剥離清掃 床洗浄ワックス塗布 床清掃全般

品質重視の清掃業

佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1丁目11-1 1104
※京王線 調布駅:中央口より徒歩で17分
※駐車場:建物敷地内にあり(有料パーキング)
※一階部分が武蔵野市場

★お気軽にご質問ください★

――24時間受付――

☆仕事依頼は直接メールで☆

――当日返信――

メール アドレス
info@sanoseisou.jp

【考察】石床洗浄の特殊性

石床洗浄が特殊なところ

  1. 石につくのは自然現象の汚れ
  2. アルカリ洗剤だけでなく、酸性洗剤の知識も必要
  3. 専用となる洗剤だからか 金額が高い
  4. 石洗剤は取り扱いが超厳重、石でしか使えない

石洗浄を多く経験してきた佐野清掃が、石床洗浄の特殊性を考察

伝えたいのは
石を知ること洗剤を知ることが必要 なのが石洗浄

詳しくお話していきます。

1.石につくのは自然現象の汚れ

――石にはいろんな汚れが染み込んでいる

石床の特殊洗剤を用いた洗浄清掃は、条件や金額なんかで「とても難しい清掃」という結論があります。

石が特殊な決定的をお話しすると

 石というのは外にあって自然災害で起こる「雨風」に もろ影響をうけて、汚れが染み込み「入っていく特性」がある石になり、無機質な汚れに弱いのが石なのです。石という素材は硬質でできて硬いものですが

顔を近づけて細かく見てみると いろんな色があり

石というのは いろんな岩が合わさった形態をしているはずの、そういった素材で、拡大をして見た場合は隙間だらけになっている素材が石なのです。この隙間が厄介で

ある隙間に、排気ガスや土砂汚れ 油汚れなんかが染み込み、石そのものに入り込んでしまっている石が「それが一般的によくある石」というのであり、雨や泥水のほか

いろんな汚れが入ってしまっている石が、見慣れている「深い汚れの石」なのです。

石には天然と人工があり、清掃するにどっちがやりやすいなんて「一概にはない」ですが

素材に影響がある面で、天然の方が「荒れてくる」があります。水の影響が天然石にはあって、洗剤や薬品を使う際に「表面を荒らさないかに」要注意が必要です。天然でも人工でも「入っていく」のは同じ

放っておくと染み込んで落ちなくなる、深い汚れの石になってしまいます。

石の汚れとは深い

赤っぽく染み込んだ石 これは樹液の染み込み

石は調べなきゃわからない

2.アルカリ洗剤だけでなく、酸性洗剤の知識も必要

――石には酸性も使う特殊性

強い酸性は扱いづらい洗剤で、床を洗浄する作業でもあんまり使いません

それでも、石の洗浄には酸も使わないと綺麗になりません

 床洗浄で使う洗剤はアルカリ性の洗剤が殆ど。これを言う清掃で落とそうとする汚れというのは、「人為的に付けた」ついてしまった汚れというのが、殆どに当てはまった★ついてそこにある汚れ。一般的に落とす汚れ質というのは、油に因んだ汚れを俗に言った「アの法則」でいう、油汚れの扱いになる。油だったら

アルカリタイプの洗剤で大体はことが足りてしまい、酸はあまり使わないのです。

石に関しては外の自然現象によってついた、が対象のため

「上に乗った」で使うアルカリ洗剤では 石の内部まで浸透しなく、表面にある汚れに効果があっても「無機質の染み込みには効かない」、こんな特性がアルカリ洗剤にはあるのです。だから一般的に使っている

大体いつもある洗剤でのよくある清掃では、石の表面だけになって浸透させる清掃ではなく、酸性も必要とする石という個体のこと、洗剤と汚れの知識というのも「入った汚れ」まで落としたいときには、必要なのです。

言ったこれが「汚れが深い意味での」結論に近いお話

ビルなんかで清掃をする よく見かける作業員にとっては、普段はアルカリの洗剤を使って作業をしているのが「それが一般的となった清掃」。一般的なアルカリに石は含まれず、外にあるはずの石までは理解してない というかできないのが、一般的に普通の清掃となっている

だから石にある汚れ、質というのは理解していない人が多く「深い」のです。

洗剤さえ合えば落ちる

樹液だったら、アルカリタイプで試し打ち

「抜けたように落ちた」

3.専用となる洗剤だからか 金額が高い

――通常の床洗剤が二つ買えるくらい高い

石の洗剤は価格が高いのがあります。

佐野清掃が始まる前、筆者は現場責任者よくやらされていたのですが

 会社員の清掃でも 綺麗にしたい気持ちは人一倍持っていたので、黒ずんだ石というのにもよく「洗剤を発注してくれと」提案したものでした。

が通るということはほとんどなく、返ってくる言葉には

「それは高いからダメ」でした。石の洗剤は専門的な洗剤 大量生産ができるようなものではないらしく 出るものであるならそんなに高くはならない、売るにある常識。ようは専門的な洗剤はそんな頻繁に出るものではないから、「だから高いと」当時は言われて、相手をした担当者を恨んだものでしたが

綺麗にするため使うのにと思っても

石の洗剤は実際にも高く、一般アルカリ洗剤・昔からあるタイプで例えてみて 倍はしなくても「1.5倍くらいはする」のが普通の、販売価格になります。

いくら劇薬ですごく落ちますと言っても「取り敢えずはある物で」となってしまうのは、価格だけでもなく

石のために使う「専用になる洗剤」というのは 汎用性に関してもなく、PHが「アルカリでも酸でも」使える素材は「石だけにしか」使えないのです。

使えないお話は次にします。

石は力では落とせない

時間がなければ無理 ポリッシャーの力でも無理

合う洗剤を使うしかない

4.石洗剤は取り扱いが超厳重、石でしか使えない

――専用洗剤とは扱いづらい

石のための専用洗剤は万能洗剤ではありません。

「劇薬指定だからと」言ってしまえば

 万能ではないくらいわかると思いますが、一般的に万能ではない洗剤のどれかは、次亜塩素酸が含まれている「ハイター」なんかが有名どころ。次亜塩素酸も注意が必要ですが、石の洗剤はハイター「よりもっと注意」が必要です。

細かい注意点は割愛しますが

液体にまず素手では触れませんし
ちょっとでもこぼすのは絶対ダメな、超厳重になる「特殊」があり

慎重に取り扱うのが石洗剤なのですが、強いのは激強溶剤が入った特長があるからで、溶剤成分が石の染み込みに効くようになっているのです。特異で大きな特徴となるのは、石の汚れでしか使えない「専用」となっている部分

石にはこんなに強い「劇薬を」他で使いたいのは、筆者も考えたことはありましたが、石の洗剤というのは 他で試すのを想定してみても他の建材では無理な洗剤でした。「専用と」謳っているのは

裏を返せば他では使えない意味があるのと一緒で、つまり
石の洗剤は「石とその汚れだけにして」が必ずある約束で、これが石洗剤にある制限なのです。

――総論として

劇薬で石には強い効果があってもそれ以外

  • ヒールマークで使う洗剤でないですし
  • ワックスの汚れにも使えません
  • 窓拭きなんかにも使えません

こんな特殊性が、石専用となって謳われている特性であって

「これを聞いたら便利で使いたいと思うでしょうか」
たぶん思わないのが普通で

だから石の洗剤が「馴染みのない特殊な専用洗剤と」なっているのです。

技術と時間、それに洗剤と使う道具

すべてが合わさって綺麗にできる、石の汚れ

落としたい気持ち、やる気が重要

佐野清掃とは品質重視、必ず綺麗にするポリッシャー清掃が売り

看板となるサービスは2つ

どんなことをやるのかぜひ ご確認ください!!

佐野清掃とは

得意を売る商売

  • 個人の清掃業者
  • 東京都調布市が拠点
  • 25年以上の清掃経験
  • 看板は床洗浄と剥離
  • 腕が売り 腕で勝負

得意を前面に出した清掃業。

石の洗浄なら 佐野清掃へ

――専用洗剤を駆使する石洗浄サービス

佐野清掃は石床の洗浄に、その石でしか使うことのできない専用洗剤を使います。

石床というのは石に付着している汚れが分かっていないと、できるものではないのをご存じありますでしょうか

石についた汚れは何なのか・石の素材そのものに最も適した洗剤と・洗浄方法は何なのか、これを前もって調査し
理解を深めてから行うのが佐野清掃のやり方です。

洗剤と汚れがベストマッチし、最高の洗浄作業をすれば
「見違えるように輝く清掃」

石の黒ずみなんかにも、佐野清掃の作業をぜひ当てにしてください。

用いて使うのは、ミヤキ様紺商様から出ている専用洗剤になります。

調査し分かってから行う『確実な石清掃』

石はよく調べなければ落ちなく、染み込みまで攻めるのが当社のやりたいことです。

 調べるのは、染み込みを落としたいからやるのですが、前提として、洗剤と汚れが合わないと浮いてこない素材が石。付いている汚れ、使う洗剤について知る必要があり、それが石の「染み込みまで落とそうとする」清掃なのです。

佐野清掃がやるのは表面だけをさっと洗う、よくある定期清掃の石洗浄ではなく

やるためには、準備段階で落とすための条件「石のこと」「汚れのこと」「作業環境について」よく調べる必要があり、落ちるか分からないとできない清掃が「染み込みまで取る」石洗浄なのです。

調べることで、お客様にとってのメリットは大きく

 作業に至ったそれは すなわち綺麗になるが見え、落とせるのが分かったから作業になったと言えること、安心とも言える清掃が石洗浄なのです。実はこのやっている自体

洗浄のための調べるなんて他の業者はやらないというか できないことで、当社にある「綺麗にしたい強い気持ち」があるからこそ、できる動きと言ってもいいのです。(詳しくは仕事の特徴で)

佐野清掃は石をよく調べて、確実な石洗浄をいたします。

他ではできない調べる動き、佐野清掃ならできる

徹底的に調べて「伝える」

  1. ついた汚れをよく調査します
  2. 素材自体・石をよく調べます
  3. 現場環境に慣れるようにします
  4. 内容を理解するまで話します

鉄則にする「流れ」

  1. お会いして状況と歴史を聞く
  2. 洗剤メーカーに相談
  3. 現場で作業環境など「調査」
  4. 時間他 総合的な割り出し

協力してもらう相談先は 洗剤メーカー・資機材屋さん。

石洗浄で使う洗剤

馴染みがない洗剤になり、詳しくはお聞きください。

ミヤキ社の製品で
アルカリタイプの比較的使いやすい石用洗剤

こちらもミヤキ社の製品で
同じアルカリでもアルケミーの10倍強い「オリーブ」

石洗剤・劇薬になる注意

先にもお話しましたが もう一度伝えます。

  • 溶剤が含まれていて 人体に影響ある
  • 植栽が枯れる ダメにする可能性あり
  • 金属が錆びてしまう・洗剤流れに注意

アルカリ性と酸性で取り扱いや注意が異なり、詳しくはメーカーに問い合わせください。

行う作業は「洗浄」・研磨は対応していません

佐野清掃は石の洗浄は対応していますが

 磨き(研磨は)対応していません。石の研磨とはくすんでしまった鏡面仕上げになる石に対して、ダイヤモンドパットなどを使った研磨する作業のことを言うのですが

この作業には佐野清掃は対応していなく、大変申し訳ないのですが
研磨については力で削って磨いていく作業なので、当社では対応ができません。

石というのは硬質なくせに 染み込んでいく素材になり

佐野清掃がやるのは洗剤を最大限駆使した洗浄で、洗剤にある 洗剤が持っている「洗剤効果」で落とすやり方の清掃で、当社は洗剤で石を綺麗にいたします。

石の汚れとは

 ワックスを落とすようにいかなく、磨く物やポリッシャーの力だけでは落ちていかない素材が、染み込んである石汚れというもの。硬質な石には洗剤が効かなければ無理というか、無意味な素材になる。使う液体「洗剤を何使うかが重要になって」分かれ目になってくる。液体が効くかどうかが肝心「それが格段に蘇らせる石洗浄」なのです。

削って磨く業者さんがやるのを少しだけ言うと
磨く機械に重しをのせ 体重をかけて、腰をじっくりと据えて磨いていく作業の

「時間をすごく要してしまう」「工事と同じイメージが研磨」です。

佐野清掃がやるのは・・・

洗剤にある効果を最大限出し、染み込みを浮かせて洗浄する

洗剤を駆使した当社のやり方は

『作業時間の大幅な軽減と料金がお安くなり、洗剤効果で石が見違えて綺麗になる清掃』

石床においての清掃方法というのは、大きくいって洗浄と研磨とあり
佐野清掃が行うのは洗浄になります。

この清掃なら用いる洗剤が合いさえすれば、見違えって「蘇る」清掃なのです。

金額の確定は現場を観させてもらってからになります。

ポリッシャー清掃 1日(1名作業)

床洗浄 22,000円~
剥離清掃 33,000円~
石床洗浄 33,000円~

日数単価となり変更はしない料金です。

※地域によって出張費があります
※作業経費がかかる場合もあります

意外と安いかも♪

料金目安
床洗浄 東京都世田谷区(2日間の作業) 70,000円(見込み)
剥離洗浄 東京都港区(2日間の作業) 120,000円(見込み)
石床洗浄 東京都新宿区(2日間の作業) 120,000円(見込み)

※調査 経費など 全てを含んだ目安です
※剥離と石洗浄は 準備をする別日が必須
※面積に関係なく内容で決まります

掲げている『絶対綺麗』

特殊洗剤を使った石の洗浄は
石に染み込んだ汚れと素材が分からないと、綺麗にならない清掃

佐野清掃の石洗浄をまとめます。

石というのは

 人間が歩行をして汚す以外に、外にあることでの「自然現象」雨風によっての影響もある素材。見て分からないだけで本当はかなり汚れている素材が石となる。汚れが染み込んでいくがある、そもそもいろんな岩が合わさって形成される石というのは、泥水や排気ガスなんかが「中に入り込んでいく特性」があり

だから石の洗浄には、素材と汚れに合った洗剤が必要になってくるのです。

 根元にまで染み込んでしまった汚れを落とすためには、それ相当の、染み込みを浮き上がらせる洗剤を使っていかなければ「効果はなく」そして落ちていかなく 佐野清掃が掲げる絶対綺麗の石洗浄には、その石に最も効果のある専用洗剤を使う清掃になるのです。

佐野清掃がやる石床洗浄をご紹介しました。

詳しいことは聞いてみてください

利用する サービスの流れ

問い合わせからサービスが終了までの、流れをご説明いたします。

※使う上でより詳しいことは、利用規約から確認してみてください
※ご不明な点はお電話でも受付しております

1.お問い合わせ・ご相談

佐野清掃ではお忙しい方のために、メールでなら年中無休で、土日祝日もご相談ができるようにしています。

※お電話のお問い合わせは 平日9:00~17:00 の間でお願いします

当社へのご質問や、清掃サービスをお問い合わせいただくのは

  1. お電話でのお問い合わせ
  2. 直接メールをいただく
  3. メールフォームからのお問い合わせ

の、電話かメールの方法になります。

※メール・フォームについては 24時間の受付 をしております

メール受付に関しましては確認後、すぐの折り返しをしておりますが、作業中や夜間の場合・お待ちいただくことがありますので、ご了承をお願いします。


お気軽に問い合わせ・ご質問をお待ちしています。

話すの恥ずかしいからメールねっ

2.お待ち合わせ~現地お話し合い

弊社ではお客さまとの対話を・とても重視することにしています

お客さまのお話に、じっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にお話をお聞きいたします。

この無料相談をさせていただくのは、清掃の仕事そのものは現場で執り行うため、現場を目の前にして・相違のないお話し合いがとても重要だからです

お問い合わせをして、ご検討されてみてから(作業をお願いする方向)になられましたら【佐野が必ず現地を見に行き】この無料相談へとなります。


現場を確実に見る観点から、現地には「なるべく明るいお時間帯で・最短に」お伺いをします

現地では、お部屋の中を隈なく確認をいたします 見させてもらうところは

(建物の不具合部分や電気と水道が使えるかどうか、など)になります。


この無料相談は【現場を見ながら“ご依頼内容に沿った”お話しをさせてもらう】のが趣旨になるため、ご依頼をいただく・ご本人様とお話ができることを、お願いもうしいたします。

話し合いの途中では必ず断りを得てから、その場所の物を触るようにしてお話を進めていきます

お話をし確認が済みましたら、触ったものは元あった原状にお戻しをして、この無料相談・お話し合いは終了となります。

ここの決まり教えてあげなくちゃ♪

3.お見積書の作成~ご郵送

お話し合いの無料相談をした後、一両日中お時間をいただき、作業内容・作業時間・作業日程・清掃金額のすべてを記載をした

【お見積書】を作成をし郵送をいたします。

作成をした見積書の郵送方法には・お客様のご指定の方法で、ご選択いただけます(郵便 メール 手渡し など)

見積書を見たのちに、作業をやるかどうかの、ご判断をお願いします

【ここまでにお金はかかりません】。
※一回だけで済んだ現地調査・見積書作成の場合


お返事をお願いする期限は、見積書に記載させてもらう「施工するための準備期日までに」進めてもいいか、やるかどうかのご判断をお願いしております

弊社ではお客さまにご納得いただけないまま、お手続きを進めるようなことは・一切ございません

何か一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

 

金額や内容なんかよく見なくちゃ!

4.やるかの判断・料金のお支払い

お見積書をお渡し よくご検討いただき、その作業をお願いするとお決めいただいたら

【作業日の前日までに清掃料金のお支払い】をお願いします。

  • 佐野清掃は前払いになります

お支払い方法は「現金払いかお振込みでの支払い方法」のどちらかの、ご選択をお願いします。

現金のお支払いの場合には領収証をお渡しさせていただきます

 

現金でのお支払い方法をご希望されたときは、領収証の受け取り方法もご指定ください その指定の通りの日時とお時間に、お伺いをさせてもらいます。


お振り込みの方法でのお支払いの場合、領収証は
「お客様がご指定をする方法」で郵送することも・持ってきてもらいたい(手渡し)の方法でも、お客様がお選びをすることができます。

  • 領収証の郵送方法は電子メールでもできます
  • 持ってきてもらいたいときは作業とは別の日で、対応も可能です

 

支払いは先に済ませるのねっ

5.作業前の確認・最終お打ち合わせ

作業当日の直近のタイミングで、お電話でのお打ち合わせをお願いしています

これをやるのは、作業日当日の施工の流れ、佐野清掃の動きの・一連の流れをお伝えして、このような感じのイメージをもってもらうのを、電話で伝えたいからです。

作業の前に今一度その現場物件の、建物的なルールなんかがあるのかも、もう一度お話しして「じかにお聞きしたい」のも、このお打ち合わせをしたい目的になります


ここまでしっかりと決めてきたことの最終確認になります、お時間はかからない
ように致しますので、何卒ご協力のほどをよろしくお願いします。

ずいぶん慎重にやってくれるのね(笑)

6.作業後にお願いしたいこと

作業が終わられましたら「終わった当日中に」完了報告をいたしております

作業後の綺麗にさせてもらった現場は「ご依頼されたお客様ご自身で」そんなに日数が経ってしまわないうちに、見て確認をしてもらうのを、佐野清掃としては希望をします。

その確認をされましたときに「ここをもう少しといった」気になるところがございましたら、遠慮なさらずに仰ってください

すぐに再度手直しをすることも可能です。

 

※追加の作業の場合には「別の作業料金」になってしまいますが、すぐのご対応は致すようにしていますので、よろしくお願いします。

頑張ったの見てるから大丈夫よー♪

質問はメールで24時間受付

ホームページを見てもらってありがとうございました!

サイドメニュー

作成者

佐野 直人
資格・経歴
  • 2010年:ビルクリーニング技能士 資格取得
  • 大型自動二輪免許 所持
  • 多くのビル清掃現場を経験
  • 作業員から作業所長・責任者を歴任
  • 2013年:佐野清掃「開業」
  • 仕事とバイクが大好き人間

ホームページは佐野の言葉で、本当の清掃を伝えたくはじめました。
「これは知りたい」ためになる記事を増やしていきますので、励みになる意見をいつでもください。
よろしくお願いします。

登場人物

秋子さん
案内人
  • 佐野清掃のよき理解者
  • 佐野の腕を信頼する一人
  • 従業員 奥さんとの “噂”
  • 自分にすごく厳しい
  • 清掃の仕事をしている
  • 趣味は食べること

ホームページ・案内人
秋子さんとは 佐野清掃にとって、いつもお世話になっている女性でして、実在する人が・ガイド役となって登場した「秋子さん」です。
佐野の話をよく伝えてくれて フォローもしてくれる、ホームページ案内人。

佐野清掃

即日対応

まずは見て確認

一都三県に対応
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県
夜間作業・土日祝に対応

電話受付:平日 9時~17時
作業:土日祝 夜間 対応可能

質問はフォームから

メールフォームは「24時間受付」
いただいたメールはなるべく早くにお返事いたします。