高品質な清掃サービス

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

清掃における【モップの大切さ】と
”汎用性がとても幅広い”モップ作業の重要性

この記事について

ご覧いただきありがとうございます。
作成者の佐野です。

今回は清掃で使う道具と言えばみんな知っている「モップ」のことについて、お話をさせていただきたいと思います。

モップというのは「とても大切なんですよ」ということをお伝えするのですが、
モップのことは今更聞かなくても・皆様とうに分かってることだとは「重々思いましたが」掃除をやる上でのモップという・目的のための立ち位置は、やっぱりとても大切なことの【重要性の高い部分】になるので、
改めて その大事さの部分を強調 させていただき、皆様にモップということのご理解を「少しでも深めてほしいと思い」、作成させていただきました。

お話を始める・モップ「なんてゆうのは」言われてみれば・みんな知っていて多分知らない人はいないと思いますが
どんな物なのかを「ごく簡単に」言ってしまえば、ぱっとみで思い浮かぶ・その創造ができている通りの「棒の先端に布をくっつけたもの」とゆう・よく知られたものになり、
この道具を見たことはない人は まずいないと思われる、掃除道具の中で最も代表的で・ポピュラーなもの、になろうかと思います。

モップのことを「今あえて」取り挙げてお話をしたかったのは
この道具に関しては・なぜか”軽く捉えがちになってしまう”こと「があることが」良くないかなと、思ったことにあります。

モップをいつも使っていて「いつも大変お世話にもなっていて」
使っているこちら側が・本当に感じている、重要性と「真の必要性」をお伝えしたく、結論を最初の冒頭から申させてもらいますと

モップというのは・掃除をやることにおいては・絶対に欠かすことができなく「とても大切な道具」となり「何をするのでも無くてはならない」掃除道具と言えますので、
このことを改めまして「声を大にしてお伝えしたいと」最初から言ってしまいます。

使ってる側として先にお伝えしたいことを、もう少しだけ言ってしまいますと

このモップはとゆうのは「使ってる人の個人の差が一番出せる・人によってはすごく拘れ応用がとても利く」といった、使い手として とても扱いやすい作業道具に値するのも

  • 何を隠そう実はこのモップなのです。

言いたいことはもう言ってしまいましたが、言ったこれらのことについて「もう少し具体的に説明した」お話をし、今更ながらではありますが・モップのことを熱く語らせてもらえればと思います。

今回この記事では・二つのこと「モップの大切さや重要性」「やれる作業の幅広さ」を中心に、お話しさせていただきます。

床清掃業者がお話をする・モップのことについてを、ぜひ最後までご覧ください!。

モップは清掃作業において”とても大事なひとつ”

何の掃除をやるのでも「モップはあるに越したことはありません」
もしもモップがなかったとしたら、目的の清掃作業は「大変さを極めてしまい」
・・無くて作業するとしたら…・・
前のめりにかがんで「膝をついて」拭くことになるしかありません。

使う頻度と汎用性がとても高く
変わりが利かない清掃道具なのがモップ

モップの歴史なんていうのは・まともに考えてみた人など 多分いないと思いますが、最初に少しだけモップのことを想像してみてほしいのですが

考えてみてほしいのは「これらなこと」になります。

  • モップとゆうのは、いったい いつからあるのでしょう
  • モップを使う作業の これ以外の方法に・床を効率的に「最も扱いやすく」拭くという・良い作業方法は、あるものなのでしょうか
  • 清掃作業で「モップを必要としない」作業なんて存在するのでしょうか

このようなことは「あまり考えてみたことはないのかもしれないですが」こういったことを 聞かれてみると、そのお答えする返答には「やっぱりそうか」という答えなのです。

  • やはり昔から「モップしかない」「それが一番」なのです。
  • モップより「手間がかかるのはあっても」これよりか使いやすいのはないのです。

結論を言ってしまうと、モップを必要としない清掃作業というのはありません。

  • モップとゆうのには「変わりが利かなく」これに変わる「これより良い」清掃道具はないのです。

モップを使うことの良さとメリットを、簡単にまとめて言うと

  • モップが「床を拭くことの利便性では一番良いから」昔からずっとモップなのです。
  • モップが無ければ・清掃機械などを使って拭くことはできますが、その手間とめんどくささはモップと比べたら否定ができません。
  • モップの使い勝手の良さは・房に含んだ水の 硬く緩くなど「拭き方を選べる点」です。
  • 使う人間によって「どの程度の拭こうが」その個人によって選べるところが、このモップの使いやすいところになります。
  • 清掃作業において・何処を掃除しようと「必ず床は汚れます」掃除をするのですから目的の物が綺麗になったとしても「自分たちが現場に残した足跡というのがあります」。
  • これらのことから、その目的の作業で床を掃除をしなくても・綺麗にして立ち去る観点から総体的にみて「モップは絶対に必要なのです」。

お伝えしたことから・清掃作業でとても大事な位置付けというのがモップになりますが、これに加えて「綺麗にする観点」
作業における・綺麗にするための重要度というのも「実はかなり高いのです」。

重要度が高い意味のことを・ひとくちに申してみると、モップでしか「できない やれない」作業とゆうのが「多岐にわたって」あるのが、とても大事とされる理由です。

モップを使って行う作業というのが・どれだけあるのかを「一般的によく知られご説明ができることに限定して」この次にご紹介させていただきます。

モップを使って行う・拭き方の種類と
使いやすい作業でのかたち

モップは利用する使いやすさと・存在価値がとても高い

この画像のモップは「主に日常清掃で多くに使われている」
・ポリエステルと綿の両方含まれた・
「260グラムの房の量がある」ワンタッチ式のモップです。

ただ 単に拭くのにも「いろんなパターンがある」

ここまでお伝えした通りに・モップを使って行う作業は多くにあるのですが、
ここでは一概に拭くという作業というのには、どんな目的の意味をもった作業とゆうのが「どれくらいあるのかを」ご紹介し・ご説明ができる分だけをご紹介します。

※全部ご紹介できないのを最初にお詫び申し上げます。
モップの汎用性とゆうのは”それほど多く”「数えきれないくらいあり」到底全部はお伝えしきれないないことを・ご了承いただいてから・ご覧になってください。

 

  • 建物の一階部分の・外に面した場所にある・土砂汚れを取る「拭くこと」

ここで言う「外に面した場所」というのは、外からの土砂が舞い込んでくる・外部から持ち込まれてくる砂埃があるため拭くと言うのが、ここで言う拭くことになります。

  • この場合での拭き取るのには【モップを緩くして 水を含んだ条件で】拭く必要があります。

水を含んでいないと・モップの房に「土砂がくっつかない」ので・土砂汚れを取る場合の拭くのには「緩くした状態のモップで」拭く必要があります。

  • モップを使い・人為的についた汚れを押し付けて落とす「拭くこと」

この作業の拭くことで 大切なのは・モップの房に「汚れをしっかりとくっつけること」になります。
床に固まっている汚れをしっかりとモップの房に吸着させるには、汚れのポイントに「押し当てる 押し付ける」ことを行う必要があります。
これを行う作業現場には「床を確実に見ながら」目的の汚れを・見逃さないで 通り過ぎないで 汚れを見つけて・行う必要があります。

また押し付けて擦り落としたモップの房は・一旦房の全体をすすぎ洗いしてから作業を進めないと、くっけた汚れで周りの綺麗な部分まで汚してしまいますので要注意です。

  • 洗浄作業をした後に見られる剥離剤他、強い洗剤成分の効果を薄める リンスのための「拭くこと」

この拭くことをやる理由には・主に業者が行う機械洗浄の汚れ落としには「強い洗剤 溶剤を用いて使ったから」が、この・リンスをするための拭く、ということになります。

これを行わなければならない場合は「洗剤成分を取り切りたい」「取り切らなければならない」ことが予想されるときです。

完全に除去をしなければ「作業後に悪影響が出てきてしまう床材」や、
作業後に「すぐさま」大人数で床を歩かれる場合なんかが・作業後の床に予想されるときには「洗剤成分が残っていると」またすぐ汚れが付きやすくなってしまうため、このリンスを目的とした拭くことを行う必要があります。

  • 水を撒く または洗剤を床に塗布をするために・塗り広げるように使う「床を濡らすための目的」でもモップを用いる

これを行うのも「主には清掃業者がやることになり」
これは普通に汚れを拭き落とすのとは「また違った」意味と目的になり、拭くのとは単に言って違うことのやることになります。

洗浄作業というのは・一番頑固な汚れとされる「キツイ汚れに対して」真っ先に落とそうとするのではなく、キツイ汚れとしている汚れに対して「その周りについてしまっている」埃や土砂の汚れ「から」落とす必要があります。

要は一度に落とそうとせず・簡単に落ちる汚れから落としていくのですが、
こういった段階的に落とす目的を行うためには・この洗剤を巻いて「余計な汚れを洗い流す必要があります」。

ここで勘違いされがちなのは、最初から強い洗剤を撒いた方がいいとされる考え方です。
これは実を言うと間違っていて、こうしてしまうと・目的のキツイ汚れの中には それと一緒に「余計な汚れというのもあって」それも一緒に付着して汚れを落とそうとするため、せっかく使った「強い洗剤の効果が薄まって」汚れ落ちの効果自体が弱まってしまうのです。

正しく「本当に効果のある」強い洗剤の使い方には・先に軽い”弱めの”洗剤を撒いて「この工程にモップを使い」目的の汚れ以外の・余計な汚れを「先に落としてから」
またしてもモップを使い・一番落としたいとする「目的の汚れに対して」そのためだけに用意した洗剤を「また塗りこむ」のです。

この一連の作業の「撒くのには」房に水を含んでくれ「塗りこみやすい」モップが使いやすくく 扱いやすいため、こういった作業にもモップが使われているのです。

掃除をすることでの目的別でみられる
モップの拘りと「使いやすい柄や房の量など

お伝えしている通りに、清掃作業におけるモップというのは・とても重要度が高い作業とゆうことになるのですが、冒頭と併せて申し伝えたいのは、

とかくにも・モップの作業とゆうものは 業者が行う清掃作業の中でも、行う清掃業者自体の本当の質・腕を見極める「技術が分かる作業」とゆうのも、モップであるとゆうことです。

綺麗にする事を「真剣に考える」清掃業者になると、モップで拭くときの・現場の条件やそのモップの状態を「すごく気にする」と思います。
そんな職人にとってのモップがけというのは・他と差をつける意味で・とても拘れる「ことができる作業」であって、行う作業員の「いち個人が出せる」大事な工程になるのです。

モップの「どんな条件やどんな状態のことに気にして」拘って作業をしているのかには・その時にある現場や作業内容や条件によりますが、どんな条件にでも共通している「いつも気にしているという」モップのこと、使う条件のことを主だって三つ挙げてみます。

  1. その目的の作業で「使うのにあったモップなのか」房の形状や洗いやすさ
  2. 使いやすさと含めて そこで使う房が・どれだけの水を含んでくれるか・拭くための「効果の持続性」
  3. 使う人間によって・持つ柄の長さ重さがあっているのか・の利便性「取り扱いやすさ」

使っている現場の作業員の観点から「気にすることを挙げると」大きく言ってこの三点のことが主だったことになりますが、細かいことを言えば もっともっと気にする人もいます。
これらなことを考えて「大いに意識して」現場の職人と言える作業員とゆうのは・その任されたモップの作業で、拘りの仕事を行っているのです。

たかがモップで「そんなことまでと」お感じになられるかもしれないですが、

モップのことを拘っている清掃業者というのは
この記事の作成者である佐野清掃が 過去に出会った方々の中では、その腕は間違いがなく・ほぼ折り紙つきの「技術は確か」でもあって、そんな折り紙つきの・業者の仕事をした 清掃後の仕上がり品質というのは、誰が見ても綺麗な仕上がりでやられているのです。

  • 腕が疑わしいと思われる業者には・モップの拘りなんかを聞いてみて・それで判断してもいいかもしれません。

ここでの最後に、一般的な「日常清掃 定期清掃」で使われている「モップの形」というのを・ほんの一例ですが、表でまとめてみましたのでご参考にしてください。

綺麗さに拘り・モップに関わる条件や状態のことを熱く語る清掃業者、とゆうのは「実は腕としては間違いがないのを」ご説明させていただきました。

その作業に適しているモップの材質※推定
モップ 房の量(毛の量) 持つ柄の材質 房の毛の成分
日常清掃 260g アルミ ポリエステルと綿
定期清掃 300g 木製 綿100%

※補足説明
房の長さや形については「多くの種類で様々な物があり」モップの種類・数形には大変多くが存在しております。
どんな形があるのか 知りたいなどには・メーカー様販売店他・卸売業様に 直接お問い合わせしてお聞きしてもらいますよう、よろしくお願いします。

清掃資機材メーカー様二社をご紹介させてもらいます。

この記事のまとめ

モップのことは 何でも聞いてみてください!!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

モップについての・大切さや重要性を改めてお伝えし、モップを使った作業には どんなのがあるのかを「ほんの一例ではございますが」ご紹介させてもらいました。

最後にもう一度言いますと
モップというのは・清掃することにおいては「絶対に欠かせないもので」
綺麗にする上では「汎用性がとても幅広く」行う目的意味の重要度も とても高く・清掃の中での「基本中の基本とされる」のが、モップと言うものなのです。

  • 全ての清掃作業で、これを抜きに作業はできません。

そしてこれは大事なので「声を大にして」言わさせてもらいますが
モップは・作業を行う作業員の【技術レベルを計る】作業レベルを見るための・基準である作業として「物差しとして捉えられている」作業とゆうのも、モップであるのです。

「たかがモップ されどモップ」と 言われがちなこと ではありますが
この記事でお伝えさせてもらったことから言える通りに、モップと言うのは「本当は馬鹿にすることなどは 決してできない」

  • 清掃することにおいては【実はとても大切なものなんですよ】とゆうこと と
  • 綺麗で差をつけ・拘れることもできる作業というのが「このモップにはあること」

​というのを、この機会にぜひ知っておいてください

モップの「技術的なこと」「使い方」なんかについての・その他の話題につきましては、今後の別記事でお伝えをさせてもらえればと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お役立ち情報記事の案内へは、こちらからお願いします。

  • よく目にする清掃機械のこと
  • 今さら聞けないタオルでの拭きかた
  • 資機材の注意すること、技術的なこだわり

などを、当社の経験に基づいてお話をできたらと思います。

ぜひお客様の日々の清掃にお役立ててください。

どの記事も他にない
佐野ならではの一次情報

こちらの記事を読んだ方には、下記の情報についてもよく読まれています
ぜひご一読ください。

次にお読みしてほしいオススメ

※わからない点・読みづらいところがございましたら、遠慮なさらずご指摘ください。

トップページでは、佐野清掃の
「得意な清掃」を記載

作成者が代表を務める
のが【佐野清掃】


恐縮ながら作成者自身の会社のことを、宣伝させてください
 

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

簡単な質問・金額を知りたいでも、気軽に聞いてください!!。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士一級資格 取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル・作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年:佐野清掃・開業
  • 仕事とバイクが大好き人間

このホームページは・佐野でしか言えない「本当の清掃情報」を、伝えたくはじめさせてもらいました。
読んでる方にとっての「これは知りたい」ためになる記事というのを増やしていきますので、
励みになる激励の意見をいつでもくださいっ よろしくお願いします。

佐野清掃

所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の何とかしてほしい希望に、即対応できるよう
準備は常にいたしております!

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域のほかにも対応できる場合がありますので、
聞いて確認をしてみてください!

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付しています
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。