剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

こだわりたいのは 反骨精神からきている

(2024年5月16日 修正)

佐野直人とは、なんでそんなにこだわりたいのでしょう

綺麗を一番に考えるのは ★昔できなかった反骨精神からくるもので、今回はこだわりたい思い
生まれたいきさつを、お話いたします。

こだわるなんてしている暇はなかった 過去

 筆者佐野とはビルの清掃で働いていた時期が長く、そのときにいろんな勉強というか「いろんなどうしようもないことを」見てきました。どうしようもないこととは、人間同士の争い・清掃業界だけにある「腐った兼ね合い」のようなことですが、まだ業界の端くれ、今回話すようなことも「残念にもまだ」聞かれる話題にあるのですが・・・

どうしようもない経験もあったから だから自分でやろうと「いきり立ちもし」佐野清掃を自分でやってみようとなったので、過去にあったいろんな腐った経験も「今になってみれば」無駄にならなかったと言ってしまえるのですが、どうしようもないと言える「腐ったこととは」こんなことでした。

  • いつもくる清掃員が仕事しない・いつもの人がトラブった
  • 働く人手が元からいないのに なお欠勤者が出てしまった
  • 決めたルールに従って 守ってくれる人が一人もいない
  • 現状を言っているのに「お門違いな方向性」を言ってきた

あんまり言うと清掃じたいが疑われてしまいそうで嫌なのですが、清掃業界というのは

現場ありき「現場がメインの」はずなのに、知らない会社の人が割って入って「無理やり」体がいいルールを作ってくるが どんな現場でもあって、それに作業員が渋々従いながらやっているようなところが「昔に関しては」多かったのです。

清掃とは「お客さん商売」と言うまでもなく

現場がすべてのサービス業といって間違いなく、現場で作業をしない 所詮現場のことは分からない「事務職」の人達では 現場にある本筋なんて・見えてこないはずで、決めてくるルールはいつも「なにそれを言うしかない」決まりばかりで、こんな聞かれたこともある「よくある問題に」若いときは戦う日々を送っていました。

見出した結論『綺麗にすることこそ清掃なはず』

 どうしようないような毎日があったから
だから佐野清掃のこだわる考え方ができたと思っています。

昔ビルで働いていたときよくあった「どうしようもない人達の口癖」とは

  • そんなにやっても給料変わらない
  • 綺麗にするのはアンタだけにして
  • 文句言われなければ何やってもいい

今は少しでもよくなっているのを 期待込めてもうして、筆者が昔にいた「清掃環境では」こんなのがよく言われ 蔓延していました。戦っていたのは要はやりたくない

いかにやらないかを聞いてとれる「やる気の問題」というしかない人間問題だったのですが、これはいた会社だけではない 業界に抱えてある問題で、この問題にいつも自問自答をした 激論を交わした熱い毎日があって、戦っていたのはやる気についてでした。

この渦中 心の奥底で湧いてきて 見えた結論とは

【本当はそんなんじゃないだろう 綺麗にして喜んでもらうための清掃だろう】

これを疑うことなんかしない「筆者なりの答え」でした。

こなすだけが精いっぱいの それが現実の清掃業界で、自分なりの出した答えというのは、綺麗が一番のそれをしたい それが本当だろう、筆者だけが思うことかもしれないですが

結論はこれでした。

自分にしかできない清掃は何か、負けないことで勝負したい

『綺麗にして喜んでもらう、そのためには技術を磨く』

 この目標ができてからは、そのためのレベルアップ 勉強をどんどんし、ポリッシャーなんかは率先して動かし、苦手な作業になればなるほど立ち向かうようにやって、技術向上「自己満足の突き詰め」と言ってもいい勉強をしていきましたが、その日々の中で一番興味を持ったのが、床洗浄に関する分野だったのです。

ポリッシャーを使う作業はなんか面白く「カッコイイ」

こう思ってからは、この作業とは何なのか・何のためなのか、他の業者がやっているのは「どうゆうことをやっているのかなんかを」気にもなり 勉強したりもして、行き着いて出した答えとゆうのが「こだわる床洗浄」だったのです。

『こだわる床洗浄とは、綺麗にして喜んでもらいたい 本当の清掃をしたい、若かれし筆者の綺麗にしたい気持ちが込められ編み出された』

勉強の中から生まれた清掃だったのです。

清掃業界というのは「偏見や」「舐められ根性がある」実はかなり下に見られている現状が今でもあって、こだわった作業をするには「やりづらい面もある」業種とも言えるのですが、それでも佐野清掃は冷ややかな目なんかには負けない、必ず綺麗にするどこにも負けないこだわる床洗浄で

勝負していきます。

佐野清掃とは品質重視、必ず綺麗にするポリッシャー清掃が売り

看板となるサービスは2つ

どんなことをやるのかぜひ ご確認ください!!

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。