ビル・店舗・オフィスが主体の床清掃業者

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 深大寺町市街地住宅1104
京王線 調布駅:中央口より徒歩で20分
駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)

★お気軽にご相談ください★

『ご質問は明確にお答えします』
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00 (年中無休)

これが綺麗にする【拘りの床洗浄】
考え方と作業の解説

この記事について

ご覧いただきありがとうございます。
作成者の佐野です。

いきなりですみませんが…
普段皆様が生活や仕事の場で見ている床そのものは、掃くくらいの掃除はしているのかと思いますが、その床をプロの業者に「徹底的に磨く清掃を」やらせてみたら・いったいどんな・掃除をするのかなんて、考えてみたことはありますでしょうか…?

お願いする「人によっては」期待はずれなこともあるかもしれないですが、基本 業者というのは・高いお金を払う分「だけのことの」掃除はしてくれるもの なので・頼まれた方が、プロとしての腕を 持った方であるなら「間違いなく」
綺麗にしたい・その床は「綺麗にしてくれるはず」だと思います。

この記事の作成者・佐野は、佐野清掃といった 個人の小さい会社ながらも、清掃業者としての看板を掲げて・数々の床清掃 現場を、長年にわたって経験させていただいてきました。

今回はその佐野が、長いことやってる床洗浄で、これはどこもやっていないやり方・この「拘りが大事で」それができれば・どの大手業者よりも「綺麗にできますよ」といった
拘りの考え方と 床洗浄の方法についてを、ご紹介していきます。

ここでお伝えする内容は・佐野清掃 独自の・考え方 やり方になることで、この記事で詳しく説明することは、殆どの業者様は「やっていない」ことでもあって、他では「やりたくてもできない」ことなのも、先に言っておきます。
これからお伝えすることを「いつも頼んでいる」業者さんにお願いしても・それはできないこと・なのをご理解してから、ご覧になってください。


この記事の目次

(詳細はクリック)

最初に徹底的に掃除をする「床洗浄といった作業は」何なのかをお話します。

ポリッシャーを中心に行う床洗浄作業は

人間同士が”力を合わせてやる作業”

ポリッシャーを使った床磨きの清掃は清掃業者なら「どこでも」やっています。

清掃業者がやる床清掃の作業の一つに「洗い」とゆう・床を磨く作業・があります。
床を何故磨くのか・またこの清掃のやる意味「なんでか」については、この記事では割愛しますが、

この床洗浄とは、どんなものなのかを簡単に言うと

  • 清掃業者が主にやる床清掃のことで
  • 一般的には定期清掃とゆう作業名称で行われていて
  • 清掃機械ポリッシャーを使ってやる床清掃のことになります。

この洗いの作業には・2人~5人くらいでチームを組んで「やる事を分担して」行っているのが「どこの業者でも」やっている、その作業イメージです。

作業の内容について、どういったものなのかを、もっと詳しくご説明すると、

  • 床を磨く・床を拭くといった・一つずつの工程を人間同士で分担して分け合い
  • 分担してやるからこその「洗剤と水の使う量を多く」使え
  • 作業員全員が・お互いに助け合い・清掃機械の力が「加わった」磨き作業ができる

これが、チーム作業で分担して行う床洗浄「洗い」という清掃作業なのです。
この作業の大きなメリットは・人数かけ力を合わせてやれ・水を多く使えることでの、仕上がりのとても良いところになります。

チーム作業の「良さを引き抜いて」
少人数でやるのが佐野清掃

佐野清掃・洗浄工程
洗剤塗り込み 人間
磨き 機械
汚水回収 機械 人間
すすぎ洗い 機械
拭き上げ 人間

では佐野清掃でやる洗いの作業は「どういったこと」をやっているのかを説明します。

簡単に言って、このチームでやるとご説明した洗いを「1人か2人の」ごく少数でやっています。
それはなんでかと言うと、ズバリ申しまして「その方が」綺麗になるからです。

少数でやったほうが綺麗になると言う「その根拠を」簡単に言うと
少人数ならわかっての通り、人がいなく・そんなに多くの作業工程を「まとめて同時進行」できるだけの手が足りません。このことを逆に「綺麗にするための手段」に置き換えて、拘りを加えた作業をするのです。
ざっと「すごく簡単に」申してしまいましたが、言ったこの様な方法は・一般的な他業者様では殆どやってはいなく・考え方とその清掃目的が、綺麗にするためだけになる「当社のオリジナルのやり方」になります。

実際の作業で想像してもらって・ご説明すると…
少ない洗剤だと「すぐ乾いてしまうことがありますが」チーム作業だと・別の人間がそれをすぐに回収してくれるのですが、少人数だと別の人間がいるわけでもなく「その汚水回収も同じ人間」がやることが必然となります。
よって少人数だと「乾かないくらいの水」や洗剤は・絶対使ってやり、
早さより【綺麗に確実性に】その作業全体の目的趣旨が変わり、その作業員の技術力にあった「落としたい洗い」ができる作業になってきます。
少人数になることでのメリットはまだあり、工程を一人で「全部やった場合は」大変だとは思いますが「その大変をこなした」作業員の・拘りの洗浄作業・になり、最初から最後まで目の行き届いた「やった感を上乗せした」仕上がりにもなることです。

あと余談で一つ加えると・意外と気付かないことになるのですが、少人数だと確実な洗浄「するしかない」に、今までの急いだやり方も「変えられる」改善策としての、手段にも、考えることができるのです。

  • こういった経験から得た「根拠から」佐野清掃では・あえて少ない人数で・洗い、床洗浄作業を行っています。

少人数だからこそのメリットを言ってみましたが、少数であることの良さを・作業したイメージでまとめると・こういったことになります。

  • 乾かない量の洗剤を使った洗浄が必ずでき「確実に落ちた」その床を「見ながら」
  • 次の汚水回収も・同じ人間が確実にやるしかなく・同じ人間が行っていくことで、
  • 全工程を・同じ目で見てやれることが【その良さ】になります。
  • 大人数のチーム作業で・違う人間同士が行うこと・で起こる
  • 「仕上がりのバラツキ感」がなくなるのが、この少人数での最大の良さになります。

先へ進まないことで、作業が終わらない意味での「マイナスな要素」ばかりがあるものとは、決して限りません。

一つ一つの作業工程を・確実にその作業員の拘りが【存分に出せる】プラスの要素にして・作業の最終的には、チームでやるより「見違える綺麗さ」にしているのが、
佐野清掃の床洗浄作業の「洗い」になります。

これが綺麗にできる!!

《拘りのやり方3選》床洗浄 解説

少数で行い・その方が綺麗になると言った佐野清掃の「こだわりの作業方法」とは、いったいどうゆうことなのかを、ご説明し解説していきます。

こだわりのポイントは三つ

作業の「毎回」洗剤を”先に撒いて塗り込むこと”

床に洗剤を”散布”して塗り込み、汚れに「反応させること」は当社の作業では必須の工程です。

まず一つ目の・綺麗にするための拘りに・【洗剤の効果を最大限生かす】とゆうことをしています。

この洗剤を前もって先に塗り込むことを、床を磨く作業では「毎回」行っているのですが、これをやることで・作業の全体的に「とても良いと」ゆうことがあります。

それは何と言っても、

  • 床に対して・深く磨いた洗浄ができる
  • 一段と深く「均一に」磨けること

ということがあります。

そしてその次に、これをやれば「仕上がりが良い」とゆうその理由には

  • 機械で磨いた「洗いムラ」と言われる・洗浄跡がない、失敗がない仕上がりに・なることです。

これが「先に洗剤を塗り込む」ことで、総合的にとても良いとしている、決定的な理由です。

作業の流れ的にも・とてもバランスが良くなり、これをやることで、次に行う工程の・床磨き機械ポリッシャーの・磨き作業には「水かお湯」だけで間に合い、水を加えた機械磨きを「洗剤と床の状態で」どのくらいでやるかの、状況判断ができ、
「床の落ち具合がよくない」場合には、更なる洗剤の追加などの・その工程の「具合をよく確認して」作業を進めることができるのが、この塗り込みをやる最大の良さです。

  • 汚れを浮かせるのと磨くのを「分けて」やること

その床を最初に見たときから・そんなに汚れてはいない「綺麗だったとしても」全体的に深く・均一に磨く観点からも、このやり方を一貫しています。

合わせて、このやり方を一度ではなく≪落ちきるまで≫やること、も重要なことです。
汚れは段階で「段々と落としていく」のですが・軽い汚れを落としてから「より一層段々と深く」洗って落としていくのが、確実で失敗のない床磨きのやり方と、弊社ではしているのです。

  • 洗剤の効果を「見て」機械で落ちたのを「見て」確認しながら行うのが「汚れ落としのコツ」

ここの欄であるポイント1の画像では、少々分かりずらいですが・床に噴霧器を使い・洗剤を床に散布して撒いたところの画像です。

一階部分・出入口前廊下の・作業している一コマなのですが「画像左上辺りに」出入口マットが敷いて設置してあったのが「マットの跡で」見て分かるお写真です。

ここで説明している・洗剤を塗り込むことで深く洗い、
このマットの跡を消せるくらいの洗浄が「できるかどうかが」綺麗になったかの「目安になる」基準とも言える、床洗浄の「磨き洗い」になるのでご参考ください。

洗剤成分を落とす【リンス洗い】を”いつも必ずやること”

強い業務用洗剤の”滑り”「残りのベタベタ」は・ちょっと拭くくらいでは・落ちてくれません。

次に、しっかりとした「洗浄作業を行い」丁寧に磨き上げた床面には・汚い色をした、ものすごい量の汚水が、溜まっていることになるのですが、

  • この汚水は一刻も早く「かっぱぎか吸水バキュームで」手早く回収してしまいます。

汚水を回収したら・その後のやることに・弊社の拘りの作業「リンスすること」があります。

佐野清掃のやり方の拘りで欠かせないのが、
床を洗浄して磨いたあとは必ず、洗剤分を落とす中和作業「もう一度洗う」ことを、いつもしていることです。

これをいつも必ず行う理由には
自分の汚れた手を洗う時には・爪の間などもよく揉んで「ヌルヌルを洗い流す」はずですが、

  • 床の洗浄作業でも同じことの、考えと理由です。

業務用の強い洗剤を使い、磨いて汚れを落とした・その床面に残って汚水に含まれている「洗剤成分は」かっぱぎなどで、汚水を回収をし、次に「一回くらい拭く」くらい

  • 「それだけのことでは」落ちないことと、何回も施工を行った経験で、そういった結論をしています。

これを解決する意味で・弊社の床の洗浄・洗いでは、洗剤の滑りを落とす「すすぎ洗い」リンスでもう一度洗うとゆうことを、必ず毎回実施しています。

このリンス作業「すすぎ洗い」をしっかりとやれたことの効果で「すぐに」分かるのは、この後に行う拭き上げ作業が「格段にスムーズになる」ことです。スムーズになるのとは

  • 「モップがすぐに汚れを含んでしまう」ことがなくなることです。

また拭いた後に・作業の最後に行う「仕上げのワックスがけ」の時にも・ワックスの食いつきかたや、のりかたが・すごく良くなり、ワックス自体の「もち」耐久性も上がります。

このたった・リンス洗いを確実にやることでも・基本的に毎回やるようにすれば、その効果と「そのメリット」は、良いことばかりなのを「絶対に言える」弊社とっておきのやり方なのです。

仕上がりがとても良くなる・このやり方はお客様と「行った作業員にも」作業全体でみた効果が「とても実感できる」とてもいいやり方なので、やったことがない業者さんは是非お勧めします。
リンスをするとゆうことの、良さをご説明しました。

汚れに「打ち勝つ」洗剤量を”使いこなした洗浄作業”

全体を「深く均一に」磨いて洗浄すると・マットの跡の白く抜けたのが、消えてなくなりました。

洗剤を「前もって床に」つけてからポリッシャーを使って磨き、汚水を回収してから更にまた「すすぐことのリンス」をやる、当社独自のやり方をここまではご説明しましたが、
この次に言うのは【経験の拘り】になります。

この記事をご覧いただいている皆様は、床を綺麗にするのに「何が一番大事か」お分かりになりますでしょうか?
綺麗にする上で何より大事なのは、清掃する機械や道具などではありません。

一番大事なのは

  • 洗剤をいっぱい「使えるかどうか」であります。

ここの前にご説明した通り・弊社「洗いの」床洗浄作業には、洗剤を撒く・リンスをやる・で分かる通りに「水をたくさん」使います。なぜ水がそんなに大事かと申すと

  • 洗剤や水を使う・量こそが・汚れの「落ち方に直結する」からです。

綺麗にしたければ「それに打ち負けない」洗剤の・絶対落ちる量を使うこと「こそが」綺麗にするための必須条件と、長年この仕事をやってきたことの経験で言わせてください。

  • いっぱい使うという概念は、コップ一杯ではなく「バケツの一杯」です。

バケツいっぱいの水を”ただ撒けば落ちる”ということでもありません。

  • 洗剤を”動かして汚れに付着をさせる”ことが、使いこなす動きの「目的と意味」です。

洗剤や・水そのものを・使いこなす意味を更に掘り下げて言いますと、こういうことになります。

  • 撒くだけでなく・床にある洗剤を「動かす・湯がく」をして色の変化など、洗剤の状態を見る
  • 洗剤や水は・回収して「リンス」をするのを・分かっていても・ギリギリまでの「洗剤量を使えること」こそが・綺麗になるならないの、使いこなす考えの原点
  • 水は途中で「過程の段階で」乾いてきてしまうのもあるが【乾かないように】やり切る、作業全体の・水の全体管理ができた作業が・洗剤の”いっぱい使いこなすこと”

洗剤を使いこなすとはを、ご説明すると、こう言うことになります。

ここで言った使いこなすことを、まとめます。
仕上がりの良い床にするためには「質の高い洗浄作業」をする必要があるのですが、質の高い内容には「洗剤を多く使うこと」が必須条件になり、洗剤を多く使えばリンスもやるための「水量も」大変多くなります。
※一概にリンスで必要とする水は、洗剤で使う量の「最低三倍以上」と言われます。

これらのことを全て分かり・作業の始めに「全体予想をつけること」ができなければ、洗剤を使いこなした作業は「到底できない」のです。厳しいことを言うと、初心者には少し難しい【経験があっての】やり方になります。

  • 洗剤を撒く・リンスをするのに加え・洗剤を”多く使う”といった、拘っていると

ご説明した、ここでの内容は熟練者向けなのを、言っておかなければなりません。

最後に、ここにある画像のご説明をいたします。
ポイント3の画像では、先のポイント1で「くっきりと映っていた」マットの四角い跡になっていた汚れが、消えて落ちているのが分かります。

これはマットの跡・白くなっている部分以外の「回りの広い部分の」汚れてしまっている床を、マットのあるところの「白い色に合わせ」周辺も含め・全体的に深く「均一に」洗って磨くことができたから、この様にマットの跡がなくなりました。

ここでご紹介した作業をやることができれば、マットのような「物の跡」に対しても・色を合わせ「深くで合わせた」綺麗さになり、やることの最大のメリットは・その回りの「床全体の黒ずんだ」汚れに対しても・合わせて「一石二鳥で落とす」ことができる、とゆうことが言えます。

ここまでご説明したやり方は、佐野清掃が「経験から学んだ」拘りのやり方でありました。

この記事のまとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
当社の床洗浄についての「あり方」と・丁寧に綺麗にしていると言った・うたい文句でいつも言っている「そのやり方」清掃方法について、解説させていただきました。

最後にご説明したことを、おさらいしてまとめます。

当社・佐野清掃はどの業者様よりも「丁寧に手の込んだ」床清掃の、洗浄作業をしています。

  • 手の込んだ作業の根本の「考え方には」少ない人数で「じっくりと」作業をやることと、していることです。

これをやることで「作業工程の全部がしっかりに」できるようになるからです。

作業内容で・じっくりとは「どんな」作業をしているのかには、三つの拘りがあります。

  1. 洗剤を先に塗りこんで・汚れを浮かすのと磨くのを「分けている」ことです。
  2. 洗って汚水を取ったその後に・もう一度洗剤成分を落とした「リンス洗い」をしていること
  3. 汚れ負けしない・それが落ちるために「絶対必要な洗剤量」を使って、水そのものを、使いこなせる作業をしていること

以上のことについてを詳しく、お伝えさせてもらいました。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

恐縮ながら、佐野清掃で床清掃を行った場合の、清掃金額をご案内いたします。

ここでは当社・佐野清掃が床の洗浄作業で「一日作業をした場合の」金額の目安を、お伝えします。

  • 床材・作業内容などで、実際のお見積りする確定金額は異なる場合、があります。

お問い合わせの時点で「仮の料金は」お伝えができますが、正式に料金を確定させてもらうためには「作業現場を見て」からになります。

弾性床・洗浄一日作業
ハードフロアなど洗浄 機械磨き 「基本料金」
※作業前後の準備の移動費や駐車場代など
22,000円
1H 2,000円×8H 「作業時間料金」
※作業日の”仮の”作業時間です
16,000円
使用する洗剤分など非課税分 「消耗品費」 3,800円
一律10% 「事務手数料」 3,800円
清掃金額合計 45,600円

*ここに記載をしたのは、あくまで一例です。

*当社の清掃金額は・基本料金・作業料金、どちらも税込みです。

*基本料金に、作業前後の準備段取りなども、含まれています。

*弊社のやりようの事情もしくは現場の状況などにより、または綺麗にするためあえて日数をとり、二日間に分けるなどの作業日程に、変更する場合がございます。

*日数を分けて作業にあたっても料金の変更はございません。

この次にお読みいただきたい
情報記事

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています
ぜひご一読ください。
※ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

清掃についての疑問や
佐野に聞いてみたいこと・ご質問は
随時、受け付けています

当社はご相談してもらうことに、お金はお取りしていません。

  • お電話やメールで「何回聞いてもらっても」相談料金などはかかりません
  • 電話の場合は通話料金、メールからの場合は通信料金が別途でかかります

簡単なご質問や・金額を聞きたいでも、ぜひお待ちしております。

『ご相談・ご質問は毎日受付

★お電話ならすぐにご返答★
042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

ホームページ作成者

資格・経歴
  • 2010年 ビルクリーニング技能士一級 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • オフィスビル・商業ビル、作業所長 責任者他・役職任務歴任
  • 2013年 佐野清掃・開業

ホームページでは・当社でしか載せれない「清掃情報」を記載していきますので、励みになるご意見をぜひお寄せください。

アクセス|営業情報

会社所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
※京王線調布駅から徒歩で20分
※敷地内に有料駐車場あり

アクセス
即日対応ができます

お客様の聞いてほしい・何とかしてほしい希望に、即対応できるよう準備を常にいたしております。

一都三県に対応可能
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域以外でも対応できる場合がありますので、お問い合わせして確認をしてみてください。

土日祝・夜間にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付をしております。
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでご相談

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。