東京都調布市で店舗・オフィス(事務所)の

床清掃は 佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
調布駅中央口より徒歩20分/駐車場:建物敷地内に有料パーキングあり

お気軽にお問合せください

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00(年中無休)

剥離清掃の作業前に
【知るべき危険とされる】注意点

ご覧いただきありがとうございます。
作成者の佐野です。

この記事では剥離清掃を行う上で「必ず前もって」考えなければいけない

  • 危険とされること

についてお話をさせていただきます。

この記事について

お伝えするこの記事の作成者・佐野清掃、佐野は剥離とゆう作業については
とても多くの現場と・作業条件を経験・してきました。

剥離とゆう清掃はやれば「やはり」綺麗にはなります、がしかし綺麗になる分だけの「危険リスク」も・存分にある作業であるのを、
改めてお伝え申したく、この記事をお作りしました。

簡単にできないのが「剥離作業」

最初にこの記事でお伝えしたいことを申します。

  • 剥離洗浄清掃には大変リスクがあり気軽に作業はできません。

弊社は他の清掃業者様と違い・剥離といった特殊な清掃を専門にやっていて、剥離については「どこよりも圧倒的な経験」があります。
またそれを「売り」にしているのもあり「剥離」の事も大変よく聞かれ、お問い合わせをもらい「聞かれる事」に大変ありがたく、感謝は申し上げるのですが、やはり言わなければならないのは、

  • 難易度の高い剥離作業を簡単にはできません。

​とゆうことです。

剥離は、建物内の・外ではないところで・絨毯などの毛の床以外の、いわゆる普通に見かける・張り物のクッション床で「総称してハードフロアと呼ぶところ」に作業はでき・やれなくはないのですが、

やるには「やれる基準」を満たさなければならない・条件・があります。

  • その条件をクリアできなければやれません。

その条件とはなにかをお伝えし・危険とされることについても、解説していきます。

剥離をやるために「一番大事なところ」を解説します。

失敗しないための段取りこそ
この作業自体の”メインのやること”

だいぶ黒ずんだ、元は白い色の床

剥離剤を思いっきり使いたいですが、備品や回りの「床以外の安全」も想定すること

剥離剤を床に撒いた状態

備品なんかは「どかして作業」しないと、強い剥離剤は「超危険」です。

剥離のことを全く知らない人のために改めて、剥離洗浄作業を簡単に説明すると、

アルカリ度の一番高い洗剤に

  • 更に溶剤もプラスして入った「強アルカリ洗剤」を使って
  • それを床に多量に撒いて行う作業

それが剥離なのです。

行うのに・危険度がとても高い作業・であることから、普通の定期清掃などとは「注意するところ」が大きく違ってきます。

普通と大きく違うという・この作業ならではのところは、

  • 作業にかける時間
  • 水の使う量の絶対量が多いこと
  • 床のいたわりの配慮(傷めないか)
  • 床以外の周りの作業環境への配慮(床に付随するところ)

が大きなところになります。
この作業するにあたっては、単に機械を使ってやる洗浄作業よりも「より一層の注意」が必要とされます。
やる前に「危険かも」を、先に予想できる経験値も不可欠になってきます。

作業の仕上がりの「総体的に」一番重要なのは・やり切れるかになります。

  • 洗浄した後の床材の状態(ワックスを塗る前)にどの程度の仕上り

を想定できるか、どれくらいの「下地」を出せるかになり、その下地をだす事とは、落とさなければならない・汚れ黒ずみを

  • 【完全に落としきり】剥離剤成分の残り「滑り感」までを完全除去できるまでの
  • 時間を取ってはいるのか、または取れるのか。

になり、この事が、本当に重要です。

「失敗をしない剥離清掃をするには」事前に考えることと、決めなければならないことが、やることの重要度より高くあり、
・この事前準備を万全にやらなければ・できない作業なのです。

そういったことが、

  • 剥離は「大変で特別な作業」といったことを誰が言っても、そう言っているのです。
  • まさに清掃屋さんの「極み」と言えるのが剥離なのです。

作業をするのに・しなければできない・必須の準備には三つあります。

  • 作業現場を「ほぼ何もない」状態を作れるか

  • やれる床材で「ある」のか
  • やりきる時間と「環境はある」のか

剥離をやるにあたっての絶対条件はこれです。

この条件に少しでも不安があると、剥離はできないとゆうものになるのを、恐縮ながら・改めてお伝えしご理解してもらうのをお願いします。

【作業したら分かる】三つの
前もった予測が求められる注意点

作業で「普通に洗う」洗浄するのとは・大きく違うのが剥離・ではありますが、実際は
【何が違うのでしょうか】このことについて解説いたします。

剥離ならの注意することには大きく挙げて三つあります。

  • その効果の強さで手の肌や「塗装の色まで」落とす注意

剥離剤とゆうのは・本当に強いです。
どのくらい強いのかと言うと「直に触ったら」肌もボロボロになる強さです。

剥離剤には【溶剤が入っていて】この溶剤が、床に染みついた古い固着した汚れに・入っていくのですが、この溶剤分が【本当に強いのです】手について「すぐよく洗い流して」洗ったとして、時間を置いて一日経ったとしても・まだ残っていて・手の肌が「ボロボロと」取れてきてしまうほどの強さなのです。

  • ”作業現場が氷上と同じ”くらい「滑るため」要注意

剥離剤を使った作業と言ったら・なんといってもこれです。

ワックスを落とす意味での剥離ということもあってか、このことについては、だいたい皆様・分かっていることだとは思うのですが、言うことに欠かすことができないのが
足元がツルツルに滑ってきて「大変危ない作業なのが」剥離とゆうことです。

滑ることを具体的に言うと、剥離剤とワックスが密着して「反応した時に」この・滑る状態に・なるのです。
その現場にワックスが「余りない状態の床」であったなら、この滑ることはない、のですが、ワックスが塗ってある床自体「そのものは弾性床」であるため、
何らかの保護剤は・してある・と想定をして「剥離剤を撒けば滑るもの」と考えてしまう、その予測に越したことはありません。

  • 多量に出る剥離汚水で床の周りも汚してしまう

剥離洗浄とゆう作業をするのには「水をいっぱい」使います。

  • 大きい15ℓ位のバケツで「何杯も」使うのは当たり前です。

狭い部屋であろうと、そこに・バケツ満タンに入った水をひっくり返す・くらいに使ってやるのが、この作業になります。

これくらい水を「ぶん撒く」のを想像してみれば分かることだと思うのですが、

  • 水は広がって流れていきます。

この剥離の作業で注意しなければならない、忘れてはいけないことには

  • 流れていった「汚い剥離汚水が」床以外の巾木や・その場所の扉といった
  • 「他のところを」汚してしまうところです。

このことを分かっていれば・養生をする・作業員の剥離剤の付いた靴を履き替えさせる、などのことはするのですが、その現場がどのような現場で・そこをどのような工程に分けて「どのように進めていくか」によって、
この【周りの建材の配慮】が・どれだけに・できるかが決まってくる、考えなくてはならないとても注意することです。

剥離をして落ちない汚れも
”最初に知るべきところ”

コーテイング剤が残り剥離剤に反応して白っぽくなってしまった床

剥離をしても落とせない汚れもあります。

  • ワックスではない、コーテイング剤

コーティング剤には「シリコーン・UV・ガラス、他」がありますが、これを施してある床は剥離しても落とせません。

  • 床の色が変わった・変色した汚れ
  • 焼けている汚れ

焼けている汚れとは・重い物が長年「置かれてしまった跡」なんかになります。

剥離しても・効果がない落ちない汚れが・あるのを最初の段階で知る必要があります。

補足:剥離でも落ちない汚れには、

  • 「力を加えた」硬いやすりなどで「削りながらのこすり」

傷をつけて落とすことの方法になり、そのような作業は「清掃作業の」仕事とは違ってくるため・できない作業になり、残ってしまう汚れとなります。

この記事のまとめ

ご覧いただきありがとうございました。

剥離清掃の作業前に考えなくてはいけない「知るべき危険とされる注意点」について、お伝えしてきました。

最後にもう一度言うと剥離は「簡単でない」作業だということです。
この作業はやり方を聞いた・知っている・程度では「やめておいたほうが」いいと絶対言います。

  • この記事で申した通り「清掃屋の極みに近い」作業だからです。
  • 全ての機械洗浄に関わる工程を「最低できなければ」剥離はできません

経験こそ「全て」になってくる剥離ですが「じゃあその経験はどこですれば」とゆうことになってくると、かなり難しいことになってきます。

  • 清掃屋さんに就職してしまう

のが言ってしまえば「手っ取り早い」のですが、そんな人さまの生活設計や「人生のこと」までは言うことはできません。

剥離を「覚えたい・やりたい」は清掃業ではない方には・やっぱり諦めてもらって・剥離については業者に任せるのが、どう考えてみても賢明です。
やったことがない人が、やれる可能性はゼロではないですが、どう考えても「そうゆうものではない」結論になるくらい難しいのが剥離であるからです。

ちょっとした個人で洗ってワックスを塗るのと・剥離をする・のは別次元で・難易度は全く違って「格段に跳ね上がり」清掃をちょっと知ったくらいでは、
剥離は到底できないものだとご理解をしてください。

恐縮ながら剥離についてのことは「ぜひ当社に」お聞きしてみてください。
佐野清掃には「剥離をこなしてきた場数」経験がとても多くあります。
素朴な疑問などを随時受け付けています。

過去の情報記事をご案内します。
弊社がやっている清掃活動がお客様の清掃やる上での知識になれたら幸いです。

この次にお読みしてほしい情報記事

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

佐野のプロフィールが載っています。
剥離について知らない人向け
フローリング剥離を作業解説
佐野清掃の疑問・よく聞かれること

清掃についての疑問や
≪佐野に聞いてみたい事・ご質問は≫
随時、受け付けています

当社はご相談してもらうことに、お金はお取りしていません。

  • お電話でもメールでも「何回聞いてもらっても」相談料金などはかかりません。
  • 電話の場合は通話料金、メールからの場合は通信料金が別途でかかります。

簡単なご質問・金額を聞きたいでも・ぜひお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

佐野清掃|営業情報

ホームページ作成者
代表 佐野 直人
資格・経歴
  • 平成22年 ビルクリーニング技能士一級 資格取得
  • オフィスビル、商業ビル・作業所長 責任者 役職任務歴任
  • 平成25年 佐野清掃・開業

ホームページでは・当社でしか載せれない「清掃情報」を記載していきますので、励みになるご意見をぜひお寄せください。

住所・所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
京王線 調布駅から徒歩20分

アクセス
即日対応ができます

お客様の聞いてほしい・何とかしてほしい希望に、即対応できるよう準備をいたしております。

対応可能エリア
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域以外でも対応できる場合がありますので、お問い合わせして確認をしてみてください。

土日祝・夜間作業にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付をしております。
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでお問い合わせ

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。

公式Twitter

佐野清掃は「Twitter」でも最新情報や日々の日常をお伝えしています。
ツイッターでつぶやくことはホームページには載っていない
【仕事とは関係のないことを】配信したいと思っています。
良かったらぜひご覧ください。

Twitterに関するお問い合わせ

ツイートへのご質問もできます

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

ホームページ更新情報