高品質な清掃サービス

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

トイレ水回り清掃・詳細説明
【傷をつけない考え方と拘りの作業】

この記事について

ご覧いただきありがとうございます。
作成者の佐野です。

この記事では・佐野清掃が行っていてとても支持をいただいている清掃サービス「トイレ水回り清掃」についての「考え方とやり方」についてと
この水回り清掃については・弊社がよくうたわせてもらっている「とにかく丁寧に行う洗浄と」当てはまるところが多くあるため、

の丁寧さの部分についてを含めて、お伝えさせてもらう記事になります。

冒頭に当社のことを簡単にご紹介しますと、
佐野清掃と申した弊社は・床清掃を主体とした清掃業務をやらさせてもらっている「東京都調布市の床清掃業者」になりますが、

今回お伝えする・水回りに関係にした洗浄作業についても・佐野清掃の通常サービスでは「よくご依頼いただく案件」になっており、床清掃でやっている「丁寧な作業を」水回りにおいても「そのままの変わることなく」執り行っていることから、お使いになられたお客様からは「すごく綺麗になると」とても好評の意見をいただいております。

この記事ではそんな佐野清掃が行うトイレなど水回り清掃の、実際のやることと その考え方についてを、詳しくご説明する記事となります。

お話しをさせてもらう目次には、

という見出し項目にしまして、ご説明をさせていただきます。

この記事をぜひお読みしてほしい人には

  • トイレや水回りの清掃なんて 今まで何も考えずに やっていた…。など

こんなことを 思われていたことがある人 には「ぜひ見てほしい!」とってもお勧めな内容になっていると思いますので、できれば最後までご覧なっていただいて掃除する時にお役に立ててもらえると嬉しく思います。

大前提なのは、水回りにある陶器は
【保護がしてあり傷がつく素材であること】

洋式便器の素材のことなんて、考えてみたことはありますでしょうか。

表面がツルツルしていて光っているのは「保護がしてある」からなのもあります。

トイレ個室・洗面所・脱衣所などはお部屋に必ずあるもので、これからお話をするこの水回りと呼ばれる「用を足し・手を洗うところ・水が流れるところ」の陶器の表面というのには

擦った磨く清掃をやるにあたり「知っておかなければいけない大前提」があります。

知っておかなければならない大前提とは【素材を傷をつけないで いたわる作業方法】で清掃する・必要があるとゆうこと、であります。

これは なんでなのかを ご説明すると、
陶器とゆう素材自体には「釉薬 ※ゆうやく」とゆう読んで字のごとく・いわゆる うわぐすり と言う・保護膜があって「必ず新品時にされている物であって」それを掃除をするからと・硬い磨き布なんかで擦ってしまうと、

その保護膜自体が落ちて取れてしまうことが多いにしてあるからです。

それを 知らず気にせず「ガンガンと」磨いてしまって、結果傷がつき「傷だらけ」にしてしまった陶器というのは・パッと見た「見た目では 気がづきにくい」のですが、
そうやって擦ったしまったこと「なんか忘れてしまった時間が経った頃に」思い出したかのように、擦った跡 爪痕が・いつの間にか「汚れとして浮いて出てきて」しまいます。

元々の陶器といった・物の目的自体は、
水が出て流れることによって、用を足したことで 汚してしまった「使用者の手の他」
用を足し使った人間から 出てきた「老廃物の付着を洗い流すために」あって、そのための目的で・そこにある設備機械であるのですが、
その水が出てくることによる・機械の仕組みとゆうのが原因で、水が当たるところの陶器の表面が「傷がついた”ところから”汚れてくる」と言うのです。

ここまでの説明で「陶器の汚れと付き方で」知っておいてもらいたいのは

  • 陶器の表面を硬いので磨いてしまったら「そこに水が入り、入り込んだ水が素材を汚してしまいます」
  • 擦って 保護膜が取れているところの・そこが「傷となって 汚れとなっていき”いつも流している水で汚して”いきます」
  • こうなってしまうと「とても汚れがつきやすい陶器」素材となってしまいます。
  • この傷が汚れになる(なってしまう)から、水周りにある陶器などの素材全般には「優しく磨く」ということが必要になってきます。

もし既についてしまっていたトイレや水回りであったとしたら、

そうやって 擦ってついてしまった汚れ ※水垢は「その素材に固着して入り込んで張り付いている汚れ」というのになり、
落とすのには少々手間がかかる・頑固な汚れになってしてしまい、簡単に触れば落ちてくれる「軽い汚れとは違ってくるものに」なってきてしまうのです。


そうは言ってしまってもこういった水回りは、意外にもよく見るところに結構多いです。

というか「ある意味ごく普通な」水回りとされていているのが「これ」になり・清掃をいつもしているからこその、

そうなって 気づかずしてしまった・水回り 陶器の状態として「よく存在し」

こちらはそういった水回りに対して「綺麗にする清掃屋として」その時その物に 相対し格闘する機会がもう当たり前のようになってきています。

この裏返しには「皆さんがとてもよく掃除をしているから」になると思うのですが、

ここで佐野ごときで申し訳ありませんが、トイレなど水回りを「いつも綺麗に使うのに」
清掃屋として経験で学んだ・綺麗にするための 掃除をすることになんにでも通ずる「極意の考え」というのがありますので、できればご参考にしてください。

この考えは・水回り全般やその他の素材など「清掃では」共通することになります。

  • 第一にその素材・物の使用歴の【状態を知ること】相手を知る
  • そこに付いてしまっている 【汚れは何かを知ること】汚れを理解する
  • 汚れと使う洗剤が合うのかを【知ることをしてから使う】洗剤の効果
  • 相手の素材よりも【柔らかいもので磨くこと】いたわる擦り

これが清掃の極意という教えなのですが、こんなことまでを知っていて掃除をしている一般の人などは、普通に考えて「ごくまれにしか」いないものだと思っています。

知らないのが普通で「それが当たり前の一般の人で」それでも綺麗にしたいからと頑張って毎日ゴシゴシと頑張って擦る…。

  • つまり「よく掃除をして磨いている大半の人というのは「傷をつけて」つけた清掃をしてしまっている、のです。


ここでのご説明をまとめますが、

頑張って清掃をいつもしていて「傷もついていてしまっている」水回りは・言ってしまえば それはしょうがないこと、と吹っ切るしかありません。
掃除をしていて そのことでこの先に・悪影響が実はあると、あったと・今更言われてみても「それはしょうがないこと」と考え改め、これから「もうつけない」方法とやり方で掃除をしていく、しかないと思います。

考えてみても新品の状態に時間は巻き戻せないですし
 

ここからは・擦ったところに入った水垢は「一体どうやって落としたらいいのか」についてを、ご説明していきます。

頑固な水垢を徐々に落としてリセットする
その考え方と「作業のポイント」には

次亜塩素酸は「頑固な水垢だけ」
作業の全体”メインでは使わない方がいい”

弊社で使用するのは「ミネラルの塊」です。研磨剤は入っておりません。

洗剤とはまた違う
ミネラルの塊「GSR」と
ステンレス素材の「けれん棒」

洗面台などにある水が流れる陶器に、長い期間ずっと放置したことにより・頑固に張り付いて固着した水垢を「簡単に落とそうとする考え」にはやはりとても無理があります。

落とすがため よく考えがちなことに・作業の始まりに次亜塩素酸ほか「強い洗剤を大量に撒いて」それなりに時間をおいてから「硬いたわしなどで強く擦る磨き」は、大きな勘違いであり 間違いである ことを先に言っておきます。

いきなり「塩素をぶんまく」のは・その素材の状態によっては変色「酸焼け」を起こしてしまうことになりかねないので、そのようなことはしないで、作業のメインで使うのは・中性系に当たる・軽い使い易い洗剤を使うようにして「簡単に落ちる汚れから」磨く清掃は行っていくようにしましょう。

こんなことを言うのは、
経験上綺麗にする清掃とは「段階的に少しずつ」やっていくものであり、その方が・結果的に綺麗になり、過程においても失敗が 起こりにくくなる からそう言うのです。
まずはすぐに落ちる「軽い汚れを落としていき」
すごい汚れとされる・時間が掛かる汚れは「後に取っておく」ようにしたほうが【全体的にみても効率よく進み・最後にはとても綺麗な仕上がり】になります。

このやり方はぜひご参考にしてみてください。

硬めの荒い磨きパットは「あくまで隠し技」
それは”ポイントでしか使えないもの”

磨き方と擦り方にも「手の指の力加減 全体を触る強弱」というのがあり、これもやって覚えるしかないこと

清掃業者が使う代表格の
茶パット「#7447」緑パット「#96」
どちらも目が細かく※傷は入りますが「擦り落とすのにはよい」※要注意

いよいよ磨き上げを行う・擦る作業には絶対傷をつけない物を使います。なぜ「絶対なのかには」

  • やることの目的が清掃をすることだからです。

これについては「違うことを言う人がいますが」
清掃という目的の概念そのものには「素材を傷をつけないことが絶対条件」にあります。
それが「自分個人の物・もしくは自分の部屋」であるなら・この概念と言うのは・ないと言える、のですが「清掃屋としてのお話で」するのなら、
清掃し綺麗にするのに・傷をつける「素材に悪影響を与える」のは あってはいけないことだと、それが正しいお話しで伝えられています。

もし自分の物ではない・人さまの物・素材や場所を掃除して綺麗にするのであれば
「白パットやその素材を傷つけないスポンジ」なんかの・相手をいたわる「柔らかい物」を使って、同じ力の磨きで清掃するようにしてください。

そして「この素材にやさしいとした」パットやスポンジを全体の「メインの擦り」で使うようにして、
尖った物・硬い「粗い磨き布や物」は・あくまでも「隠し技に」とっておいて、固着した汚れの それだけ用に「ポイントで」使うのを推奨します。
隠し技にするのには「傷をつけたくない」理由なのも勿論ありますが、お伝えしなければならない・とても大事な「清掃としての概念的な考え」があるので、それについて触れさせてもらいます。

清掃作業の「どんな作業であっても」基本は・洗剤を使って 洗浄で落とす とゆうことが「基本として」あるのですが、この基本とされる意味には「力は二の次になる考え」というのがあります。

このことを結論付けたご説明をすると

  • 最初から力「硬いので”力を加えた“磨き」は清掃ということに【反しているやり方】になるのです。

このことの説明を更に続けさせてもらうと

清掃に「決して力はいりません」洗剤をしっかりと使い・汚れ 水垢にしっかりと当てて 汚れを見ながら擦り、落ちて「変わっていくのを確認しながら」同じ力で擦って【薄くしていく】のが、清掃作業という意味での正しいやり方とされるのです。

大きな勘違いを 付け加えて 申し伝えてみますが、

お伝えしたようにやって・擦っていて 汚れが変わってこなければ・手を止めて「洗剤を継ぎ足す」のが正解になる 正しい動き「落ちない場合の解決方法」になるのですが、
大きな勘違いで聞かれるのが、汚れが変わらない 落ちないからと言って、そこから「さらに力を入れてしまって 素材に傷を付けてしまうこと」が・よくやる間違いにはあります。

落ちないからといって・すぐさま さらに力を加える・のは清掃としての「素材を大事にする考え」では「間違いなのを」この記事を通してお伝えさせていただきます。

  • 白い物柔らかいスポンジなんかの・それだけが、作業全般の力を入れたい場面が想定される時に「その力加減を幅広く使えた」磨きというのが”できる物”

汚れだけに傷を入れる「アクセントをつける」のが
水垢そのものだけを”薄くしていくコツ”

小便器の黄色い線のこれが水垢です。
落とすのに・ちょっとに見えても
「いざやってみると」
とても大変な作業です。

けれん棒の使い勝手が良いのは・マイナスドライバーより細く「細かく磨く」ことができ・ステンレス製の「微妙に柔らかい」ところ

固着してしまった汚れになる・硬化して素材に張り付いて「くっついて」しまっている、とゆうのが「特徴的になる」水垢の汚れを落とすのには

触ったら 痛い「色が濃い」硬い磨き布や鋭いブラシ・研磨するための やすり なんかを使って、ゴシゴシと思い切り・擦ってやりたいのですが、
それだと間違いなやり方です。そうやってやると
陶器や素材自体を傷めてしまいます。

固着した水垢を落とす傷をつけないやり方の・ポイントと結論を、最初にざっと言ってしまうと、
素材や陶器の 相手より 硬くない物・掃除対象の物より”柔らかい擦る物を使い”
※オススメするのは「細い棒状の物なのや
」ヘラなどが使いやすいと思いますが、
それらを
用いて・細かく使って・磨き「水垢だけを少しずつそぎ落として」いくのです。

ヘラのような道具の何がいいのかには・箸みたいな細い棒であって「先が点ではなく四角の物が」擦りやすいです。※清掃道具とは少し違いますが「けれん棒と言われる」のが 使いやすいです。

  • 水垢をちょっとずつ落としていく・細かい作業には・細い棒状なのをお勧めします。

擦る物に関してを もう少し言うと、
こういった物は・ホームセンターなんかで探せば いろんなタイプの物 があると思いますが、注意してほしいのが「形・形状ではなく」材質の「何でできているのかを」重視して選んでほしいところです。
どんな材質がいいのかには・ステンレス製かプラスチック製がよろしいのかと思いますが、
大切なのは・水周りの細かい作業に使いやすく「汚れ負けしない硬さがあり」尚且つ掃除をする素材より「硬くはない物」を選ぶようにしてください。

形状としての「使いやすい形には」マイナスドライバーのような形をイメージした物が、つまんで持て・細かく擦りやすく扱いやすいです。

こういった細かい道具を使って・徐々に擦って薄くしていくのですが、ここからは「力加減のところが微妙で」説明するのが少し難しくなってくることなのですが、

どういう風に使って擦るのかと言うと・その細い道具を お箸を持ち食材をつつくように使い、

素材に張り付いた水垢に対して・洗剤が入っていく 入り込む ように”汚れだけに 傷を入れる ようなイメージ”で「水垢に線を」入れていくのです。

何度も言ってしまいますが「決して素材に傷が入らないように」微妙な力加減で・細かく擦ってやるのが、この作業の大事なところです。

  • ここまでに言ったことが・汚れにアクセントをつけること・とゆうことになります。

これを行った後には・洗剤を水垢に加えて足して アクセントをつけてある状態の水垢に、さらに「効果ある洗剤の力を加えて」いきます。
そこからは・柔らかい白パットかスポンジで「汚れを動かしてやること」の仕上げ落としの洗浄をして「残りの水垢落とし」をしていきます。
もしまた・落としたその下から「固着した黒いのが浮いてきたら」その浮いてきて出てきた水垢を・再度・再びアクセントをつけていくのを 
何回か繰り返して行い、徐々に落としていくのです。

何回も度々言って申し訳ありませんが、
この作業は・傷をつけないでやる・細かく行う その力加減が重要、となる作業になります。
そしてこの磨くまでを・完墜させ 取り切るのに大変なところは、
そのついてる水垢によりけりですが、ものによっては「落とすまでに何時間も想定され・時間がかかってしまう」とても根気がいり・何気にも重労働な作業になる、ところです。

そんな時間が掛かることをよく分かって・それに向けての準備を用意周到にしてから、落としたい水垢に向かい合うようにしてください。
この作業の特徴になるのは「なんにせよ」じっくりとやれるか・
立ち向かえるか・擦る時間があるのか、といった「作業するお時間」というのが”取ってあるのかが”
とても重大な決める事になり、そのことが どうしても欠かすことはできない「時間が重要な作業」になってきますので、そのことをよく考えて検討し「完結ができる 落としきれる完全なる予想」ができてから、いざ作業をするようにしてください。

この記事のまとめ

水回りは「擦る癖」をつけてしまうのが一番です!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

水回り清掃の・傷をつけない「考え方と」陶器を洗浄するのに「丁寧なやり方」ということについて、お話をしご説明させてもらいました

最後にこの水垢を対象とした清掃についての、まとめをさせてもらいます。
水垢汚れというのは言ってしまえば「素材まで・入っていなければ」・ほぼほぼ・落とすことはできます。

ただ・どうして難しいのかとゆうことには、
その水垢がついてしまった期間と それがどれだけ固着して頑固なのかによって「落とすことでの難易度 時間が変わってきてしまう」作業であるのが、落とすのが難しくなってしまうということの・この汚れの特徴でも、あるのです。

佐野の独断を申させてもらいますが、
水垢を「頑固にさせない」とてもいい維持管理ができた水周りというのに「したいのであれば」超簡単な清掃でもいいから・常にちょくちょくと・擦ることがやっぱり一番良くて 綺麗なのではないか と個人の意見で言っておきます。
そしてこの ちょくちょくを 忘れずに「いつもやり続けることも」かなり大事なことだと、大変恐縮ながらお伝えをします。

いつも誰か必ず見ていて「掃除をやっている」トイレ水回り清掃についての・佐野清掃の考え方と、作業方法「細かく擦る拘りの方法」についてを、お話しさせてもらいました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当社が水回りを掃除した時のご料金も、一応お載せいたします。

この磨き清掃の作業時間と時間料金は「ついてる汚れにより」変わります。

基本料金・作業料金(仮)・手数料
トイレ水回り清掃・一日作業 55,000円
トイレ水回り清掃・作業「二日間」 90,200円

金額にはすべて含まれています
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

清掃金額の詳細は、清掃料金のページをご確認ください。

どの記事も他にない
佐野ならではの一次情報

こちらの記事を読んだ方には、下記の情報についてもよく読まれています
ぜひご一読ください。

次にお読みしてほしいオススメ

※わからない点・読みづらいところがございましたら、遠慮なさらずご指摘ください。

トップページでは、佐野清掃の
「得意な清掃」を記載

作成者が代表を務める
のが【佐野清掃】


恐縮ながら作成者自身の会社のことを、宣伝させてください
 

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

簡単な質問・金額を知りたいでも、気軽に聞いてください!!。

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士一級資格 取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル・作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年:佐野清掃・開業
  • 仕事とバイクが大好き人間

このホームページは・佐野でしか言えない「本当の清掃情報」を、伝えたくはじめさせてもらいました。
読んでる方にとっての「これは知りたい」ためになる記事というのを増やしていきますので、
励みになる激励の意見をいつでもくださいっ よろしくお願いします。

佐野清掃

所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の何とかしてほしい希望に、即対応できるよう
準備は常にいたしております!

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域のほかにも対応できる場合がありますので、
聞いて確認をしてみてください!

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付しています
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。