剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

【塗り込みとは】剥離にある超重要な作業工程

2024年2月29日
文章修正

今回お話しするのは、剥離作業の肝心な部分。

失敗できない重要な作業が『塗り込み』

床清掃を看板にした佐野清掃で、依頼が多いのが剥離洗浄

剥離についての経験はどこよりもしてきた、佐野清掃が語る【剥離の重要な部分】

塗りこみについての解説をいたします。

 塗りこみというのは言ってしまえば「剥離剤を撒くだけのこと」ではあるのですが、この工程にある意図は、剥離をうまくいかせる 円滑に進めるための「かなり重要な」意味合いがあるのをご存じありますでしょうか。

作業をする中に用いる「剥離剤」を、どういうふうに使って どうやって戯れていくかは、ワックスまで根こそぎ剥がすこの作業にとても重大で、間違えたら行う先々の工程全部に影響してくる、失敗の許されない作業が「剥離剤を塗り込むこと」になります。

剥離の塗り込みとはどんな工程なのか

よかったら最後までご覧ください。

塗り込みができづらい現場

床に剥離剤を撒く塗り込みは「できない場合も」あるのですが、その現場だけにある建物上
のことは完遂するうえで重大になりかねないので、必ずお話しするようにしています。

塗り込みができづらい床は、こんな条件の床です。

  • 床が傷んでいて、入り込んでしまう
  • 床が傾斜していて、量が撒けない
  • 壁面に巾木がない造り、養生ができない

塗り込みは責任者がやるのが【推奨】

塗り込むこととは

  • 専用モップで剥離剤を撒いて、塗り置きすること
  • 浸透させていき、ワックスを液状にすること
  • ワックスと剥離剤を密着させ、反応をさせ溶かすこと

どれくらい落とせるかが 後まで響いてくる
手作業でしか行えない、剥離ならではの作業工程。

剥離剤は、撒いて反応するときが一番滑る

何を当たり前と、塗り込みはなめていると 滑って転んで怪我をします。

 剥離剤を撒いてみると分かりますが、まともに立っていられないくらい滑り・氷上みたいにとゆうとそうなのですが、予想していない滑り方をするのが塗りこみにある“超”危ない部分です。

 ワックスを落とす剥離では、剥離剤を撒いたら汚れのように黒い汚水にはならなく、白いヘドロのような汚水になります。ワックスを落とすのですから「白い汚水」になるのは想像つくかと思いますが、床にのっている軽い汚れは雑魚と言わんばかりに、深く入って食い込んでいこうをするのが剥離剤。
頑固に貼り付いたワックスに対して 染み込ませるために使うのが剥離剤で、古いワックスを落とすために想定した量を「よく塗り込む」のです。

 作業員は現状ワックスの厚みに負けないように 剥離剤を撒いて塗りこんでいくのですが、この時の状態がものすごく滑る状態。これのどのくらいは とにかく滑るとしかないのですが、立っているのがやっと「予想外に後ろに転ぶのは避けるように」モップの柄をうまく使い
三本目の足になるように体を支えて、作業をしていくのです。

ここが剥離の独特で危険がある、一般の人では分からいところ

塗り込みにある大変なところになります。

滑る中でも効いているか、具合を確認する

撒いている中で落ち具合の確認が、塗り込むには求められます。

 効果の確認なんてできるのは、責任者クラスになろうかと思うのですが、滑る中でも「濃さはあっているか」「量は足りているか」「予想と違わないワックスの厚みかを」確認する

必要が塗り込む中にはあって、これができる当事者(責任者だと)剥離作業の全体がうまく進み、塗り込みは剥離作業の全体を想定して確定させる、全体を掴む工程としてもあるのです。

 そして、撒くのを行っているはずの「責任者」は、その段階で、ここの現場はどのような「ワックス状態で」どのような剥離をすれば、よい進め方になるのかが分かってくると思います。これを意図としたのが「責任者推奨」と言ったことで、塗り込みにある重要なところは

撒いて状態を知り、分かる確認をして、後の作業に繋げる役目を持っているのです。

溶けた感を体感でき・塗り込みに最適なのが【モップ】

塗り込む道具は「専用にしたモップ」でいいと思います。

 とゆうかモップが一番いいと、使ってきての感想。モップの房なら水をよく含んでくれ扱いやすいは、「だから一番使いやすいのはモップ」という明確な理由なのです。水が撒ける他のスポンジの類で塗り込もうとすると、かなりやりづらく
水をよく含んでくれ「塗り広げる」ができるモップは、剥離剤を撒くことにおいては一番使いやすいとなる
これは、いろんな道具で・いろんなやり方で塗り込んでみて分かったこと。

モップが一番という

 使う良さは撒くだけでなく、ついでに落とせる動きができるからにあり、撒いて動かしながら「擦って湯がき落とすような」よく落とすための動きができるのはモップだけになろうかと、行き着いた結論

モップでの塗り込みなら 房という毛を動かして、剥離剤が入っていくような「より付着を促進させる」働きができ、塗り広げながら落とせ、ついでに落とせるからモップがいいと言う

剥離剤にある効果を浸透させるにとって、適した道具がモップ。モップなら撒く中で具合(効果を)体感することができ、塗り込む量も調節ができる、これができるのはモップだけになります。撒くだけだったら他の道具でもできますが

動かしながら重いや軽い「効きがいいなんかが分かるのは」モップだけ、人の感覚で掴め
★分かって確認できるのがモップになるから、だからモップがいいのと見解してみて

モップにある便利性とは、剥離剤を撒くことに関しても使えるのです。


注意点に『周りに注意してと』言います

 剥離剤を塗り込むときはかなりの量を使い、大量に使わなくちゃいけない剥離作業です。一般的な汚れを落とすのと異なり「ワックスまで根こそぎ落とす」作業ですから「ちょっとやそっとの剥離剤じゃ」落ちてはくれなく、量をいっぱい使わなきゃいけないのは、それが剥離作業にあるお約束

頑張って浸透させようと「どんどん撒いていくその中でも」、流れる剥離汚水を常に確認、行き着いて付着する周りへの配慮は必ずして、大量になる危険予測をできてやるようにしてください。古いワックスが溶けづらくても撒きすぎにならずに、床と周りへの安全に気を配りながらやるのは、塗り込みの難しいところになります。

 分かっている人の撒き方にあるのは、作業床の全体を「真ん中とすみで」分けて考えていることがあり、これは床を磨くポリッシャーは「丸い」ことを考慮して、すみは別口に捉えあえて「外すような」撒き方をする、捉え方があります。床の角「壁際なんかは」ポリッシャーの洗浄面が当たってくれなく

★部屋のすみの方はどうせ手でやらなければ落ちないから、進め方の効率として

すみは乾かないように、剥離剤で濡れた状態に最後までとっておき、真ん中がほとんど落とし終わってからすみを、「落ちやすい条件になって擦って落とす」美味しいのは後で食べるみたいなやり方を、上手い人はよくします。

塗り込みがバッチリだったら 作業全体が楽になる

塗り込みは剥離全体をうまくいかせる、カギになる工程

 だと、何回もやってきた経験で伝えさせてもらい、これのなんでは、剥離作業自体は「溶かして落とす」のを根本とした作業になるから。後に行うポリッシャーなんかよりも

撒いて浸透させて・ある程度落とせるこの段階が剥離においては重要になる部分
最初の剥離剤が床に触れる時が、何を言っても剥離には大事な部分と言えるのです。

ここを読み違えてしまうと

  • 手作業で削る作業が増えてしまった
  • 中々溶けなく時間ばかりを食ってしまった
  • 最悪は作業が終わらなかった

このようなことがありうるので、塗り込みは慎重かつ大胆にもやる必要があり、それをするためには・技術ある責任者の よく現場を知り尽くした、知識と経験が求められるのです。

まとめます

剥離において超重要な作業工程が「塗り込み」になります。

 この工程は剥離剤が床に最初に触れることをやる作業で、落とすべき古いワックスと
剥離剤を付着させることが目的のとても重大な工程になります。

重大なのは撒く意味だけではなく、剥離剤の効き具合・落とすべきワックスは「予想通りとなっているかの」確認をして、さらに作業全体まで掴む必要が求められるから

だから責任重大と言う作業が「塗り込み」になります。

この工程は普通の作業員ではなく、責任者がやるのが推奨の工程になり、剥離をちゃんとわかった経験ある人がやってほしい工程になります。技術ある作業員が

「確実に見て分かった進め方」「予想をつかせる確認のための塗り込み」をすることができれば、行う剥離全体がうまく進むようになり、そういかせるため カギとなる工程が塗り込みになるのと見解をし

清掃業の筆者が話す『塗り込みとは』でした。

お読みになってもらいありがとうございました。

 

剥離剤を熟知してから作業に臨んでください

佐野清掃がよく使う剥離剤:リンレイ「ギガジェット」

――取り扱いに関する注意・説明書きをよく読んでから、使ってください。

剥離剤は強いタイプが結局いいと、佐野清掃では思っていて

これをもうすのは、剥離自体が「落とすのが一番の目的である」清掃作業だからです。

化学薬品にあたる剥離剤は近年ではいろんな種類が出ていて、昔よりかは「使いやすいを」謳った製品もありますが、剥離作業とゆう根本の目的「落とすのを」想定する使い方をするなら、弱めの落ちが悪いのよりやっぱり強いタイプがいいと、佐野清掃にある意見です。

 製品性と合わせ希釈はどれくらいにしたらいいかと、よく聞かれますが、これには現場の落としたい汚れ(ワックス)によってと「答えるしかない」曖昧さがあり、作業に携わらないと答えられないと伝えるのは、剥離作業にある特殊性に、剥離剤の濃さは作業する中で変わってくるのがあるからと、知っているからそうなるのです。

床を剥離するのに大事なのは作業経験と、使用感が分かっていることがあり

昔からある剥離剤であったら「希釈倍率は5倍」が一般的だったのですが、今はいろんな種類があって一概に「こうやって使って」とは★言えなくなってくること

実際に使用する濃さは、現場の条件状況によって異なってくる「濃さ」があるのは、それが本当の剥離作業ともうさせてもらい、剥離剤のこれがいい、剥離作業の「落ちがいい」使い方については、使う人が勉強をして使ってもらうのがいいと思っています。

剥離剤の使い方・濃さについては、買うところやメーカーにちゃんとした説明と現場を考えたうえで、それから使うようにしてください。

佐野清掃とは品質重視、必ず綺麗にするポリッシャー清掃が売り

看板となるサービスは2つ

どんなことをやるのかぜひ ご確認ください!!

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。