剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

【ビル清掃】清掃員の大変さ・あるのはゴミに関わるプレッシャー

(2023年12月28日 修正)

「決して楽ではない仕事なのが清掃員」

お世話になります 作成者の佐野ともうします。

ご覧になってもらいありがとうございます!


 この記事を見てくれている方は、清掃員の仕事とゆうのをどう思っているものでしょうか

世間一般的によく言われる意見には

  • 「楽な仕事であり」
  • 「年をとった年配者がやるものであり」
  • 「若くて人生まだ長い有能な人間は、やるものではない」

なんてことを“やっぱり”思っていらっしゃるのが、残念にもごく当たり前にある
清掃業の印象、
汚い仕事の代表みたいな見方としてあるのではないかと思っています。

清掃員の仕事は楽ではありません

 実際やってみると清掃の仕事はすごく大変です

伝わるように少し声を荒げて言いますが
清掃の仕事といえ楽ではなく大変なのは、やってきた筆者が断言をします

この仕事にある本当の本質は

しっかりと先を真剣に見据えていかなければいけない仕事で、突き詰めて・極めてやっていきたいと思ったら

【こんなに大変な仕事はないと思っています】。

作成者・佐野

よろしくお願いしますっ
ぜひ最後までみていってください

肌で感じた清掃業の大変さ

 筆者の佐野は、清掃業とゆう業種をずっとやってきました…

まだ若かった20代のときから「ずっと」やってみた感想で、とても苦労してきた想いがあって

清掃は楽な仕事ではないです、大変な仕事ですと
言ってみました。


一般論で

大変なのはどんな仕事も同じで、清掃業に限ったことではなくどんな仕事でも大変だと思います。

「ちゃんとやったらどれも大変で」
楽な仕事なんてないのが世の中の常識であるのは

筆者ごときが今更言わなくてもがあるのですが

清掃が大変なのは 人に左右されるから

 清掃の仕事の大変なところは、やることに対していちいち人の意見と「人の目が」あるからと思っています

大変さのことを簡単には語れず、ここだけでは追及しきれませんが(かなり深い話なので)

人の目といった「人の判断で」物事が決まっていくのが清掃という業種で これが特殊だと思われる業務 大変だろうとされる業務があり
それがゴミに絡んだ仕事で
ゴミは、清掃の大変さを垣間見ることができる業務で、大変さを表す仕事になると思っています。

【大変の何では、現場によっての臨機応変さ しっかりやる前提でも、それなりの点数に合わせてやる強弱が求められるのがゴミ処理にあるからです】

大変になるのは、現場の規模が大きくなればなるほどあって 言って
「ゴミなんてただ黙々とやる仕事だろ」と思うことかもしれませんが

ゴミ処理に関する仕事にこそ、清掃業の大変さを表す指標になる業務と言えるのがありますので

ここではゴミの処理の大変さについてお話し、清掃員の仕事の大変さを伝えたいと思います。

ビルのゴミ回収
分別されているかの確認

清掃員のゴミ処理は、あくまで中間処理

ゴミを処理する仕事こそ、大変を語る清掃員の代名詞だと思っています

 なぜなら清掃とは『人が絡んだ仕事』であり、人の嫌な部分を取り扱わなければいけないのが
ゴミの汚い部分の仕事にあって、だから大変を言うならゴミを言うのがあるのです。

大きな現場とされる

ビルにいる清掃員に至っては、ゴミの処理する仕事が・清掃員にとってのメインイベントに
なっているのがあります。

ビルにおいてのゴミ処理でお話しますが

 やる業務そのものは「ある意味」たいした内容ではないのですが、やることとは
ビルにいる管理会社の(お客様より)指定をされている、指定どおりの・ゴミ分別 処理

をしているのですが
この内容とゆうのが、ビルから出るゴミによった「現場によっての違いや」特性がでる内容で
この処理の異なりが、大変を表すサービス業の根幹の部分になっているのです。


ゴミ処理に清掃業の仕事の清掃員ならではの大変さがあるのは
行う内容 ビルのゴミとゆうのに

 どのビル、どんなビルでもおんなじ扱い「処理の仕方」というのはなく
そのビルによっての扱い方や 処理の仕方が違ってくるのがあって
ビル清掃においてのゴミ処理とは、あるビルによっての違いがあるのです。

ビルなど、大人数がいる清掃現場のゴミ処理は

 ビルの扱うゴミによって、入る会社さんの業種によって変わってくるところがあり
変わってくることで、ビルにあるそのビルだけの処理方法を覚えなくては 処理業務はできなく
慣れて覚えなくてはできない特殊性と

業務の一環とはいえ「普通に覚えて」絶対そのとおりこなさなくてはならない大変さがあり

だからゴミは大変な業務になっているのと伝えさせてください。


♦補足説明

 ゴミそのものの前提知識として
ビルなどの会社さんから出るゴミというのは基本、産業廃棄物(産廃に)なります。

事業系のゴミ 産廃ゴミを簡単に説明すると

産廃になるからもわかると思いますが、出たゴミを取り扱うのに一般家庭の出るゴミ
「みなさんがよく知っているゴミの解釈」とは異なってくるのが産廃です。

一般家庭と同じ出し方ではなく
家庭ゴミとは処理の仕方が「※違う考え方なのが」ビルのゴミなのです
※事業系のゴミはリサイクル目的として処理するが一般的

事業系のゴミに関わる清掃の仕事

目的とは「確実にゴミ屋さんへ引き継ぐ」
中間処理になる つなぎになる仕事であって、ゴミ屋さんが問題なく持って行ってもらうための

「手助けの仕事になるのが、ビルなどゴミ処理の仕事」になります。

仕事のゴミ処理には、プレッシャーがある

 お話してきたことに清掃員の大変さが隠れてあるのですが

言ったことでわかるのは、清掃員のゴミ処理は
お客さんとそのビルの関係性、ビルの都合で動いているのがわかる業務になり

これがプレッシャーとなって、清掃員は気を遣う仕事になっているのです。

清掃員がゴミに、どんなことを思って仕事しているのかは

  • どんなに忙しくてもゴミは抜かりなく、必ずバッチリとした対応しなくてはならない
  • 管理会社へ処理をした確実な証拠対応、かたちを確実に残した書類と「処理上の見た目」
  • 回収するゴミ屋さんが処理をしやすく、しなければならないの「文句を言われないようにする圧」
  • 事業系のゴミのためか、分別はまずされていない 家庭ゴミより難癖あるゴミ対応

このことを考えて仕事しているのが清掃員なのです

 大昔にはゴミにたいして「緩い」なんてビルも存在しましたが、現在のビル環境においては
ゴミは楽なんてありません。

現在ビルに詰めていて、ゴミに関わる仕事をしている清掃員は

  • ゴミをしっかりと「抜かりなく」処理作業をこなし
  • 建物の清掃も仕様のとおりに確実にこなして
  • 文句やクレームなどこないように頑張っているのです

清掃の仕事をやっている人達は本当に大変で、頭が下がる思いしかありません。


ゴミに関わった清掃の「特にビルなど規模の大きい現場」では

 ビルの特徴的な出し方の決まりと、そのビルにゴミを取りに来るゴミ屋さんとの密接な関係の
深い関りがあり、これを熟知して守ってやるのが 清掃員に課せられた使命・義務付けで当たり前にあり
だから清掃員の仕事は大変なのですと、
お話させてもらいました。

お読みになってもらいありがとうございました。

佐野清掃とは品質重視、必ず綺麗にするポリッシャー清掃が売り

看板となるサービスは2つ

どんなことをやるのかぜひ ご確認ください!!

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。