高品質な清掃サービス

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

剥離を【知らない人向け】最初に知っておきたい基礎知識

ご覧いただきありがとうございます。作成者の佐野でございます。

この記事では「床の剥離」とゆう・床を綺麗にするのには「この上ない」清掃作業のことについて、基礎的なことをお伝えいたします。

床清掃業者が伝える|剥離の基礎的なこと

この剥離についてお伝えする・佐野清掃の佐野は、剥離と呼ばれる作業は「しのほど」経験してきました。

剥離とゆうことについては・知っている人は多いと存じてはいるのですが、

如何せん「ちゃんとした情報」が伝わっている感が「まだまだ否めない」のが、お客様との会話から感じ取れるのがあり・今回この剥離について、

  • はじめの触りの「基礎的なことを」を・主に知らない人に向けて発信できればと思い、お作りをしてみました。

この記事を作りたかった「もう一つの理由に」
剥離のことについては・いろんな誤解の解釈が出回っていることも・身近な人の話題から多く聞かれるのもあり、

そうではない「ちゃんとした情報」を伝えなければいけないかなと「剥離をやっている清掃業者として」感じたところがあって、この記事をお作りすることになりました。

剥離とゆうのを・ある程度は知っていたとしても、この記事を確認の意味で「もう一度」ご参考にしてもらい「再確認してほしい」そんな願いも込めてお作りをいたしました。

本来は”やる必要がないのが剥離作業”

そもそも”床を剥離するとは”どういうものか分からない…

はじめに、剥離洗浄作業とはその文字の通り、剥がす、根こそぎ落とす、のを基準にした作業であり、やれる床材とやれない床材、があります。
また剥離剤とはアルカリ度の高い「強アルカリ洗剤にプラスして溶剤」が入った・強アルカリ洗剤になり、
取り扱いに注意して作業にあたらなければ、失敗や事故になりかねない、とても危険度が高い作業になるのが剥離剤を使った剥離洗浄作業とゆう作業です。

剥離に関して・清掃業者がよく言うお話として、きつい汚れ、染み込み、変色、など・いわゆる簡単に落ちない汚れに対して「剥離作業」をすぐにすすめる・もしくは、剥離をやるしかない、と言うお話は・間違っていますし、言い方を変えれば「知らない」浅はかな考えだと、同じ清掃業者として、お伝えさせてください。

弊社でも剥離についてお問い合わせいただくのは・すごく多いのですが、剥離についてご相談をいただいたときのご返答に、すぐに剥離やりましょう、とのお返事はしていません。

それは、どうして剥離をやるまでの汚れになってしまった、ことのほうが「よっぽど重要なことだと思っていて」落とすのは簡単かもしれないですが、また、同じ状態になってしまったら、元も子もないですし、汚れたら「また」剥離をすれば良いとゆうものでは・決してないことだと、数々の経験からそう言っているのです。

そのような「長年の経験から得た」この考えから

  • 先ずは剥離をしないで綺麗になる方法を考えます。

といただいたお問い合わせの、すぐにお答えするお返事には、そのようなご返答をするようにしています。

本当の正解は”剥離をしない維持管理”

大掛かりな磨き清掃はしないで・普段から綺麗にできることが・本当の理想です。

佐野清掃は「ビビッて」剥離はしたくないと「誤解」を招くかも知れない・発言になりかねないので、更に付け加えさせたご説明をさせてもらいますと、

できることなら、剥離はしないで綺麗になる(できる)ほうが、この先の維持管理のことをも考えたら「剥離をしない”ことの方が”よっぽどお客様のためだ」と、その建物のこの先を見据えた総合判断をしているからです。

  • 剥離以上に床を磨く洗浄作業は・清掃の範疇(はんちゅう)ではありません。

この作業を「やらなくても綺麗になる・できる」そんな作業方法があるのであれば、それを選択したほうが「その床にも・お客様的にも」総合的には良いことになると・そう考えるのが清掃業者としての、正しい答えだと思っています。

剥離をする以前に大事なことは、剥離をしなければならない汚れにまで「してしまったこと」が「本当の問題で」そのことについて「なんでだ?」をお客様と共に真剣に考え、
【綺麗にした後、もうそうならないようにする】のを考えること。
このことの方が、清掃業者としての”本当の使命ではないか”と思って、この仕事をやっているからです。

あくまで作成者の「佐野清掃としての勝手な見解」を申してしまいました。
大変失礼しました。

剥離は”完璧に落ちる作業ではありません”

剥離作業をしたら必ずある・固着したワックスの汚れ。

剥離洗浄について「勘違いをされていることを」もう一つお伝えしますが、

  • 清掃に100点はないのです。この剥離についても例外ではありません。

剥離作業をやればどんな汚れでも絶対に落ちる、とゆうことはありません。

剥離洗浄で落ちるとされる汚れは・いわゆる「床の上に付いた有機質な汚れ」その床材についた「油系の汚れと言われる・アルカリ性」有機質の汚れに対して、効果があるとされる、作業方法なのです。

  • 熱による変色・薬剤をこぼしてしまった染みなど、無機質とされる汚れは、落ちないことも想定されます。

剥離洗浄作業を行っても「落ちない汚れ・効かない汚れもある」のは作業をやる前には、必ずお伝えをしてから、作業には当たりますが「作業をやってから”気が付く場合も”その床の状態であり」剥離とゆうのは決して完璧ではないことを・重々ご理解してもらうことも、作業をやる上では、お客様に知っておいてもらいたいことになります。

※補足:やってから気が付くとゆうのは、汚れを一段落とした”その下にあって”上の段を落としたら、下から「また出てきて浮いてくる」隠れてしまっている汚れのことです。

剥離と言えば「ワックスを落とすこと」

古くなって張り付いたワックスを除去できる作業・剥離洗浄

剥離洗浄作業の第一印象で・よく思われていること、剥離をやるという・イメージと言えば、

  • 剥離洗浄は=ワックスを落とすこと

​と一般的には「よく言われて・思われて」いるのですが、そのこと自体は間違いではありませんが、少し意味が違います。

  • 正確には意味が不足しています。

それは、剥離剤には「染み込む溶剤分が含まれて入っている」のが特長であって、
この溶剤分が、落としたい汚れに入り込んでいき、染み込んで入っていき、染み込んだ汚れを「浮かせる作用」があります。

古いワックスを落とすことで言うと「強アルカリの力で」汚れに(ワックスに)反応をさせて、更に、溶剤の力で汚れや(ワックス)に”入り込んでいき「密着した」もしくはくっついているのを剥がす”のです。

古いワックスは=固着した油系の汚れと一緒の考えにあたるものになり、その床の目に染み付いてしまっている、そんな汚れなのです。
ただその床の「上にのっている汚れではなく」密着性のあるワックスが・染み付いて・年数の時間経過とともに、効果をなくしてきて色が変わって変色してしまった状態

そう言った「ワックスの汚れに対して」清掃業者の剥離剤を使った剥離作業が、最適とされているのです。

注意点は何と言っても
”剥離剤は一番強い洗剤なこと”

剥離剤は直に触ったら”皮膚がボロボロになるくらい強い”です。

剥離をする注意・作業をするのに気を付けなければならないこと・として

  • 床材にひび割れや欠損部分があったら床材(タイル)自体の、のり、までを剥がしてしまう恐れがある。
  • 強アルカリ洗剤と、染み込む溶剤に「耐えられる床材」に使用する
  • 浮いてこないからと、床についてからあまりに「時間を置き過ぎても」逆に床材をダメにしてしまうことがある。

これらのところに注意をする必要性があり、強い洗剤だからこその「床へいたわりの配慮をしなければならない」注意点があるのです。

大変「効果が強いのが」剥離剤ですが、その危険なところと「やってはまずいことを」よく分かり理解をして・その「よい特性を」生かせれば

  • ワックスを落とす、以外にも、使える(行える)のも実はあります。
  • 汚れに「手がはいらない」とどかない、あたらない、やりずらい「そんなところの汚れ」にも”溶剤の力をうまく使い浮かせる”ことができる・強いのを利用した作業ができます。
  • 汚れの質にもよりますが「染み込んだ変色汚れにも」研磨剤の入った洗浄パットと合わせれば、ある程度なら、落とすことができます。

床材以外で剥離剤が使える建材は・ステンレス金属やスチール壁面があり・この他にも椅子机などの「備品」の補修的な磨き作業にも、剥離剤を使った作業をやることができます。
※補足:その物の状態と「やれるかどうかの」素材自体の色や注意書きをよく知った上で、磨き作業を行ってください。

床以外で剥離剤を使った作業については・練習をし「現場の経験を多くしてもらうのが必須」の応用編にはなりますが、
剥離剤を使った作業をやったことが、数多くあり、手慣れていてうまく使うことができるのなら、その使える汎用度はかなりあります。

剥離は清掃業者の「腕が分かる証明的な作業」

剥離はお任せください!

弊社でも・床を基準とした剥離作業のお問い合わせは大変多くいただいております。

最初にお客様から「やってほしい」と聞かれた時には、
準備のための手間が、すごくかかる、ことから「面倒だな」と、正直申しますと思ってしまいます。
何回も施工している弊社でも「やっぱりそう思う」そんな作業であることを考えてもらっても・剥離は良くも悪くとも・清掃業者の極み「真髄の作業」であることに、昔も今も変わりがなく、簡単ではない作業になるとも言えるのです。

  • 剥離作業ほど経験を問われる、腕を試される、しっかりとした技術がある「証明的な作業」は・ないとまで・言ってもいいと思います。

弊社は・剥離をして床を磨くのは”得意中の得意”です。がしかし・それを言うのには「数々の失敗を重ねてきた経験」が、本当のところは”かなりあるのも”言ってしまいます。
その失敗をする・経験・がこの剥離には必要なことで「完璧な剥離をやるのには」得意な業者にとっても、大変難しいのが「剥離とゆう作業」なのです。

この剥離は、やる清掃業者としましても・難易度は「かなり高いのですが」それでもその、大変な分だけの「見返り」も、その現場とお客様にはかなりあります。

清掃業者としては、施工を完了し終了報告させていただく時の「お客様の喜ばれる顔」を確実に想像できますし、お客様としては「汚れを根こそぎ」落としてくれる「見た目が抜群な」綺麗さ、に仕上がるのが・この作業になるので、
その後の・その場所を使われる、維持管理をする利用者様が「すごく掃除が楽」になるのが、この剥離作業のやる・大きな「見返り」になってくるのです。

厚かましいことを申します。

この作業が”大得意と”言ってしまった弊社は・剥離作業を「経験した場数」が他業者様とは「比べ物にならない」くらい”格段に多い”とゆう現場実績があります。

成功や失敗の合わせた経験を「いっぱいしたからこそ」こうすればこの現場は、間違いがない剥離ができる、ことが分かる(分かってくる)のです。

恐縮ながら、剥離洗浄のことは、何でも聞いてみてください。

お問い合わせ・ご相談を心よりお待ちしております。

佐野清掃の清掃料金

最後にすみませんが、佐野清掃の清掃料金を紹介させてください

基本料金 18,000円
時間料金・一時間 4,000円
すべてのサービス・一日作業 55,000円
一工程で二日間の作業 90,200円

金額にはすべて含まれています
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

その他の、清掃料金の詳細は、清掃料金のページも合わせてご覧ください。

どの記事も他にない
佐野ならではの一次情報

こちらの記事を読んだ方には、下記の情報についてもよく読まれています
ぜひご一読ください。

次にお読みしてほしいオススメ

※わからない点・読みづらいところがございましたら、遠慮なさらずご指摘ください。

トップページでは、佐野清掃の
「得意な清掃」を記載

作成者が代表を務める
のが【佐野清掃】


恐縮ながら作成者自身の会社のことを、宣伝させてください
 

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

簡単な質問・金額を知りたいでも、気軽に聞いてください!!。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士一級資格 取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル・作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年:佐野清掃・開業
  • 仕事とバイクが大好き人間

このホームページは・佐野でしか言えない「本当の清掃情報」を、伝えたくはじめさせてもらいました。
読んでる方にとっての「これは知りたい」ためになる記事というのを増やしていきますので、
励みになる激励の意見をいつでもくださいっ よろしくお願いします。

佐野清掃

所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の何とかしてほしい希望に、即対応できるよう
準備は常にいたしております!

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域のほかにも対応できる場合がありますので、
聞いて確認をしてみてください!

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付しています
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。