剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

【見解】床の剥離とは

ご覧なってもらいありがとうございます

作成者の佐野ともうします。

 

 ここでは「床の剥離をいう」床を綺麗にするのには、この上ない清掃作業のことについて

基本的なお話・基礎知識になるお話をさせてもらいます。

 

(2024年5月20日 文章修正)

【伝える】本当の剥離清掃とはなにか

 剥離についてお伝えする 佐野清掃・佐野とゆうのは、剥離と呼ばれる作業については「しのほど」経験してきました。

剥離とゆうのは、知っている人は多くいるのと・存じてはいるのですが、

如何せん「ちゃんとした情報」が伝わっている感が、まだまだ否めないのが、お客様との会話から感じ取れてしまうのが どうしてもあって

今回この剥離について

知らない人に向けたはじめの触りの部分「基礎的なこと」や、「いつも説明していること」なんかの、業者として伝えられるちゃんとした情報を伝えたいと思い、お作りしました。


作りたかった理由を、もう少しだけ言ってみると

剥離のことについてはいろんな 誤解の解釈が出回ってしまっていることも、身近な人の話題なんかから多く聞かれるのがあり

そうではない
『ちゃんとした情報を』伝えていかなければいけないかなと

「剥離を実際にやっている清掃業者として」感じたところがあって
この思いから「本当の剥離清掃とは何かを」、伝えてみたいと思いました。


観てほしいのは知らない方も含めて

剥離とゆうのをある程度知っていたとしても、ここにある内容をもう一度参考の意味で見てもらって
改めて再確認なんてしてほしい

こんな願いもある記事となっています。


頑張って語らせていただきたく、よろしくお願いします。

本来はやる必要のないのが剥離作業

――そもそも剥離なんて「どういうものなのか?」

はじめに剥離洗浄作業とはその文字の通り

 剥がす・根こそぎ落とすのを基準にした作業であり、作業には『やれる床材とやれない床材』があります。
この作業で必ず用いる〈剥離剤〉とはアルカリ度の高い「強アルカリ洗剤」というのに「それにプラスして溶剤」が入った、激強の強アルカリ洗剤になり、
取り扱いに注意して作業にあたらなければ、失敗や事故になりかねない、とても危険度が高い作業になるのが【剥離剤を使った剥離洗浄作業】という清掃作業です。


剥離に関して清掃業者がよく言うお話として

 きつい汚れ・染み込み・変色など
いわゆる簡単に落ちない汚れにたいして剥離作業を「すぐにすすめる」もしくは、剥離をやるしかない、と言うお話は★間違っていますし、言い方を変えれば「知らない」浅はかな考えだと

同じ清掃業者としてお伝えさせてください。

 弊社でも剥離についてお問い合わせいただくのは・すごく多いのですが、剥離についてご相談をいただいたときのご返答に、すぐに剥離をやりましょう、とのお返事はしていません

それはどうして(剥離をやるまでの汚れになってしまった)ことのほうが
よっぽど重要なことだと思っていて、落とすのは簡単かもしれないですが、また同じ状態になってしまったら、元も子もない“無駄金的な作業になってしまいますし”

汚れたら「また」剥離をすればいいとゆうのでは決してないと、

うまくいかなかった経験なんかを踏まえて、それを言うのです。

いった長年の剥離経験から「知って分かっている」大元にある考えというのを大事に
先ずは剥離をしないで綺麗になる方法を考えてみますと

いただいた相談 問い合わせについての、すぐにお答えするお返事には

そのようなご返答をするようにしています。

本当の正解は 剥離をしない維持管理

――大がかりな清掃なんてしないで普段からいつも綺麗にできるのが、本当の理想

 佐野清掃は「ビビッて」剥離はしたくないと、誤解を招く発言になりかねないので、話の意味をもっと詳しく話させてもらいますと

できることなら

剥離はしないで綺麗になる「そうできる」ことの方が、この先の維持管理の
先々までを考えたら「剥離をしないの方が」よっぽどお客様のために★そうなると

その建物の この先を見据えた総合判断をしているから、そう言うのです。


❝剥離以上に床を磨く洗浄作業は・清掃の範疇(はんちゅう)ではありません❞。

この作業をやらなくても綺麗になる「できる」そんな作業方法があるのであれば、それを選択したほうが、その床にも・お客様的にも総合的には良いことになると

こう思うのが清掃業者としての、本当の正しい答えだと思っています。

剥離をする以前に大事なことは、剥離をしなければならない汚れにまで「してしまったこと」が本当の問題で、そのことについて「なんでそうなるのかを」お客様と一緒に真剣に考え

綺麗にした後、もうならないようにするのを考えること、このことの方が
「清掃業者としての本当の使命ではないかと思って この仕事をやっているからです」。

あくまで筆者としての意見ですが、綺麗にした先まで見つめて発言しなくてはいけないと思っていて

剥離する本当のところ「どんな意図があるのかは」、どんなお客様にもお話するようにしています。

剥離は完璧に落ちる作業ではありません

――剥離作業でよくつまづくのは、固着したワックスの塊なんかですが・・・

 剥離の作業について大事なことになるのを、もう一つお伝えしますが、

清掃というものに100点満点はないのです
剥離洗浄についても例外ではなく

剥離の作業をやればどんな汚れでも絶対に落ちる、とゆうことはありません。

剥離洗浄で落ちるとされる汚れは いわゆる床の上についてしまった汚れ
床材の上にのってついた「油系の汚れといわれる・アルカリ性の汚れ」で

汚れの性質としては有機質になるもので、外部から「ついたつけたの」汚れに

最も効果のある清掃方法が、剥離なのです。


剥離で落ちない汚れもあります

そこにあることで起こる「熱い寒いにある変色」や、強い薬品なんかをこぼして「できた染み」のような、水を使ううえでの、無機質とされる汚れについては

残念ながら落ちないことも想定がされます。


 剥離の作業を行っても「落ちない汚れや効かない汚れもある」のは、作業やる前には
必ずお伝えをしてから作業にあたるのですが
作業をやってから気がつく※場合の汚れ(古いワックスなんかによくある※見た目では分からない汚れ)の

こういった場合なんかの床とゆうのも、剥離するときの状態ではあり

落ちない場合があるのを言ってしまうと

剥離とゆう作業そのものは、決して完璧ではないことを重々ご理解してもらうのも、作業をやるうえにおいては知っておいてもらいたい、大事な剥離とは になります。


※補足:やってから気がつく汚れというのは

汚れを一段落としたその下にあって、上の段を落としてみたら下から
「また出てきて浮いてくる」「隠れてしまっている汚れのこと」です。

剥離と言えば「ワックスを落とすこと」

――古くなったワックスを除去できる作業「剥離洗浄」

 剥離洗浄の第一印象とされ よく思われていることに

剥離をやるというイメージと言えば、それは=ワックスを落とすこと

​と、だいたいの人には「よくも思われていて」そう聞かれることも多いのですが、そのことじたいは間違いではありませんが 少し意味が違い、正確には意味が不足しています。

踏み込んだ話をしますが、剥離剤の中には「染み込んでいく溶剤成分」が含まれているのが、剥離剤が「一番強い洗剤」である特徴の一つにあって
この含まれている溶剤成分というのが『落としたい汚れの中に入り込んでいき』

汚れに入っていく 作用とゆうのをし、染みついてしまってある汚れ ワックスなどを「浮かせる働きをする」 これというのが「剥離剤がおこなう効果」なのです。

古くなったワックスを落とすこと、で言うと

強アルカリの力で汚れ(ワックスに)反応をさせて、さらに溶剤の力で
ワックスの根本にまで入り込んでいき
密着してしまった くっついているのを剥がすのです

古いワックスの汚れとは、固着した油系の汚れのものと「捉え方は一緒」になり、油が年数経って固着化になったのと、見方は同じで、油が床の目にまで入って染みついている

こんな解釈に当てはまり、油と似たような性質をもったのが
ワックスの汚れになると、言ってもいいのです。

床の上に、ただのっている感じではなく
密着性のあるワックスが、床にくっついて取れなくなり 床に同化となり
その床にある年数経過とともに、ワックスの効果じたいを徐々になくして
変色してしまった状態

「これがワックスの汚れであり」
そんな変色をした ワックス汚れにたいして

清掃業者がやる、剥離剤を使った洗浄作業のやり方が★落とすのには最適とされていて

「だから剥離作業をやりワックスという保護まで落とすのと」

そういう捉われ方をしているのです。

作業上の注意・剥離剤はとても強い“溶剤入り”

――剥離剤は直に触ったら皮膚がボロボロになるくらい強いので、要注意!

作業をするうえでの注意
剥離をするのに気をつけなければならないこと 

として

 床材にひび割れや欠損部分があったとしたら、そこに入った剥離剤が床材(タイルじたい)の、のりまでを剥がしてしまう恐れがある

強アルカリをいう「強いタイプの」洗剤と、洗剤の中に含まれて染み込むとされる「溶剤成分」に、耐えられる床材に使用する

剥離剤を使用して 汚れが浮いてこないからと、床についてから「あんまり時間を置き過ぎても」逆に床材をダメにしてしまうのも・事例としてあり、強いがための注意

作業をするにはこれらのところに注意する必要があり、強い剥離剤だからこそ、その床への「いたわりの配慮をしなければならない」注意点があるのです。


 大変効果が強いのが剥離剤ですが、それでもその危険なところと「やってはまずいことを」よく分かり、理解をしてしまったら、剥離剤というのには
良い部分と「良い特性」というのも、すごくあるのです。


剥離剤の良い特性を簡単に言ってみます。

ワックスを落とす 以外にも使える 行えるのも実はあります

「汚れに手がはいらない」とどかない・あたらない・やりづらい、そんなところの汚れにも「溶剤の力をうまく使い」浮かせることができ、強いのを利用した作業ができます

汚れの質にもよりますが「染み込んだ変色汚れにも」研磨剤の入った洗浄パットと組み合わせれば、ある程度なら、落とすことができます


床材以外で剥離剤が使える建材には、ステンレス金属やスチール壁面がなんかがあり
床ではなく物でいうところの「備品なんかでも」剥離剤は使えるのと、経験上で伝えてみますが

椅子や机なんかについての、補修的な磨き作業をやる場合には、より注意をしてもらって
剥離剤じたいに慣れてからにしてください。

剥離剤は普段から使って慣れてみるは、別記事でさらに語っています


――補足説明

 剥離剤を床材以外に使うにあたっては
その使う物の状態と「やれるかどうかの」素材じたいの「注意書き」をよく読んで、素材の安全性を知った上で、行うようにしてください。

床材以外で剥離剤を使った作業については 練習をしてもらい、現場経験を多く重ねてもらうのが必須の、「応用編にはなりますが」、剥離剤を使った経験が数多くあり、手慣れていてうまく使うことができるなら

その使える汎用度はかなりあるのを、言っておいてみます。


 ここまで言ってきたのは、剥離をいうならワックスなんか「保護までを落とし」
強いとした剥離剤とゆうのを 作業で使用する面での、話をしてきたのですが

そもそものワックスは床にあるので

ここからの話題は 床材そのものについて言及させていただき、床とゆうのに
追求した「剥離のこと」を言ってみます。

伝えたいのは、床にはなんで保護なんてされているのか・床とワックスの関係性
剥離剤を使って行う剥離作業には「どんな種類の方法があって」どうはくるのか

もう少しお付き合いください

床とワックスの関係性

――ワックスを塗るのって必須なの?
――そもそもワックスなんてなければ、剥離は必要ないのかな?

清掃業としての答え・ワックスがある床はワックスをするもの

 ワックスなど保護を落とす意味として そう言っていいのが剥離で、このことは知らない人たちのだいたい方にも、そう思われているのが、ここまで話してきた「剥離というもの」なのですが

ワックスというのはそもそも床にあるものなので(床ではない場合もありますが)

床というのには、なんでワックスがされているのか
ワックスというもの床との関係性について、伝えさせてもらいます。

伝えたいことを言ってしまうと
ハードフロアと呼ばれる床材には【なんらかの保護がされているもの】というのを

ここでは言いたいのです

もし業者を入れてワックスがけをされたことがなかったとしても、
ハードフロアにある床とゆうのには
新品のときから保護がされているもの、ワックスがあるものなのです。

 剥離を言うなら「ワックスを落とすのと」作業を知らない人でもそう言う人がいますが、
これを言うのは そもそもの剥離を必要とする床材の
それじたいが 保護が必要のありきとされ、そうなって「保護がある前提だから」

はくって剥がすの、保護というのまでを剥がす作業が剥離洗浄をいうに、これが当たり前に理解されているのです

清掃をそんなに知らない人でも多くの人は
剥離とゆうのは=ワックスの保護じたいを落とす作業のことに

そういうふうに周知されているのが、剥離と言ってもいいのです。


筆者も仕事で、剥離は保護剤(ワックス)を【根こそぎ取って塗り直すこと】と、よく説明しています。


 言ったことが、剥離の目的とする本当の解釈なのですが、こうは言ってみても
「これは剥離をする床ですね」と言ってから

いやうちはワックスなんて塗ってないからと言う人が、やっぱり多くにいらっしゃいます…

思われていてそれを覆すような説明は 大変なのですが、元々からある保護というのは
最初からあって「してある」のを 知らない方にはなってしまうので

「なんで剥離するのかをイマイチ分かりきれていない」
そんな人に向けて言うのは

ワックスがある床とされ(塗ってあった)床材の前提として
ハードフロアそのものには、ワックスがなかったとしても、保護じたいは★元からあるもの

であり★するものと

ワックスがあってのハードフロアであることが、前提としてあるのを言っておきます。


 清掃としての剥離の基礎知識であり
これも知っておいてほしい、床材に関係したお話とは

その床にワックスはなくても、元々からあった保護のそれじたいが汚れてしまって
「だから剥離が必要になるとゆうのが あるということ」そして

毛や石の床ではない いわゆるタイルであって
室内にある床とゆうのにとって・剥離は必要であり、経年による変化なんかを気にしたら

いずれはしなくてはいけない作業であること。

このことが、剥離作業じたいが昔からある理由で なくなりはしない理由ともなり
床材としてのワックスがあり、剥離がある理由になります。

タイル 貼る床の・室内のハードフロアにとって

今までワックスは塗っていなかったとしても「剥離はありうる」のを
ハードフロアというものの★床材としてのお話で、知っておいてください。


――補足

床材(素材についての)詳細につきましては、メーカー様に直接聞いてもらうのが確実なので

床が新品のときの状態や その床がどんななのかについては、メーカーに問い合わせしてもらって
確認してください。

床材メーカーを一社ご紹介します

「株式会社サンゲツ」

剥離方法は溶かすと削る、重要なのは『判断』

剥離には大きくいって二つの方法があります。

 それは「溶かす剥離」と「削る剥離」になり、この二つの方法の使い分けは ワックスの厚みによって判断が求められる二つになり、どっちが正しいとかはないのですが、一般的には剥離剤を使って溶かすやり方がいわゆる「普通の剥離」です。

削る剥離とはネーミングのとおり、溶かすのが効かない時に考えられる方法で、ワックスの床にある状態によっては「10年物クラス」と言える「とんでもなく落ちづらいワックスを」落とさなければならない剥離というのも、剥離の中にはあって

こういった中々溶けていかない場合の古い「落ちづらい」ワックスに、削って落としていく作業をしていくのですが、削って落とすはあくまで補足的なやり方になるのを「強く言っておき忘れてほしくないと」清掃業としての言い分であります。

要は、削るのはそんなに推奨できないのですが、それというのはやはり、床材を傷めてしまう恐れが多いにしてあるから、だからあんまりはやってほしくないのです。

 剥離作業は剥がす根こそぎ落とすのを基準にした作業で、剥離剤には「本当に強い」溶剤成分が含まれているのを重ねて言い、時間を取ってなるべく剥離剤を効かしてそれでやって「どうにも落ちが悪いなら」削ってみて落とす流れが正常とゆうか、これを正常にしてほしいのです。
こんなにも言うのは、剥離の失敗する多くは「床材をダメにする」「してしまう」お話が大体であって、ダメにしてしまう原因となることに・削ってガリガリとやっていたら「こんなことになってしまった」や・素材自体を傷めて「ワックスがのらなくなって変なふうになってしまった」とゆうような、削った作業をしてしまったばかりに起きた不具合のお話は本当に多いから
、だから削るは推奨ではないのです。

剥離は剥離剤を使って行う特殊な作業

その作業方法は、溶かす剥離と削る剥離の二つあり、溶かすやり方が一般的な剥離方法で、削るのは落ちない場合のあくまで補足的なやり方になります。

 業者として 現場を観てどうやって進めていこうかの頭内には、どう溶かしていこうかを主に考えていて、落ちない場合はガリガリとできるかな・床をダメにしないかなんかは特記事項であり、剥離方法については床をよく見て、剥離剤を使うことをよくイメージして考えなければできない、それが剥離作業の特殊性になります。

溶かす剥離を詳しく語ってみた、「ワックス剥離、はくる部分を伝える」別記事もありますので、よかったら参考にしてください。

ワックス剥離『はくるとは』

金額については 安くできない

料金についても少しだけ触れておきます

 剥離作業を業者にお願いしたとしたら、料金はそんなに、安くないと思います。
なんでならここまで言ったとおりの、難しい作業となっているのが剥離だからです。

実際いくらぐらいなのかは行う会社さんと、現場にもよりますが、勝手な意見で言うと

「すごい狭く簡単と思われ」
「時間的にそんなにかからないとしても」

それでも 2万円くらいは するものかと、思っています。

剥離が安くはなく「そうもできないのは」こういうのがあるからです。

剥離が安くはない理由

  • 広い狭いに関係なく、時間がかかる作業
  • 狭くても道具は一式・全部必要
  • 工程を省いたりは、できないのが剥離
  • 作業員の中でもできる人、できない人があり「人間の縛り」もある
  • 仮に畳一畳の広さでも、手間の数は同じで楽する動きはできない
  • そもそもが安くやるような作業ではない
  • 剥離を安くしたら他の作業との、料金のバランスが崩れる
  • 位置付けとして清掃業者の極みになる作業が「剥離」
  • だから安くはなく「できない」

剥離は経験が問われ 腕が必須の作業

作成者 佐野

佐野清掃では、床の剥離について、大変多くのお問い合わせをいただいています。

 

 最初にお客様から「やってほしい」と聞かれたときには、準備のための手間がすごくかかることから「面倒だな」と、正直もうしますと思ってしまいます。

何回も施工している弊社でも「やっぱりそう思ってしまう」そんな作業であるのを
考えてみてもらっても
剥離は良くも悪くとも 清掃業者の極み「真髄の作業」であることに、昔も今も変わりがなく、簡単ではない作業になると 言っていいのです。


剥離作業ほど・経験を問われる・腕を試される・しっかりとした技術がある
「証明的な作業はないと」言いすぎの意見ではありません


佐野清掃は剥離をして床を磨くのは得意中の得意ですが

 それを言うまでには、数々の「失敗を重ねてきた経験」が、本当のところは
かなりあるのも、真面目に言ってしまいます。

その失敗をする経験が、この剥離にはとっても必要なことで

完璧な剥離をやるというのには 得意な業者にとっても、大変難しいとされるのが
「剥離とゆう作業」なのです。

 

 剥離は行う清掃業者としましては、難易度はかなり高いのですが
それでもその大変な分だけの「見返り」というのも、行った現場とお客様には

かなりあります

 

清掃業者としましては
施工を完了し終了報告させていただくときの「お客様の喜ばれる顔」を、確実に想像できますし、お客様としましても 汚れを根こそぎ落としてくれる
「見た目が抜群な」綺麗さに仕上がるのが、この作業になるので

その後において その場所を使われる、維持管理をする利用者様にとっては
「すごく掃除が楽」になるのが

この剥離作業のやる 大きな見返りになるのは、絶対に言えるのです。

 

厚かましいことを言わせてください

 この作業が大得意と言ってしまった佐野清掃は
剥離作業を経験した場数(ばかず)とゆうのが、他の業者様とは比べ物にならない
格段に多いと言える 施工実績があります。

成功や失敗の経験というのを いっぱいしたからこそ、こうすればこの現場は間違いのない剥離ができ、そして綺麗にできた剥離が分かってくるのです

恐縮ながら剥離清掃の分からないは、何でも聞いてみてください。

 剥離の基礎的なお話をしてきたのは、佐野清掃・佐野 直人ともうしますが

佐野清掃とはビル・オフィス清掃で培ってきた確かな清掃技術で「失敗のない剥離」
必ず成功させ「やり切る剥離をしている」清掃業者です。

剥離とゆうならビルメン会社だけが行う「専売特許」ではありません
個人業者の佐野清掃でも しっかりとした剥離清掃はできます。

経験と技術で勝負する【佐野清掃】を、ぜひ覚えてください!

質問はメールで24時間受付

見てもらいありがとうございました。

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。