拭くには大事なことになります。

白パットなんか、擦りものを併用すると効果的

人為的につけた汚れをモップで、押し付けて落とす「拭いてくっつける」

大切なのはモップに、汚れをしっかりくっつけることが、ここでの「拭く」です。

 床に固まっているような汚れを、しっかりとモップに吸着させるには、多少の力が必要で、汚れを見て「しっかり押し当て グッと押しつける」をやる必要があります。これの注意点は
「床を確実に見ながらおこなう」になり、目的になる汚れを・見逃さないで・通り過ぎないで 確実に見つけてやらないと、残ってしまいます。

また使っていくうちにモップが汚れてくるので

 押しつけたりして擦り落としたモップは、時々には丸洗いのすすぎ洗いをして、そうして作業を進めないと、汚れたモップが綺麗な周りまで汚してしまいますので、汚れを引っ張っていかないようにする

注意点があります。

濡らしながら 乾かないうちに拭く

剥離他 洗浄したときにある、残った洗剤成分を薄める「リンス目的の拭く」

この拭くのを行う意味

 業者が行う機械洗浄というのは、「強い洗剤で磨くため」強いとされる業務用洗剤の中には、溶剤成分が多く含まれてある「洗剤常識」がある。強い成分(滑りを)落としたいための、「薄めるリンス」になります。

 リンス拭きが必要となる現場は「完全除去」が求められた現場になり、リンスをしなければ「後々に悪影響」となるときにするのが、よくある理由。濃く使ったから落とさなければが、当たり前すぎですがあります。

さっと洗うだけの定期清掃 いわゆる普通の洗いでは「リンスはやらない」業者は多いですが

筆者の仕事では毎回やっています

リンスをやらなければの現場

 洗剤成分までを完全に除去をしなければ、変なふうに(染みやまだら模様)なってしまう床材や、作業した後にすぐさま大人数で歩かれるが「明らかに予想できる」など、使用頻度と耐久性に不安がある現場。

洗剤が残ったままの床だと
「またすぐに汚れてしまい、汚れが付きやすくなってしまうがあるため」

リンスをするのですが

 洗浄後にワックスを塗るときでも、滑りをなるべく取っておかないと、「ワックスがのらない」耐久性の悪くなったワックス(床になってしまう)があるのは、業者にとっては重大なこと。
洗浄してワックスを塗る床に、「滑りを取る」リンスをするのは、できれば絶対が望ましいです。

リンスの目的とは、薄めるのですから
『床をまた濡らす
イメージです』

拭き「取る」のではなく、洗剤成分の残りを薄めるために行う拭きが、リンスでの拭きになるので

きつく絞っているモップだと「水分で中和するに」なっていかなく、薄まりません。

洗剤効果をだすために「モップがいい」

水を撒くや洗剤を床に撒くために、洗剤を塗り広げる「床を濡らすための目的」

これを行うのも主に業者がやる作業になり

普通に汚れを拭き落とすのとはまた違った、拭くのとは異なる「水を撒く」ということになります。

床の洗浄作業というのは

 一番頑固な汚れとされるキツイ汚れに対して 真っ先に落とそうとするのではなく、その周りについている余計な汚れの「簡単に落ちる」埃などの汚れから落としていくものなのです。一度に落とそうとせず、落ちる汚れから落としていくことが

 積み重なっている汚れが変にならなく、そのために洗剤を撒いて、まずは余計な汚れから洗い流してやるのが効果的で、これにモップを使うのです。

最初から強い洗剤を撒いた方が効率の

 これは実を言うと違っていて、強い洗剤というのは、よく汚れを吸着させてしまうので、先に使ってしまうと余計な汚れについても、反応してきて落としてしまい、強い効果が薄まってきてしまうのです。

効果ある洗剤の正しい使い方には

 先に軽い“弱めの”洗剤を使い、簡単な汚れから落として、次に真打登場とばかりに強い洗剤を使って、目的になる汚れに集中攻撃する使い方が、最も効果的になるのです。
これら一連の(洗剤を撒く行為に)モップを使い、落としていくため・洗剤を床につける使い方
洗剤を撒いて塗りこんだりする使い方でも、※モップが使われていて使い良いのです。

――※補足
 今は何でも機械化され人間の作業自体が減ってきているのはありますが、それでも汚れの感覚をつかまなくてはいけない清掃には、モップがやはり最適なのを言っておいておきます。

このホームページの会社 佐野清掃では、洗剤を先に撒いて塗り込むことを「毎回行った」作業をしています。何で毎回するのかは簡単に言って、丁寧を売りにした商売だからです。洗剤を撒いて汚れを浮かし効果を発揮させるは、他より綺麗にしたいなら必須

佐野清掃をよろしくお願いします!

モップで拭く基本とは「往復させる」

 モップで拭く動きなんて誰でもできるかと思いますが、使いこなして綺麗に拭ける人は★清掃の人の中でもそんなに、いません。

筆者は半分かぶせるそんな動きを「丁寧みたいに」言っていて、それを言うのは仕事で拭いている人達にこそ、モップを「たかがと思った」雑な作業が多いからです。(半分かぶせるはこちらで)

教わって習ったモップの拭き

 拭くとゆう動作そのものは、一回通るだけでは「それは雑巾がけ」にすぎない・二回以上通って拭くが「本当の拭き」だと、教わってきた基本があります。先に言ってきた拭き方の種類・拭くための意味なんて

 汚れを気にしてできる人であるなら、何を今更なことですが、モップを慣れていない人・扱いきれていない人に限って何故か、簡単に考え「たいしたことないみたいに」言ってしまっている、逃げるとゆうか・やりたくない もしくはやる気がないような、軽く捉えがちがあるのです。モップは清掃にとって大切なすべて、拭くのを真剣に思ってほしいのを改めて分かってください。

モップとは往復させていく拭き方が基本で

 半分かぶせながら拭くようにすれば、通る拭く道を「二回以上は通って」確実に手の力が入った「思いを込めた拭き」ができ、こんな丁寧がいつもと体で覚えてしまえば、よくあるだいたいの汚れなんて 綺麗に拭けるはずだと、偉大な大先輩にあった口癖

道具としてのモップの仕事は、汚れに負けず丁寧に★心を込めて拭くにあり
そうすれば必ずや応えてくれ、最高に綺麗にしてくれる。

細かい技術も確かにありますが、拭くのは綺麗にしたい気持ちが一番なのを言って
この場所のこのすみの拭き方は?など

細かいやり方の部分については、今後さらに語っていければと思っています。

使いたい一番は「水が絡んだ、ガッツリ取れるから」

――モップを使えば品質向上になる

 半分かぶせて丁寧に使ってほしいモップで、それでも使いたい本当の一番は、「水を使える」「水を使いたい」があるからです。水がもたらす「どれだけ綺麗になるか」と、水が入ったらどれだけ楽に進められ「水がとても偉大になる」は、清掃業だから言う。綺麗を追求したら「モップに水はあってこそ」は、まさにそう、モップの良さを引き出すのは水をうまく使えるかです。

モップと水の最強コンビなら、すごく落とす良い仕事と「助けてもくれる」
『モップにとって水がないと、綺麗にはできない』『水がもたらす“落とす取れる度”は、★思っている期待値をいつも超える』

綺麗にする掃除に、モップが絶対に欠かせないのは

掃除屋なら分かっているはずの、綺麗のためなら当たり前です。

――「モップの大切さ」汚れ落としを追及

なにこれ すごい傷!

これ落ちるの…

さらに考察

清掃の難敵ヒールマークは、モップで落とすことができる

――モップで落とせる汚れは、多岐にわたってある

ヒールマークは清掃にある汚れの一種

 ヒールマークとは、靴底のゴムが付いたかのような「ひきずり汚れ」。線のような引っ掻いた汚れなのですが、この汚れはワックスある床によく付き、ワックスが塗られたハードフロア(商業施設にあるトイレの前など)によく見られます。

モップで落とすには少々の力「擦り落とすが」必要になって、知った経験も必要
「拭いてくっつける画像」にある白パットなんかも、一緒に使って落とすのですが

大きめの「深くなった」ヒールマークはガンコな塊。簡単ではすまなく、手を焼いて「もう落ちない!は」聞いたことある清掃話。冗談ではなく、深くなった「傷みたいなヒールマークは」本当に厄介なのです。

機械を使った磨き、ポリッシャーを使えたら手ほどの苦労は強いられないと、願いを込めて思いたいですが、ポリッシャーでも厳しい場合がある「それくらい深い塊となった」ヒールマークなんて、付き方によってはあって、ヒールマークは清掃屋にとって「知る人は多い簡単に落ちない汚れになる」難敵なのです。

落とすには簡単に言って 洗剤をうまく使った擦りをする

 のですが、ヒールマークの「質」とは油汚れになり、ガンコになってくると「洗剤必須」です。そんなに濃く使う必要はないのですが、ないとかなりてこずります。ヒールマークを落とすに洗剤があった方がいいのは、プロなら分かっていて、ヒールマークとは油になり

「油」を落とすのですから、清掃においての「アの法則」にある、アルカリの力を借りなければ★それがてこずる原因になってしまいます。洗剤を使った方が「楽ができる」だけでなく、使わないと厳しいヒールマークは清掃において多くあります。

洗剤を使うと言っても

 大量にドバっと、ではありません。深いとはいえ、ヒールマークがあるのは塩ビ系のタイル床・貼り床になるハードフロア★ワックスがあるはず。こうなってくると「弱アルカリ」か「中性」くらいのアルカリではない洗剤を用いり、汚れに応じた「ピンポイント的に」噴霧をする使い方、汚れに入っていくような「反応させる」をすれば落ちてくれる場合が大体と言って、それが最も早いと言える経験上ですが、落とすに・洗剤にある注意が特に重要なこと

大事なのは、アルカリを謳う洗剤を使う“じたいに問題があり”

アルカリ成分とは

★ワックスまで落として美観を損ねてしまう「※これもアの法則」があり、洗剤を使うにある“洗剤性質”に要注意が必要なのです。(※ワックス自体もアルカリになる注意)

洗剤を分かっても洗剤では歯が立たない「かなり深い」ヒールマーク

 もあり、これには洗剤を諦めて「有機溶剤」を試みてください。有機溶剤は「ガム落とし」「シール落とし」「のり落とし」になる名称が一般的。どれがいいかは細かく、「薄めのタイプ」を選んでほしいのですが、それを言う石油系の溶剤とは「香りづけ」がしてあって、香りとはミカンのようなオレンジ系の匂いがすること。のりをも溶かす溶剤成分とは石油系のおんなじ油、「強いのを隠すような香りづけが」してあるのです。
この匂いとゆうのは、人によって「なんか臭い」と感じ、敏感な人にとっては違和感のある臭さ。匂いがなるべくないような、薄くして使わないと綺麗にしたのに変な匂いがして、臭いのですがと、言われた仕事が実際にあります。

有機溶剤を分かる範囲言って、そんなことを踏まえても

洗剤と溶剤はヒールマーク落としに、あった方がいい清掃屋の意見

アの法則で落とすとは

  • 油はおんなじ油で反応させ、それが容易に落とせる清掃知識
  • アルカリの力を使って反応させ、薄くした洗剤で擦って落とす

『モップと液体と擦る力が合わされば、ヒールマークであっても難なく落とせ 液体とは洗剤や溶剤を指している、アルカリ性質に関することが“アの法則”になる』。

モップでヒールマークは落とせますが
そうなるには清掃の勉強・格闘する経験・ちゃんと扱いきれるか

モップで落とせる汚れは多岐にわたってあり、こんなに良い道具はありません。


語った筆者はこだわる仕事 「こだわる床洗浄」を商売にしていて
落とせない汚れはないと言いたい、必ず綺麗にする清掃業です。

佐野清掃をよろしくお願いします!

こだわる業者のモップ概念 求めるのは使いやすさ

モップは清掃作業に欠かせないものなのですが、冒頭と併せて伝えたいのは

 モップの作業とゆうものには 業者レベルを図れる業者自体の質や、行っている作業員のこだわり「技術が分かる作業というのも」モップにはあって 腕がわかる作業がモップと、言えるのがあります。

綺麗を真剣に考える業者になると モップで拭くときの条件・現場の状況 モップの状態をすごく気にするもので、「こだわる職人」にとってのモップというのは 他人と差をつけることができる大事な作業

作業員が仕事をアピールでき、個人が出せる作業がモップなのです。


個人によって様々ですが、モップでこだわるのはこんなところ

  1. 目的作業で使うのにマッチしたモップなのか・房の形状や洗いやすさ
  2. 使いやすさと含めて使う房が どれだけの水を含んでくれるか・拭く効果の持続性
  3. 人間身長に合わせた 持って握る柄の、利便性・長さや重さなど・取り扱いやすさ

細かいことを言えばもっと気にする人もいますが
職人と言える作業員はこれらを意識して、任されたモップでこだわりを出しているのです。

たかがモップで大げさだなんて、思うかもしれないですが

モップをこだわっている清掃業者というのは

筆者 佐野が出会った人の中では その腕は間違いなく、技術は確かで モップにまで「こだわれやれる」ことからも、作業の全体を通して安心で任せられる動きをしてくれるのです。

腕が疑わしく思われる業者は「モップのこだわりなんか」聞いてみてはどうでしょうか

ここで一般的な 日常清掃 定期清掃で使われている「モップの形」というのを、少しだけですが紹介させてもらい、どんなものが使われているのか参考までに

こだわる業者はどんななのかを、もう少し語らせてください。

 

綺麗さにこだわり モップの使い方や状態のことを熱く語る清掃業者とゆうのは、それは綺麗にする

「腕としては間違いがない業者」なのは、判断材料にしてください。

画像のモップは日常清掃で多く使われる、ポリエステルと綿が含まれた房(素材詳細)

房の量は260グラム:ワンタッチ式のモップ

拭くのにもいろんなパターンと、いろんなモップがあります。

よく使われるモップの形

用途 房の量(毛の量) 持つ柄の材質 房の毛の成分
日常清掃 260g アルミ ポリエステルと綿
定期清掃 300g 木製 綿100%
持つ柄の長さ(棒長)
男性 142㎝ 前後
女性 129㎝ 前後

――補足
房の長さや形状は様々なタイプがあり、モップの種類は大変多くが存在しています。
どんな形があるのかや もっとよく知りたいがありましたら、メーカー様 販売店へ聞いてもらうのが確実なので、資機材の詳細は「買ったところに」問い合わせてください。

資機材メーカー大手二社を伝えておきます。

汗かいて拭いてるけど…

作業を見ればわかる「業者レベル」

――モップを好きな人なんているのか?

昔実際言われた言葉ですが

モップの扱いは業者でも「面倒な一つ」に残念ながら、なってしまっています。

 昔に比べモップで拭く場面はすごく減りました。カーペット主体・掃除機が幅を利かせてきたなどで、モップはあんまり使わないとゆうか、お役御免みたいにされている現場は多いと、清掃事情にあり

それでも床を拭くのにモップは、無くならないと思っています。

 モップの代わりの道具なんて今も先にもないだろうと、筆者は思っていて、モップで綺麗にできる度合い・扱いやすさを考えたら「モップ以上に良いもの」なんてないとゆうのは、清掃業のみんなが分かっていることだと、言わないだけの本当の意見。

この記事ではモップの大切なんて語ってみましたが

『モップさえあれば大体のことはできるはず・面倒と思わないでモップをバンバン使って掃除をする』

これができている本当のプロとは、「ちゃんとした考えの」「良い仕事ができた」
綺麗のための仕事になっているは、真実であり、見てきて存在します。

仕事をちゃんとする業者とは

『モップを軽く思わない・やり方にこだわったモップ・綺麗のためのモップ・やらなければ気が済まない・拭くことに命を懸けているみたいな』

モップで拭くことに熱い考えをもっている
こんなこと言わなくても

清掃に携わっている人なら分かっていることだと、信じて
仕事でモップを好きになってもらいたく

健康のためにモップ拭きはとっても良いのも、掃き拭きが日課の清掃業 一意見より。

モップこそ清掃の基本『だから大切』

ここまでご覧いただきありがとうございました

モップの大切さや重要性を改めてお伝えし、モップを使った作業は どんなのがあるのかをほんの一例ではございますが、ご紹介させてもらいました。

――最後にもう一度

モップというのは清掃するにおいて絶対に欠かせないもので
綺麗にする面で汎用性がとても幅広く、行う目的の重要度がとても高く、清掃の中での基本中の基本とされているのがモップなのです。

すべての清掃でモップを抜きに作業はできません

軽く見られがちなモップですが、モップは作業員の技術レベルを計る
作業レベルを見るための基準の作業として、能力を観る物差しとして捉えられている作業がモップなのです。

「たかがモップ されどモップ」と 言われがちですが
モップと言うのは「本当は馬鹿にすることなんか 決してできない」

  • 清掃することにおいてとても大切
  • 綺麗で差をつけこだわれるができる
  • 清掃においての「全ての基本がモップ」

​を言わせてもらい、モップについて語らせてもらいました。


お読みになってくださりありがとうございました。

モップの大切さについて話してきた 佐野清掃『佐野 直人』
佐野清掃とはポリッシャー清掃で生きる 腕で勝負する個人業者。

佐野清掃をよろしくお願いします。

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。