剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

佐野清掃の良さが詰まった【剥離清掃】

 佐野清掃とゆうのは、東京都調布市を拠点にした清掃業者であり

看板作業は、やり方にこだわりをもった床洗浄で
床磨き機械 ポリッシャー清掃が「どこにも負けない」を謳わせてもらっている

たかが個人、自営業の清掃業者。

佐野清掃が行う仕事の中で取り分け、相談されることが多い作業というのがあります

それは剥離剤を使って行う「剥離洗浄」です

ここでは佐野清掃の剥離を紹介する記事になり、どんなことをやるのか・剥離の独特な作業にどう取り組んでいくのか・個人業者だからできる良さとは何があるのか

佐野清掃がやる剥離清掃をお話させてもらいます。

(2024年6月5日 修正)

before

after

before

after

佐野清掃にある「技術力」「丁寧さ」「慎重さ」経験を全部出してやる
良さが詰まった剥離清掃。

佐野清掃の剥離はここがすごい

  • 他の業者より綺麗さが圧倒的
  • 清掃痕跡を残さない仕上がり
  • 巾木他、触ったらすべて清掃
  • ワックスの光沢が良い
  • ワックスのもちが良い

【48項目】剥離はこうやる

  1. やってほしい経緯を可能な限り聞きます
  2. 作業車から道具を運ぶイメージ調査をします
  3. 作業場所の周りの環境を調査・お聞きします
  4. 建物の概要をお聞きします
  5. 床の歴史をお聞きしお調べします
  6. 床の使用状況をお聞きします
  7. 水場の環境、使う場所を調査します
  8. 水の出る水圧を確認します
  9. トイレの使用を確認します
  10. 資機材の置いておく場所を確認します
  11. 建物のルールをお聞きし確認します
  12. 作業条件に合わせ再度訪れ、調査します
  13. 天候の確認をします
  14. 剥離用の服を着て、剥離用の靴を履きます
  15. 作業看板を必要枚数立てます
  16. 作業養生を危険箇所すべてにします
  17. 足踏みマットを場所境目にすべて敷きます
  18. 道具はマットの上に置き、直置きはしません
  19. 水場から運ぶ水は台車で運びます
  20. 手を洗う水をバケツで、別口に常備します
  21. 作業現場に作業道具以外は置きません
  22. 現場を離れる際は、道具をひとまとめにします
  23. 休憩は作業車に移動をし、車内でいたします
  24. 剥離剤を適正希釈で作ります
  25. 塗り込みをします
  26. 「パットホルダー」で擦りながら水を加えます
  27. 床用スクィージーでかっぱいで汚水回収します
  28. ポリッシャーで仕上げ落としをします
  29. 剥離用の洗浄パットを使います
  30. 落ちづらい塊は手作業で、そぎ落とします
  31. 汚水をかっぱいで回収します
  32. リンス洗いを再度行います
  33. 汚水をかっぱいで回収します
  34. 壁際や角になるすみを、手作業で補修洗浄します
  35. 補修洗浄は「住友3M 7447」洗浄パットを使います
  36. 未使用のモップで仕上げ拭きを、二回以上します
  37. ワックス塗布をします
  38. ワックスの施工枚数は、通常剥離で3枚仕上げです
  39. 床との境目は、塗ると同時に拭き上げながら進めます
  40. クロス塗り(格子塗り)で施工します
  41. 湿気ある 空気が動かない場合、送風機で乾燥させます
  42. 作業で使った資機材を、使用した水場で洗います
  43. 現場内全ての触ったものを、原状にお戻しします
  44. 触ったものの動作確認、点検清掃をします
  45. 作業ルートの不具合確認をすべてします
  46. 作業現場で完了報告をいたします
  47. お借りしたものを指定のとおり返却します
  48. 指定の日時に問題ないかの確認をします

作業状況によっては変わる内容もあり、現場によって異なります。

佐野清掃は失敗からレベルアップした清掃業者。

佐野清掃ならでは・仕事の特徴

佐野清掃の良さは『剥離すればわかる』

失敗がない

じっくりとした作業前提、失敗がない確実な方向選び

考え抜いてやるやり方が、佐野清掃の剥離。

 危険な予想は理解してやるのが剥離の鉄則だと、失敗から学んでいて、恐れを感じる精神は緊張からの小心者が発端と、恥ずかしくもなく話し、蚤の心臓が剥離やるのに適していると、変な自信ではないですが

剥離作業においては

細かいことを考えすぎ 気にしすぎはないと言えるのがあり、それぐらい危険や想定外が孕んでいると言えばそうなのですが、剥離というのは考えすぎた方がいいくらいの作業と言えます。失敗ないようにするには、考えることはしなくてはいけません。

過去にいただいた剥離のお話で

「すごくよく考えて」決めたはずの流れであっても、それでもなぜか、最後の方にはゆとりがなくなってきてしまう、これが剥離における難しさにはあって、分かりきったはずの作業でもいろんなパターンを予想してから

そうでないと時間はすぐ無くなって詰めが甘くなる、剥離作業のあるあるです。

佐野清掃はじっくり決めて 失敗のない剥離をいたします。

予想しまくりの仕事です!

作業時間を取る

時間を取るのは業者にとっては一番難しい、かもしれません

 難しいのは特別とか 剥離だからではなく、お客さんとの関係性から「時間をそんなに取る」ことを許してくれないからです。「当社以外のお話」であることに、突発で剥離が入ってしまったがよく聞きます。急に剥離が入るそのことは

まさにお客さんとの「上下関係を表すのだと」思っていて

佐野清掃に「急に剥離やってくれ」はまずありません。急にと言われること自体にありえなく、なぜなら、剥離はそうゆう汚れではないのをお客さんにいつも話しているから、剥離における大体ある汚れ・積もり積もった古いワックスとは、「昨日今日で」その黒さになったわけではない根底「新しい汚れじゃないはず」があるのです。つまり

それを急にやれと言ってくるお話自体、剥離を分かっていない・業者を下に見ている証拠のお話。こんな扱いと取れる指令は、佐野清掃にはありえない商売をしているので、だから時間がちゃんと取れる

しっかり決めた剥離ができるのです。

いきなりやっては無理です!

ちゃんと決める

分かるのは経験あってこそ 決めるのは人間性も考慮、かもしれません

しっかり決めるが絶対の剥離であって、それができない場合があるとすれば

  • なんか言いづらい
  • 言いたくない
  • 返されるのが心配

 があるのが人間で、誰にも「上手く言えるかな」はあるのです。このことはちゃんと決めなければいけない清掃の世界にも、残念ですがよくあって、妥協が許されないはずの剥離清掃でも、ちゃんと決められなかったは、あってしまっているのです。

嫌われたくはないは誰しもあるかと思いますが
言うことは言わないと剥離は成功しません。

話さなければいけない怖いお客さんと、もし喧嘩するようになってしまっても、剥離というのは失敗が絶対許されない・中途半端はできない作業のはず、なりたくない喧嘩になったとしても★引かないようにするしかないのです。大事な根幹部分

大切な決めごとを言いくるめられてしまうようでは、失敗のない剥離は到底できないと思っていて
佐野清掃ではちゃんと決める剥離を、させてもらいます。

やりたいのは自分の仕事!

『やりきる剥離』誇りをもった仕事

できない条件は承けない

佐野清掃ではお客さんからの無理難題はできないと、お答えします

 当社は失敗しないを掲げています。これをいつもと決めてしまうと、簡単であってもより慎重に進めていかないといけなくなるのが、掲げた意図としてあり、佐野清掃はあやふやな仕事はできなく したくはないのです。

とはいえこの仕事においては、はっきりとこうしてほしいと「決めてくる」お客さんは中々いなく、清掃とゆう100点がない世界だから決められないが起こりえること はっきりと分からないところが、清掃とゆう業種の本質にもなるのです。分からないのに話を進めなければいけない清掃だからか

佐野清掃ではどんな現場でも必ず観て、それから話をするようにしているのです。

言ってくることを想像し判断はせずに、観て確認し調べることをまずする。これができれば全体的に考えること・一番良い流れで進めていけ、方向がおかしければ気づいてもいける。変なお話は早い段階で分かって対処ができるから、現場をまず見て現場ありきで話をするようにしているのです。

佐野清掃にとってできないと判断するお話はどう考えてもできないので

観てできない条件は、お断りをさせてもらいます。

こっちが観て決めます!

最後まで攻め抜く

どんなにやろうとそれを上回るほど大変なのが、剥離という作業です

 佐野清掃の剥離でも「想定外」「手間を食う」「落ちない」はやっぱりあるもので、こうなった時にはなんとか取り戻そうと、頑張ることは、なるべく避けるようにしています。

それは剥離が、そうゆう「急ぐ」作業じゃないからで
剥離作業は急いでやって良いことはありません。

お客さんに言いづらいお話として

終わらない予想はするもので「欠かせなく」「するべきだと」思っています。いろんなことが起きる剥離に終わらないくらいは「ありうるのが剥離で」どんなに手馴れていても失敗する可能性はゼロではない、それぐらい難易度が高いのです。少し不安を煽るお話をしていきますが

床の原色・下地は保護の下にあるはずで『視力では見えなく』剥離施工後の床の状態は、そこにいる人間では分からない条件で、それでもするになっているのです。

床の元ある下地(情報)になると、施工した工事屋さんしか分からない情報、施工当時からそこを使用していなければ分からないはずの情報になる前提があるのを、想像がつきますでしょうか。

新築でずっと居続けたところを剥離するのはまれな例で、大体何世帯かは変わってきているのが住宅事情。今まで利用していた人間では床の本当のところは知る由もなく

その中で剥離を計画して行おうとしているが「これが今では圧倒的に多く」よくある剥離パターンともなって、この実態背景で分かるのは、だから剥離は予想しづらく施工後が見えない作業で、床情報が乏しいままやるから、予想外が起きやすいとなっているのです。

汚れた保護で元床が隠れて、それを根こそぎ落としたい剥離には

床材情報が完全に分からないでもやるしかない

これが剥離の常識みたいになっていることだからか

予想外でこんなに大変になるは普通にいつも、あることなのです。剥離作業の完全なる予想はどんなに場数をこなしても、できないところがあって、剥離というのは

予想外があってあるもので「それが当然みたいに」なってしまっているから

だから時間を取って完遂するまで続けるため「予想はしつくして」やり、それだけ入念に考え抜いても「それでもいろんなことが起きる」それこそ剥離なのです。佐野清掃は

経験を駆使して最大限時間を取り、最後まで完遂する剥離作業でお応えします。

困難にも勝利あるのみ!

個人だから時間が取れる

剥離には終わるちょうどからもう一日くらいが、必要だと思っています
個人業者である強みの一つに、時間を簡単に決められることがあります

 水を半端なく使って「ギトギトに」「ゴリゴリと」やるしかない剥離にとって、時間はやっぱりかかる作業であって、時間予想に「ちょうどよかったは」佐野清掃の経験でも、そんなにはありませんでした。

大変だからと、言ってしまえばそうですが

大変さも考慮できた時間を、佐野清掃では取るようにしています。

大変な部分とは「はくるところ」とかではなく、水を汲んだり・養生をしたりするが大変なところで、水を沢山使う剥離だからにある「後片付け」や「剥離剤を拭いて回る」なんかが面倒と言ってもよく、仕上げの細かい手間に時間を割かれるのが剥離作業の特徴で、大変と言われるところは詰めの部分に多くあるのかなと、作業員によっての意見はありますが。

  • 剥離は、蓋を開けてみなければ分からない部分がある
  • 全てがすんなり進むなんてない、剥離に困難は当たり前
  • 予想より間違いなく大変、手間は掛かって当然
  • やりきる理想・余裕がもてるもう一日くらいの作業日程

剥離はなんにしても大変なので、時間は余分に取るようにしています。

剥離は期間に余裕をもって臨むべき作業と、佐野清掃の解釈です。

落ちきるまでやります!

佐野清掃にはうってつけの作業

――うってつけとは「個人で時間を取る商売だから」

剥離は佐野清掃に合っていると思っています

それは時間を取って行う佐野清掃のやり方と
時間が見えない剥離の「予想外が多い部分が」マッチしていると思うからです。

何回も作業して感じた剥離の大変なところは

 剥離剤を撒いてみたら予想が変わるところにあると思っていて、「えっこんなにワックスが厚かった」みたいから、逆に「こんなもんで済んだ」というのまで、剥離をするそのときの状況は現場にある環境や条件によって・異なるのが普通で、剥離剤を実際撒いたら予想と違ってきてしまうこのことは、やる側は知っていること。

そうならないように作業前に確認しておくのですが

 見切れない部分は否めなくあって、それは、その現場にいつもいるわけではない作業員では、現場のおかれている「環境の」気温湿度や・使われ方が見えないことであって、分かるはずもない
「いつも居ない人間が剥離するの」
これが普通の形で、どうしても分からないでスタートする・よくある剥離の典型的な形がこれで

「だから撒いたら実際の予想とは違う」となってしまうのです。

大変だから予定が変わるは剥離のありきたりで
佐野清掃の決め方は「この予想とは違ってくるのを」極限にまで減らした決め方のやり方
をしています。

どんなことをやっているのかは
床をすごくよく観た慎重な現場判断をしているのですが

 これをするのは、佐野清掃という個人商売の母体の小ささがあるから、よく観る 予想外は極力ないようにしているのです。佐野清掃は大きな会社でないので、そんなに予定が変わってしまっては先々に
支障をきたしてしまいます。

佐野清掃の仕事・作業のすべては

 一つ一つをしっかりこなしていくのを常にした基本とした作業。この仕事ですべてを行っていかなければ、必ず綺麗にする個人商売は成り立っていかない「もの」なのです。単純にやり直しをしている暇がない「規模がない」と言えばそうなのですが

「佐野清掃は一つ一つをしっかりとしたでなければできない会社」

のこれが、時間と手間を食うのが避けられない剥離にとって、それだから丁寧で、品質重視としている佐野清掃に合っていることと言え、時間をかけるがやり方をしているのが

「うってつけになると」、言ってもいいのです。

剥離清掃なら 佐野清掃へ

ここまでは佐野清掃の剥離、良さについてでした!

剥離なんて 話してきて
個人ごときが「剥離なんて」大丈夫なのかと思った方もいるのと思いますが

心配はしなくて大丈夫です!!

たぶんうちよりも剥離を 真剣に考えている業者は、いないと思っています。

剥離清掃の一般論と当社の違いを、簡単に解説して終わりますが

建物の剥離を行う頻度は多くても年に一回くらいで、平均でなら数年に一回の、たったそれだけになる清掃仕様が殆どだと、言ってもいいです。

 剥離目的そもそもは、「管理清掃一環で行う清掃に」それが一般的になっていて 強い剥離剤を使おうが、所詮は管理の一環 定期清掃の中の一つみたいに「たいしたことないみたいに」捉えられている場合が多いのです。

だから失敗があるとも言えるのですが、会社さんが思っている剥離は 当社とは方向性が違う剥離になり、異なった捉え方をしているのです。綺麗にする考え方をしないから「絶対悪」とまで言わないですが、会社さんの剥離でも形上では剥離になっていて

佐野清掃との違いは、綺麗が第一でやるか・管理で決められて仕方ないからやるかの「決定的な違い」があり、綺麗さ目的、攻める考えが当社の剥離清掃。

 綺麗にする考え方「それを目的にしている」当社ですので 仕上りは抜群になりますが、会社さんの方が良いところもあり、スピード感をもって仕上げてくれる速さがあります。

佐野清掃は個人業者 それに加え品質重視を言うくらいだから、仕上げスピードに関してはどうしても遅くなり、施工スピードは会社さんよりか劣るのはあり、参考にしてください。

剥離清掃で、綺麗にするのを一番に考えているなら、当社がいいと断言します。

作業は遅いですが確実にやりきれる、品質を重視した仕上がりになります。


剥離清掃なら 佐野清掃へ

金額の確定は現場を観させてもらってからになります。

ポリッシャー清掃 1日(1名作業)

床洗浄 22,000円~
剥離清掃 33,000円~
石床洗浄 33,000円~

日数単価となり変更はしない料金です。

※地域によって出張費があります
※作業経費がかかる場合もあります

意外と安いかも♪

料金目安
床洗浄 東京都世田谷区(2日間の作業) 70,000円(見込み)
剥離洗浄 東京都港区(2日間の作業) 120,000円(見込み)
石床洗浄 東京都新宿区(2日間の作業) 120,000円(見込み)

※調査 経費など 全てを含んだ目安です
※剥離と石洗浄は 準備をする別日が必須
※面積に関係なく内容で決まります

利用する サービスの流れ

問い合わせからサービスが終了までの、流れをご説明いたします。

※使う上でより詳しいことは、利用規約から確認してみてください
※ご不明な点はお電話でも受付しております

1.お問い合わせ・ご相談

佐野清掃ではお忙しい方のために、メールでなら年中無休で、土日祝日もご相談ができるようにしています。

※お電話のお問い合わせは 平日9:00~17:00 の間でお願いします

当社へのご質問や、清掃サービスをお問い合わせいただくのは

  1. お電話でのお問い合わせ
  2. 直接メールをいただく
  3. メールフォームからのお問い合わせ

の、電話かメールの方法になります。

※メール・フォームについては 24時間の受付 をしております

メール受付に関しましては確認後、すぐの折り返しをしておりますが、作業中や夜間の場合・お待ちいただくことがありますので、ご了承をお願いします。


お気軽に問い合わせ・ご質問をお待ちしています。

話すの恥ずかしいからメールねっ

2.お待ち合わせ~現地お話し合い

弊社ではお客さまとの対話を・とても重視することにしています

お客さまのお話に、じっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にお話をお聞きいたします。

この無料相談をさせていただくのは、清掃の仕事そのものは現場で執り行うため、現場を目の前にして・相違のないお話し合いがとても重要だからです

お問い合わせをして、ご検討されてみてから(作業をお願いする方向)になられましたら【佐野が必ず現地を見に行き】この無料相談へとなります。


現場を確実に見る観点から、現地には「なるべく明るいお時間帯で・最短に」お伺いをします

現地では、お部屋の中を隈なく確認をいたします 見させてもらうところは

(建物の不具合部分や電気と水道が使えるかどうか、など)になります。


この無料相談は【現場を見ながら“ご依頼内容に沿った”お話しをさせてもらう】のが趣旨になるため、ご依頼をいただく・ご本人様とお話ができることを、お願いもうしいたします。

話し合いの途中では必ず断りを得てから、その場所の物を触るようにしてお話を進めていきます

お話をし確認が済みましたら、触ったものは元あった原状にお戻しをして、この無料相談・お話し合いは終了となります。

ここの決まり教えてあげなくちゃ♪

3.お見積書の作成~ご郵送

お話し合いの無料相談をした後、一両日中お時間をいただき、作業内容・作業時間・作業日程・清掃金額のすべてを記載をした

【お見積書】を作成をし郵送をいたします。

作成をした見積書の郵送方法には・お客様のご指定の方法で、ご選択いただけます(郵便 メール 手渡し など)

見積書を見たのちに、作業をやるかどうかの、ご判断をお願いします

【ここまでにお金はかかりません】。
※一回だけで済んだ現地調査・見積書作成の場合


お返事をお願いする期限は、見積書に記載させてもらう「施工するための準備期日までに」進めてもいいか、やるかどうかのご判断をお願いしております

弊社ではお客さまにご納得いただけないまま、お手続きを進めるようなことは・一切ございません

何か一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

 

金額や内容なんかよく見なくちゃ!

4.やるかの判断・料金のお支払い

お見積書をお渡し よくご検討いただき、その作業をお願いするとお決めいただいたら

【作業日の前日までに清掃料金のお支払い】をお願いします。

  • 佐野清掃は前払いになります

お支払い方法は「現金払いかお振込みでの支払い方法」のどちらかの、ご選択をお願いします。

現金のお支払いの場合には領収証をお渡しさせていただきます

 

現金でのお支払い方法をご希望されたときは、領収証の受け取り方法もご指定ください その指定の通りの日時とお時間に、お伺いをさせてもらいます。


お振り込みの方法でのお支払いの場合、領収証は
「お客様がご指定をする方法」で郵送することも・持ってきてもらいたい(手渡し)の方法でも、お客様がお選びをすることができます。

  • 領収証の郵送方法は電子メールでもできます
  • 持ってきてもらいたいときは作業とは別の日で、対応も可能です

 

支払いは先に済ませるのねっ

5.作業前の確認・最終お打ち合わせ

作業当日の直近のタイミングで、お電話でのお打ち合わせをお願いしています

これをやるのは、作業日当日の施工の流れ、佐野清掃の動きの・一連の流れをお伝えして、このような感じのイメージをもってもらうのを、電話で伝えたいからです。

作業の前に今一度その現場物件の、建物的なルールなんかがあるのかも、もう一度お話しして「じかにお聞きしたい」のも、このお打ち合わせをしたい目的になります


ここまでしっかりと決めてきたことの最終確認になります、お時間はかからない
ように致しますので、何卒ご協力のほどをよろしくお願いします。

ずいぶん慎重にやってくれるのね(笑)

6.作業後にお願いしたいこと

作業が終わられましたら「終わった当日中に」完了報告をいたしております

作業後の綺麗にさせてもらった現場は「ご依頼されたお客様ご自身で」そんなに日数が経ってしまわないうちに、見て確認をしてもらうのを、佐野清掃としては希望をします。

その確認をされましたときに「ここをもう少しといった」気になるところがございましたら、遠慮なさらずに仰ってください

すぐに再度手直しをすることも可能です。

 

※追加の作業の場合には「別の作業料金」になってしまいますが、すぐのご対応は致すようにしていますので、よろしくお願いします。

頑張ったの見てるから大丈夫よー♪

どこよりも綺麗を掲げた清掃

掲げるのってすごいかも

綺麗のための清掃

これは当然よね

綺麗を貫く清掃

貫くのか…

自分の満足がお客様の満足と、信じています

声をかけてもらったすべてに真摯対応。

仕事のすべてを社長自らが行う

  • 個人が全部やった方が 綺麗にできる
  • 寄り添った決め方ができる
  • 最後はこの形に行き着いた 最終形態

人数が多ければ綺麗になるのとは違います。

行うのは本当の高品質

  • すべてに手が入った 誰が見ても綺麗
  • 簡単でも社長がやるの「だから高品質」
  • これ以上変わらないまで「攻め抜く仕上り」

佐野清掃は綺麗にするための会社であり
綺麗にするしかできない会社

行うすべてが、やれる最高点にした作業

たかがモップでもやるのは“社長”

仕事として「最高の補助役が妻」

頼んでもらったらこの流れで進みます。

利用規約と併せてよく確認ください

1.ご相談

何でも聞いてね

2.現地お話し合い

明るいうちにお願いします

3.見積書作成

よく確認してくださいね

4.料金支払い

前払いになります

5.作業前打ち合わせ

やることの最終確認です

6.施工完了

頑張ったからすぐ見てください

佐野清掃の清掃料金を紹介する。

佐野清掃はポリッシャー清掃を得意とした清掃業者で、ここでは看板となる「こだわる床洗浄」「剥離清掃」の料金や、石床洗浄の料金・店舗床清掃の料金を紹介していて、料金に対する基本的な考え方に「最初で全部決める」があります。

東京都調布市の清掃業、佐野清掃とゆう「小さな会社の代表」佐野直人を紹介する代表者あいさつ。

佐野直人とは、元来からバイク好きな人間で、好きなバイクをいつも綺麗にしたい・大事にしたい想いが発端で、この仕事をはじめました。奥さんと仕事一筋の熱い男子が【佐野直人】です。

佐野清掃の譲れない想い、譲れない考え方を伝える「佐野清掃とは」の記事。

佐野清掃はビル清掃・オフィス清掃で培ってきた清掃技術で勝負をする会社であり、できないものはできないとちゃんと伝える、お客様と「対等」とした、同じ目線で話をする清掃業者。

佐野清掃が人々からよく聞かれることを集めた情報記事。

ここでは佐野清掃「佐野のことについての」聞かれること、サービスでよく聞かれること、お金に関してのよく聞かれることを中心にご紹介をします。
佐野清掃のちょっとしたことがわかる情報記事。

佐野清掃がもっている想い「信念」を伝え、思いのたけをぶつける内容。これからも
清掃業をずっとやっていきたいのを強く発信する

清掃業 佐野清掃として決意を表す「佐野清掃とは」。

佐野清掃を利用する時にお話しする「利用規約」。

佐野清掃は相談を受け、そこからお会いしたお客様のすべてに、本記載の内容を必ずお話をして、説明したうえでサービス利用をどうするかを決めてもらうとしています。

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

お役に立てそうなら検討してみてください。

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。