東京都調布市で店舗・オフィス(事務所)の

床清掃は 佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
調布駅中央口より徒歩20分/駐車場:建物敷地内に有料パーキングあり

お気軽にお問合せください

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00(年中無休)

タイルカーペット清掃の「実情と」
現状で残っている”土砂汚れの問題”

ご覧いただきありがとうございます。

冒頭からすみませんが・この記事で言いたかったことを、もう言ってしまいます。

タイルカーペットとゆうのは、
現実には「すごく」汚れています

えっ そうなの…

どうも皆様お世話になります。この記事の作成者・佐野清掃、佐野です。
ご覧いただきありがとうございます。

この記事でお伝えするのは

オフィスビルなどの床にあって主にビルの中で使われている・タイルカーペットは「実はかなり汚れている」ということをお伝えしたいが ために この記事を作成しました。

タイルカーペットとゆう「素材そのものの こと」床材として使われることでの・維持管理などについては、タイルカーペットの良さと清掃方法の記事にに記載がございますので、そちらも合わせて ご参考になってもらいたい のですが、ここで申し上げたいのは・要約をしてしまうと、「タイルカーペットは実は汚い」ということのお話であります。

まずお話しの始まりに、佐野が清掃屋として理解をしている、タイルカーペットの歴史みたいのを「分かってる範囲で」お話しさせてもらうと、
タイルカーペットは昔はそんなにも「幅を利かせては」いなかったのです。

そのひと昔前はビルの「共用通路、廊下、階段など」と言えば、だいたいは「Pタイル」と言われるクッション床で、その床自体は「床に貼る 張り物の床」でありました。

清掃員というのが・昔からの仕事であった佐野は、この Pタイルとも 毎日毎日向き合って「にらめっこ」をしていて、このPタイルに付いてしまっている・埃や汚れ・と自在紡機やモップを手に「日々格闘をしていた」のも、今ではとても懐かしい思い出です。

そんな昔の「ビルと比べて」今のビルの床は、Pタイル自体が「だいぶ少なくなり」今流行りの新しいビルなどで目にするのは・カーペットが基調で、
Pタイルがあるのは トイレ洗面 給湯室の「ほんの一部分にだけ」になってしまい、今のビルでの維持管理「日常清掃のやり方も」昔とはだいぶ違い「バキューム清掃が中心のやり方」になった・バキュームというのが組み込まれている・パターンでの清掃が多くなりました。
いろんな面で「昔とは」ビル自体の日常清掃が、だいぶ 様変わり をしました。

絨毯や・毛の床なんて・昔は「お偉いさんだけの場所」という、その発想自体が もう古い 考え なようなので、佐野清掃としましても・その新しい波に乗って「時代 時代で切り替えて」やっていくしかない・いかなければと、決意を新たに前進していきます。

タイルカーペットには「何と言っても」
”バキュームで清掃すること”

時間をかけた掃除機掛け「こそが綺麗を保つ」

お話しの本題に入りますが、この記事をご覧の皆様はタイルカーペットの掃除とゆうことに・普段どれくらいのお時間を「使ってる・割いてる」清掃「掃除機掛けを」やっておられますでしょうか

  • 一時間か 30分 くらいでしょうか?
  • また「毎日ちゃんと」掃除機掛けができていますでしょうか?

申し訳ないですが、こんな事を聞いてしまうのは、タイルカーペットとゆう床材そのものが「汚れを溜め込む、巻き込む」素材であるから・聞くことであって・掃除機掛けることが大きく言って

  • それがとても”大事なこと”になるからです
  • タイルカーペットの日常管理の清掃方法として・最適なのは「一にも二にも」掃除機をかけること、であるのです。

このことは「嘘ではなく本当で」清掃業者の大きい小さい、ビルの大きい小さいに関わらず・タイルカーペットには掃除機をかけることの維持管理が「必須であり」また最適とされ、そのビルの契約して・常駐している清掃作業員には必須の作業工程で「ほとんど毎日」やっている、大事な清掃作業なのです。

この掃除機をかけることは、そのビルにある清掃契約「タイルカーペットの清掃管理・仕様書」でも”必ずうたい(回数や清掃時間が)明記して、その記載の通りに従事する”となっているはずであり、ほとんどの日常清掃の契約では「一般的なこと」なのです。

  • 常駐してビルにいる作業員もそのことを熟知して日々作業に当たっています。

契約内容に基づいて・その作業(掃除機をかける)ことの「研修と訓練」も受けていますし「いつもやる作業なので」掃除機を掛けることが自然と体に身についています。

作業員の方に「そのいるビルの掃除機掛けのこと」を聞いてみれば、その日の 一日に一回 この時間に・共用部分や専有部内のここを掃除機をかける、それが自分達の「持ち場」です。
そんな返答をしてくるのが・ビルにいる・清掃作業員です。

それではそのビルにいる方の・掃除機掛けの仕方や・作業内容とゆうのは「実際には」どんな掃除機掛けを、やられているというのでしょうか。

この次にご説明します。

残念ながら土砂汚れを「取りきれていない」
それがビルにある”タイルカーペット清掃の現状”

決めた・その時間だけの掃除機掛け・では無理があるのです。

では続いて・なぜタイルカーペットというのは、実は汚れていると言うのでしょうか。
ビルには常駐している清掃員がいて「毎日掃除機掛けをしている」とゆうのに、なぜなのでしょう

この答えは意外にも・考えてみればすぐ分かることなのですが、ズバリお答えを言ってしまいます。

日常管理にあたる・掃除機掛けのやってる内容が

  • 持ち込んだ土砂の汚れを取りきれてるだけの時間
  • 設定時間の作業内容では・到底土砂汚れが取れきれていないこと、からです。

想像をしてみてほしいのですが、
そのビルの掃除機を掛ける階(フロア)が「例えば3階の1フロア」だったとして・その3階で働いている人が「例えば100人は」毎日居るとしたら、

  • その3階の、エレベーターの前や出入口扉のところは、100人の「人の往来と出入りが」その日うちにあることになる、使用頻度の目安になります。
  • それだけの「100人の人が通った」土砂汚れがついてしまった・タイルカーペットを「一回かその限られた時間だけの」掃除機掛けで、取り切れるものでしょうか。
  • これを分かっていたとしても・汚いから「取り切れないから」と言って「そこだけ」その3階のフロアだけで「丁寧に何時間も」掃除機を掛けられるものでしょうか。

念ながらビルに詰めている清掃会社様の「カーペット管理の考え方では」汚れを見て決めた「設定時間になってはいなく」綺麗に取りきることは、物理的に不可能なのです。

このある意味で「しょうがない現実は」実際に作業に当たっている作業員が・決して悪いわけではなく、作業している人にとっては「実際には・土砂汚れを取り切れていない・こと」などを、考えている暇など あるわけでもなく、
その3階だけでなく他にも・やらなければならない作業が「まだまだ てんこ盛り であると」目もくれず、ひた向きに忙しくやられているのが、
ビル清掃における、タイルカーペット管理の「現状」なのです。

こうしたことが・問題の・原因の一つに挙げられ「頑張って掃除機をかけても」全然取り切れていない・持ち込まれた土砂汚れは 日に日に段々と 溜め込んでいって、床に留めてしまってること、そしてこのことを「致し方なく」指をくわえて考えているだけの現状

この現状こそがタイルカーペット清掃の「綺麗にならない切実な問題」となって・今のビルに入られた「管理会社様・清掃会社様」は、この問題と直面しているのです。

  • これがタイルカーペット清掃の「今のやれている現状」であること。
  • このことから、タイルカーペットは【実際には”かなり”汚れてしまっている】

と、少しだけ悲しい現実を言わさせてもらいました。

ここの記事でお話ししたことは、実際にお客様からの「とあるビルで聞かれた」実例のお話であり、この改善については弊社も・お話を聞いた会社様より相談を受けていて、時期に手立てを加える予定でいます。

ご紹介しお話ししたことは、タイルカーペットについての「維持管理をするうえでは大きな問題」とされていて、そこに立ち会ったビルの清掃会社や関係者様は「本当に頭を悩ませている」とても重大な問題であることを、お話させてもらいました。

この記事のまとめ

「綺麗にする除塵清掃」が・できるかが・そのビルの問題

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ビルにあるタイルカーペットは「実は除塵作業が追い付ていなく」とても汚れてしまっている
その現状と実情をお話してきました。

最後に・なんでこうなってしまったのかを、あくまで「佐野 独自の見解で」お話しをしてみます。

そもそも「掃除機を掛けるだけ」で済むとされているタイルカーペットは、綺麗に見える「だけの」床材で・実のところ、本当のところには

  • 「すごく綺麗を保つのが大変とされる床材」であった
  • ということが、知られていなかったのです。

最近のビルにいる関係者の人達は、このことを「知ってはいるのですが」ひと昔前で言うと・タイルカーペットはそんなにも「汚れる」「汚れを溜め込む床材」であったということに、

  • 「気づく人が余りいなかった」こと・そのことが影響して
  • 清掃し維持管理する側にとっては「後手になってしまった」

​そして こういったこともあるのに それに気づかずに・あっちこっちのビルでタイルカーペットが増えていってしまって・気づいたら遅かったとゆうのが どうしても否めなくあり、このことで そのビルでやる「日常管理を大変にしてしまった」
これがビルにある・タイルカーペットとゆう床材がもたらしてしまった、清掃することにある実情、ではないのかなと思っています。※あくまで独断です。

気づかなかった・その溜め込む特性のことを

  • 「知らなかった・分からなかった・気付かなかった」
  • ”だから今”「綺麗にする管理が大変」になってしまっている

これが現在に言われている・ビルのタイルカーペットにおける・関係者が取り組まれている 床材としての大きな問題 となっていて、今回はこのことを掘り下げ・取り上げさせてもらった、お話しと説明をさせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お役立ちページの案内目次へはこちらからお願いします。

  • よく目にする清掃機械のこと
  • 今さら聞けないタオルでの拭きかた
  • 資機材の注意すること、技術的なこだわり

などを、当社の経験に基づいてお話をできたらと思います。

ぜひお客様の日々の清掃にお役立てください。

この次にお読みしてほしい情報記事

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

佐野のプロフィールが載っています
タイルカーペットの維持管理方法など
拘りの床洗浄をお伝えする

清掃についての疑問や
≪佐野に聞いてみたい事・ご質問は≫
随時、受け付けています

当社はご相談してもらうことに、お金はお取りしていません。

  • お電話でもメールでも「何回聞いてもらっても」相談料金などはかかりません。
  • 電話の場合は通話料金、メールからの場合は通信料金が別途でかかります。

簡単なご質問・金額を聞きたいでも・ぜひお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

佐野清掃|営業情報

ホームページ作成者
代表 佐野 直人
資格・経歴
  • 平成22年 ビルクリーニング技能士一級 資格取得
  • オフィスビル、商業ビル・作業所長 責任者 役職任務歴任
  • 平成25年 佐野清掃・開業

ホームページでは・当社でしか載せれない「清掃情報」を記載していきますので、励みになるご意見をぜひお寄せください。

住所・所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
京王線 調布駅から徒歩20分

アクセス
即日対応ができます

お客様の聞いてほしい・何とかしてほしい希望に、即対応できるよう準備をいたしております。

対応可能エリア
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域以外でも対応できる場合がありますので、お問い合わせして確認をしてみてください。

土日祝・夜間作業にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付をしております。
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでお問い合わせ

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。

公式Twitter

佐野清掃は「Twitter」でも最新情報や日々の日常をお伝えしています。
ツイッターでつぶやくことはホームページには載っていない
【仕事とは関係のないことを】配信したいと思っています。
良かったらぜひご覧ください。

Twitterに関するお問い合わせ

ツイートへのご質問もできます

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

ホームページ更新情報