剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

現場紹介|マンション

ご覧なってもらいありがとうございます 作成者の佐野ともうします。

ここでは佐野が過去に行ったマンション現場、やってきた仕事を紹介します。

――もくじ

  1. アリアシティ
  2. 美しが丘ハイム
  3. ルネたまプラーザ
  4. ルネキューヴィス
  5. 頑張った記憶
  6. ポリッシャー清掃なら【佐野清掃】
     

(2024年6月15日 修正)

――慣れていないと時間がかかる定期清掃

ここはお前がいなければ始まらない(エキテンより)
お世話になった定期清掃で、言われた言葉

作成者である佐野は、昔一時期ですが「アリアシティ」とゆうマンションに定期清掃で
行っていたときがありました。

このマンションは特徴があって鮮明に覚えていて、ここでの作業を簡単に紹介します。

仕事概要

現場名称 アリアシティ(詳細はこちら)
依頼内容 年12回(月一)の定期清掃
現場場所 東京都江東区
作業内容 共用廊下 ポリッシャー洗浄・噴水池高圧洗浄 他
清掃範囲 1F~14F:共用部・月によって指定作業あり
清掃人数 6人(3チーム編成 2×3)
清掃金額 非公開

水圧が微妙に弱く、進みが悪い

――このマンションは水が弱くて大変でした

 清掃を承けた業者の決まりみたいので、建物設備を悪く言うことはできません。もし改善しなくてはどうしようもない事案があったら「それは会社を介して」言うしかない決まり

みたいのはあって

水が弱いに関しては何度か、どうにかならないかの相談は「会社様から」してはいたのですが、どうにもならないとなっていたようで、それだから致し方なく毎回弱いままで・何とか頑張っていました。

大変で慣れるしかなかったのは、時間の管理

 ポリッシャー洗浄の作業とは、使う水の量がすべてになる作業。綺麗にするのはもちろんのこと 効率よく急ぐのが迫られている場合なんかでも、なんにしても水は重要で水が出てくれないと

どうしようもないとも言える、作業なのです。

大変だった時間の管理とは、ギリギリまで流して綺麗にできるか瀬戸際の攻め。やるのは機械で磨き、水を流して先へ進んでいく・水が命の流れ。水が弱いは致命的ではあるのですが、その中でもある分時間を全部使って「キッチリ流しきれるか」
弱さとの格闘がここの現場での大変だったところにありました。

今でも懐かしい話題によく出ますが
水が弱い中でもなんとか綺麗にすると、燃えて頑張った定期清掃が

アリアシティとゆうマンションでした。

――ポリッシャーがけが疲れる「食いつく床」

いつも何から何まで確実だね!(エキテンより)
一緒に働く仲間からかけられた言葉

 マンションの床清掃には水の強さが命です。強ければ=いっぱい使え時間短縮になり、清掃するのに水が「強く」出てくれるなら、こんなにやりやすい現場はありません。

美しが丘ハイムは水の出に問題はなかったのですが

 床材の「長尺シート」の凹凸が高い造り、床の目でポリッシャーの回転が食いつく床材だったのです。作業には食いつくことを想定して、「確実にやり切れ回転ムラのでない」食いつきを考慮できた内容でしたが、それでもポリッシャーのかけ手は手がしびれてくる、それくらいの「しんどさ」がありました。

美しが丘ハイムはこのような定期清掃でした。

仕事概要

現場名称 美しが丘ハイム(詳細はこちら)
依頼内容 年12回(月一)の定期清掃
現場場所 神奈川県横浜市
作業内容 共用廊下 ポリッシャー洗浄
清掃範囲 B1F~7F
清掃人数 6人(3チーム編成 2×3)
清掃金額 非公開

高台にあったから 食事に苦労

たまプラーザの駅からは、そんなに遠くはない現場だったのですが

 お昼休憩をする場所に迷った記憶。そもそも休憩するとそのあと「体が重くなる」のは、筆者にある体調の「独特」。あんまり食べないとはいえ、全く口にしないと最後の方には疲れてきます。切りのいいところで休憩はするのですが

「どこでしようかと」よく考えたものでした。

「コンビニでおにぎり買うが無難にまとまる」無い発想でしたが、思いついても、コンビニへ行くのにかなり気が滅入る「坂を下りる」はめ。迷っても結局買いに行くかと それに文句を垂れる情けなさ、やめて一気に仕事するかと「食べない選択なんて過る」坂を上がるのは嫌々だった思い出。

作業的には床の食いつき以外に、とてもやりやすい現場でした。

――流すホースが100メートル!

安心感が半端ない!(エキテンより)
一緒に仕事した仲間より

 このマンションも「体力勝負」でした。ホースが「100メートル」にもなってくると、覚えていて「慣れているかが」重要になってきます。ホースのよじれに目を見張り・這わす位置・どうやって巻いていく、これらはよくわかって意思疎通がないと、終わらなくなります。

ポリッシャーには「コードリール」:通称ドラムを繋いで
ドラムごと移動しながら回しかけて洗浄、ホースで流していく作業イメージ

ホースで流す人間もポリッシャーをかける使い手も「大事になってくる慣れ」
現場を知っているかが重要となります。

うまく進まないと険悪なムードになった、よくない仕事のチームがあって

懐かしくもあり、今でも話題に出る「ルネたまプラーザ」です。

仕事概要

現場名称 ルネたまプラーザ(詳細はこちら)
依頼内容 年2回(半年に一回)の定期清掃
現場場所 神奈川県横浜市
作業内容 共用廊下 ポリッシャー洗浄
清掃範囲 1F~8F
清掃人数 12人(3チーム編成 2×3)・2日間
清掃金額 非公開

運転手は「くじ運が悪い」

 この定期清掃を請けていた会社さんにあった「決まり」に、作業員は現場へ直行でいいが、作業車は会社へ戻さなくてはいけない、がありました。会社さんは都心にあるのですが

この決まりは可哀想でした。

横浜から都心へは時間帯によるがすぐにはつかない距離。作業が夕方の混む時間帯になろうものなら、運転手の方に「ご苦労様を」言いたくなる、眠気が襲ってくる変な決まりと思うのですが・・・。

こんな決まりもあってか作業道具を車に積み込むときは、「早くしろの」不陰気たっぷりの
ルネたまプラーザでした。作業員の体調回復を優先に、直行で帰れるようになった

になってくれるのを願うばかりです。

――1番暑い時期 寒い時期に合った定期清掃

君が何倍も仕事してくれ、助かった(エキテンより)
一緒に働いた仲間より

 ルネ・キューヴィスの定期清掃は年二回 回数は多くなくてもとても思い出に残るマンションでした。ルネ・キューヴィスは、新小岩駅から真っ直ぐ歩いていくと見えてくる「山のように聳え立つ」

なんにしても大きい大規模マンション。

ここでの定期清掃は

  • 3日間の作業
  • 作業人数も18人
  • 道具を全部持っていく

まさに大がかりな仕事でした。

仕事概要

現場名称 ルネ・キューヴィス(詳細はこちら)
依頼内容 年2回(半年に一回)の定期清掃
現場場所 東京都葛飾区
作業内容 共用廊下 ポリッシャー洗浄 高圧洗浄・他
清掃範囲 1F~14F
清掃人数 18人(1日3チーム編成 2×3)・3日間
清掃金額 非公開

最終点検が大変だった

ここでの定期清掃はなぜか天気が毎回悪い、時期も「7月と1月」になった実施予定
暑かったり寒かったりするのは仕方がないとして、大変だったのは「終わりかけ」です。

 マンションの定期清掃では何チームでやろうと、最終確認のため、その日にいる一番偉い親方が「作業をした全フロアを見て回る」のですが、親方というのはもちろん筆者のこと、これだけ「馬鹿でかい」大規模マンションになると、見てくるだけで一苦労でした。

水を使った清掃作業は靴が濡れ、手首も濡れた終わりどき

見て走り回っている佐野は動いているので「そんなに感じない」のですが、ここでの定期清掃は大人数で行って、待っている作業員がいっぱいの夕暮れどき。仲間が皆思っているのは

早くしろ 帰りたいぞ・・・
こんな怨念みたいなプレッシャーをひしひしと感じる「過酷な点検」だったのです。

作業についても「道具をフルで持っていく」大ボリューム

忘れ物がないかの確認も大変だった、懐かしくもやりがいのある仕事でした。

佐野清掃とは品質重視、必ず綺麗にするポリッシャー清掃が売り

看板となるサービスは2つ

どんなことをやるのかぜひ ご確認ください!!

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。