高品質な清掃サービス

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

マンションの掃除は【何故する】
”日常清掃と定期清掃の目的と意味”

”いつも綺麗でいたい”
綺麗を保つための「清掃をする理由」

ご覧いただきありがとうございます。
作成者の佐野です。

今回この記事では・皆様が住まわれている「マンションや集合住宅といった」普段生活をしている場所において「よくお見掛けをし 挨拶をされたこともあるかと思う」
いわゆる清掃をしている「掃除の方達が」いつも何の掃除をやっているのか・また「なんでそれを」やっているのか【行っている目的や理由】なんかについてを、
お話させてもらいたく作成をしました。

最初に端的に答えを言ってしまいますと、

  • そんな清掃の人達とゆうのは、すごく簡単に言ってしまえば「維持管理をするための清掃」というのをしています。

「そんなことは分かっている」と言われてしまいそうですが、
建物がそこにあり「人間が集まる」場所には・やはり どうしても 掃除といった・綺麗を保つ・そのための 維持管理というのを 日常的に見て行わなければならなく、
常日頃から「建物はもちろん”そこにいる人間を管理する”統制を図るべき」必要性というのがでてきます。

  • このことは・良い品質を保つための「保ちたい」建物としては「切っても切れない」とても・大事なことになってくることになり、

そのため・集合住宅など人間が多く集まるところには、維持管理のための清掃とゆうことが【もはや欠かせないものに】なってきたのが、清掃をする大きな理由になります。

このことは現代における「住宅事情のしがらみ」も大いにはいった
人間社会の・あり方の「ルールやモラルのことこそ」が、マンション集合住宅などを 掃除する「しているための」本当の理由とその目的です。

集合住宅のエレベーター前

マンションなどにあるエレベーター前なんかは・清掃するにあたり・
住んでおられる居住者様に配慮をし、注意を促して作業を行う必要があります。

マンションに常駐をして「いつもいる清掃員が」
行っている清掃業務

マンション集合住宅・共用廊下

この廊下をご覧なって・どこを掃除をしなくちゃいけないところなのか、
お分かりになりますでしょうか…。

・・床に誰か 飲み物なんかを、こぼしていないか・・
・・手摺や搾(さく)の 上の部分に、手垢や鳥の糞などがないか・・
・・水が流れる排水口に 土や枯れ葉が溜まって流れずらく、なっていないか・・

簡単にざっと言ってみましたが、見るべき清掃のポイントはまだいくつかあります。

いつも”明るく挨拶をしてくる”清掃員の
やっている仕事というのは日常清掃

日常清掃の業務の「一番の目的とされるのは」

  • 建物の今の状態に変わりがないか、異常がないかを確認すること

が行う業務の・最大の目的・であります。

  • 昨日と一昨日での建物の「状態の違い」

これを見分けることこそが・一番求められている業務となり、これが清掃員を名乗った人がやる、日常清掃作業の最大の仕事になります。

行う作業内容というのには、主に人間が汚してしまった汚れとゆうのに対して「一人で持てる数の清掃道具」を用いて作業にあたります。

どんな作業が 待ち受けているのかと 言うと

  • 昨日はなかったゴミを確実に発見をし拾います。
  • 前回作業をした時から「新たについた」「舞い降りた」土砂や汚れを除去します。
  • 建物を隈なく見て触り「扉や電球など」建物設備の不具合を誰よりも早く発見をすること
  • 天候や季節によって「落ち葉 雪など」行う作業の優先順位が変わり それにも対応しながら作業するのが、この日常清掃の執り行う業務の特徴です。

​・周りをよく観れる方・違和感や異変を感じれる方が、この作業をこなすためには最適であり、こういった人にとっては・大変ひっぱりだこなのが・この作業です。

  • 綺麗を保つのには【この日常清掃というのが一番大事な】維持管理の清掃とゆうのに値します。

それは何故かと申し上げるのは、ごく簡単な理由からです。

  • この清掃は・日常的にほぼ毎日やることから「毎日そこを見ている人・という人が行い」
  • その建物の癖など「汚れるポイント」なんかを・いつもいて「見て」知りつくしている人が・行うからです。

この日常清掃が「良く行き届いて」できていることこそが、そこの建物を「いつも綺麗に保つ上では”一番重要で大切な仕事と言える”」清掃業務となります。

日常清掃の行うのは
大きく言ったら「点検清掃」

日常清掃のやっている清掃内容とゆうのは・いったいどういう動きをした清掃業務をしているのかと言うと「汚したところを探し当てて確実に行う清掃」簡単に言い換えれば・ピンポイントの清掃、という作業内容にはなります。

行う清掃内容の意味に「それが良いとか悪いとかではなく」

  • 日常清掃は・まず”全体全てを見なくてはならないこと”とゆうのが優先され】

見てその日の使用に問題ないかを「確認してから」・それに伴った準じた清掃

とゆうのが「作業の流れになること」から・その場所「その廊下そのトイレを」細かいところまで、隈なく全体的に清掃している時間というのはないのです。

  • ではその建物を全体的に清掃するのは、いつやっているのでしょう。

それは定期清掃という・別の意味を持った作業名目で、日常清掃とは違った作業員が 日にちを特定して、行いに来ているのです。

共用部の至る所に「注意看板があって」
床が濡れていたら”それは定期清掃の作業中”

マンション共用部での作業準備

定期清掃の作業をするには、普段見る掃除とは「また違った清掃道具や」
【電源を使用した機械を用いた作業になり】
この作業を行うのには「足元注意などの」注意を促す
・・作業看板を必ず立ててから・・定期清掃 作業を行う必要があります。

あまり「見かけない作業員が」廊下などを濡らし
清掃機械を使って掃除をするのが定期清掃

定期清掃とはその名前の響き通り、その対象の建物に・定期的に行って行う「清掃の回数を明確に決め」その契約の通りに執り行う、基本的には全体清掃です。

対象の建物の・汚れる頻度なんかや清掃金額によって「行っている清掃回数は様々ですが」

  • 週に一回来てやっているところから、二年に一回くらいなところもあります。

そこにいつもいる日常清掃の作業員が「そのまま」定期清掃もやっているパターンもありますが、基本的には・普段いつもいる清掃員とは別の人間が、清掃機械を積みいれた「作業車で現れ」この定期清掃という目的の業務を行います。

持ってきて使う清掃道具には・電気の力を使用した床磨き機械や高圧洗浄機 他があり、これら「定期清掃のために持ってきた」清掃機械とゆうのを使用した、業務をしています。

定期清掃をやる作業員の人数というのには、その建物の「大きさ・行う業務の内容によって違いが」ありますが、小さい規模であっても2人から3人・やる業務の多さや面積の広さによっては 10人くらいで行うこと もあります。

マンション集合住宅の清掃ために集まった 定期清掃作業員は・その場所ごとの「分担したチームに分けられて」チームの中でも その人間ごとの役割を決めて行うのが・殆どの場合のマンションなどでやっている、定期清掃のパターンといった「かたち」になります。

  • 定期清掃専門の人間が大人数で建物に集まって「盛大にやる掃除の事が定期清掃」という捉え方をしている人もおりますが、
  • 業務内容や建物の大きさというので・行う作業員の人数は変わってくるのが、本当の理由とかたちです。

定期清掃の作業内容としては、意外にも「ほぼ決められた マニュアル化」というのをしている業務になります。

ではどんな内容の作業なのかを、ごく簡単に言ってしまうと・その契約内容に沿った清掃回数が 月に一度であったら、前回に行ってから・一か月分で溜まった汚れというのを「全体的に平均的に落とす」やり方を”基準とした清掃方法”の内容で、作業をしています。

この作業の大きなメリットとしましては建物の全体的に清掃ができる点になります】。
日常清掃で・普段からよく汚れているところを「重点的に手を入れて」普段ではなかなか手が入らない・その他 建物全体の細かいところを「洗剤と水を充てた清掃ができること」が、定期清掃を行う、そこの建物の品質と美観を保つ上で大きなメリットになります。

逆にデメリットということではないのですが、定期清掃の「良くない面」とゆうのも残念ながらあります。それには

全体をやり切ることでの「仕上げるのが第一目標」とされているのが この清掃で、
ずっと以前からあって頑固に残っている・キツイ汚れなんかを、除去をできるだけの その一点の汚れの「ためだけに」時間をかけた拘る清掃はできず、落とせるだけの作業時間とゆうのが組まれていなくて、残ってしまうことが多いのです。

建物全体を平均的で落とすことでしか「ある意味やれない」のがこの清掃になるので、その建物にとって・昔からあるキツイ汚れや、年数が経ったことによる 経年劣化の汚れ、季節の変化による自然的な汚れ、なんかについては
「残ってしまう場合が殆ど」になってしまうのです。

語弊になるといけないので・もう少しだけ付け加えた説明をさせてもらいますが、この定期清掃でも・充分に綺麗にはなります、ですが

  • 「全部の汚れを落とした 見違えるほど」とゆうのとは少し違います。

定期清掃は・普段 日常清掃ではやれないところを「手を入れて平均的にやりきる清掃」というのになってきて、それはどういうこととゆうのかには
この定期清掃は「あくまで維持管理を目的とした」建物のための・こうすれば「綺麗になるだろうを前もって予想をし」やることを決め組み込んだ、全体清掃ということだからです。

つまり建物全体を・決めた一定の清掃方法でまんべんなく行い「同じ品質の状態を保つ」考えなのが、この定期清掃とゆうことになります。

日常的に普段からよく掃除をやっているから
「定期清掃もする」のが正しい考え方

全体清掃の定期清掃の・それだけをやっていて「管理清掃にあたる日常清掃を行わない」建物というのが、ここ最近では増えてきています。

お金の面で厳しいからなのか・または「いつも行くから 簡単な掃くくらいなら 自分でやる」という思いからなのか、実際のところは解りませんが、僭越ながら・それはあまりよろしくないと、言わさせてください。

  • 何故なら【日常清掃が第一で】管理された上での定期清掃というが、清掃屋として言う「綺麗に保つための」一般的な考え方になるからです。

日常清掃をやらないで「定期清掃だけでいいや」になってくると・綺麗にするためのバランスというのが、崩れてきてしまうものなので、もし「清掃の金額が気になったり」綺麗にするという事に対して「重きを」おけないのであれば、定期清掃はやらずに「日常清掃だけを自身でおやりになる」ということをお勧めします。

もっとも定期清掃には・日数もそうですが「清掃機械」や「水を多量に使う ホース関係の道具など」建物の全体を「仕上げるだけの道具」とゆうのが必要になってくるので、そうそうと「おいそれとは」できないものではあるのですが、もし「お金は余りかけられずに」それでも自身で管理をされているマンション集合住宅などを「綺麗にしたい」ということをお考えなら、まずは「日常清掃から」やってみて・それで どの程度の綺麗さにまで できるのかを「良く自身で知って・分かって」そこから

業者にお金を払って「できない 綺麗にならない部分だけを」お願いしてみるのが、この記事の作成者・佐野清掃としての、よくお客様に言わさせてもらっている・清掃をやり綺麗にする上での「より良い順番」になるかなと、恐縮ながらお伝えをいたします。

普段からやる日常清掃が「一番大事で」管理をされ・その建物の全て「汚れかたなんかが 分かっているからこそ」その上で・上乗せとして「加える意味で」考えられるのが 定期清掃であること、このことをご説明させてもらいました。

この記事のまとめ

マンションなんかの清掃の事は何でも聞いてみてください!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

マンション集合住宅においての・掃除をしている理由と、清掃作業で一概に括られている「日常清掃 定期清掃」といったことの・行っていることの意味について、お話しさせてもらいました。

おさらいをしておまとめをさせていただきます。

マンションや集合住宅などの「人が多く集まる」住宅においては・清掃で綺麗にする「していること」というのは、もはや必須になってきています。
それは何でかと言うと・いろんな地域 いろんな国籍 いろんな人間、というのが集まって「一定のルールというのに」則って、その場所で生活をするからです。
だから清掃員がいて いつも掃除をするとゆうことを「規則として掲げて」そこの建物が・荒れ果てて品質を悪くしないために、清掃という事を行って維持管理をしているのです。

行っている清掃ということの業務内容には「主に二種類の」清掃作業があります。

  • ほぼ欠かさずいつも見て、汚れるところを管理する「日常清掃」
  • 建物の汚れがたまるポイントごとを・月に一度や年に一度などの「時期と回数を決め」日常清掃では補えないところを含めた、その建物の全体的に行う「定期清掃」

この維持管理を目的とした二つの清掃作業を「とてもよくバランスが取れた内容と回数で」行うことが、その建物の・綺麗な品質を保つことの・重要なポイントになります。

  • またこの二つの・日常清掃 定期清掃で重要な方になるのは【あくまでも日常清掃】です。

日常清掃をしっかりと「やれた上での」定期清掃になるのですが、それを言うのは・建物の汚れかたというのを「知る必要をしてから」
定期清掃「もして」綺麗にしていくのが、綺麗を保つ「良い流れの」考え方になるからです。

以上のこれらのことについて詳しくお伝えしてきましたが、この記事の最後に・綺麗を保つのに「清掃の根本」としての考え方を、申し伝えたいと思います。

マンションなどを管理をされていて「綺麗にしたい またはならない」ことなんかを・いつもをお考えの人というのは・かなり多いのと感じていて、この記事でも・ここまで言っておいてなんですが、
実際にはそんなに「あんまりにも」気にしないほうがいいこと「とも」思ってもいます。

それはここからお話をする解決策「秘策という考え方が」あるからです。
清掃業に携わる佐野清掃の意見として・綺麗にすること 綺麗を保つことの秘訣とは、

  • 【綺麗にしていることを 大きく周りに”伝えてる流れ”】だと思っています。
  • 管理をされている方達や清掃員の人達の「それだけではなく」建物の・そこにいる全員「全体で綺麗にしていこうとする」流れとゆうのを、作ること

これこそが・いつも綺麗を保つ・いつも綺麗にする ための【一番の秘訣なんじゃないのかなと】作成者の佐野としましては、綺麗にする流れというのを「数多く見てきた経験で」そう思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お役立ちページの案内目次へは・・こちらから・・戻れます。

  • よく目にする清掃機械のこと
  • 今さら聞けないタオルでの拭きかた
  • 資機材の注意すること、技術的なこだわり

などを・当社の経験に基づいてお話をさせてもらう、案内記事になります。

ぜひお客様の日々の清掃にお役立ててください。

どの記事も他にない
佐野ならではの一次情報

こちらの記事を読んだ方には、下記の情報についてもよく読まれています
ぜひご一読ください。

次にお読みしてほしいオススメ

※わからない点・読みづらいところがございましたら、遠慮なさらずご指摘ください。

トップページでは、佐野清掃の
「得意な清掃」を記載

作成者が代表を務める
のが【佐野清掃】


恐縮ながら作成者自身の会社のことを、宣伝させてください
 

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

簡単な質問・金額を知りたいでも、気軽に聞いてください!!。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士一級資格 取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル・作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年:佐野清掃・開業
  • 仕事とバイクが大好き人間

このホームページは・佐野でしか言えない「本当の清掃情報」を、伝えたくはじめさせてもらいました。
読んでる方にとっての「これは知りたい」ためになる記事というのを増やしていきますので、
励みになる激励の意見をいつでもくださいっ よろしくお願いします。

佐野清掃

所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の何とかしてほしい希望に、即対応できるよう
準備は常にいたしております!

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域のほかにも対応できる場合がありますので、
聞いて確認をしてみてください!

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付しています
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。