東京都調布市で店舗・オフィス(事務所)の

床清掃は 佐野清掃

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
調布駅中央口より徒歩20分/駐車場:建物敷地内に有料パーキングあり

お気軽にお問合せください

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00(年中無休)

床にワックスを塗りたい本当の理由は
【業者にとって言いずらい理由】|ワックス解説

この記事について

ご覧いただきありがとうございます。作成者の佐野です。
いきなりですが・皆様は・床にワックスを塗る・とゆうことを【どうしてか】なんてことはを、考えてみたことは、ありますでしょうか?

オフィス(会社)の床・ビルのトイレ給湯室の「クッションフロアと言われる床」などには・ほぼ「当たり前のように」清掃業者の方が来て「ワックスが定期的に施工してある」床になっているのにお気づきでしょうか?

今回は・床に当たり前のように塗っている・ワックス塗ることについての、

  • お客様には言いずらい【ワックスを塗る本当の理由】

とゆうことの「少し話ずらい本当のこと」について、ご紹介をさせていただきます。

注意:ここでお伝えする内容には「清掃業者はしっかりとしていない」と感じてしまう内容が・一部含まれてしまっていますが【そんなことは決してなく】

  • まともに”綺麗にひたむきにやられている”業者様の方が「多くいて活躍もされていて」

しっかりとしていないと・指摘している部分が「ごく一部であるのを」ご理解いただいて、ご覧になってください。


この記事の目次
ここでご紹介する内容は以下になります。(詳細はクリック)

ワックスを塗るのに・本当の理由であり
・言いずらい理由の解説

この記事でお伝えさせてもらう佐野は、床清掃とゆう・床を綺麗にする仕事を、長年させていただいてきました。(総年数25年ほど)

床清掃の仕事で「いつもやっている」床にワックスを塗るとゆうことに対して・数々の経験をしてきたことによる「成功や失敗」などの・経験で得たことを、惜しみなくお伝えをし、

ご覧いただいた皆様に・ワックスに関して・はもちろん
清掃についてのお役に立つ「知識の一つに」してもらえればと・第一に願って・この記事をお作りしました。

ワックスを塗るのに「確実に話し合われた」
ワックス施工が”現実にはあまりないこと”

ワックスを施工した床の管理は「ちゃんと行わないと」床自体の色が変わってしまいます。

はじめに・この記事をお作りしたかった理由を、言います。

仕事でいろんな現場(主にビル)を見させていただいて、お話をさせていただいて感じることに「お客様と業者側のどちらも」ワックスを塗る意味など・知らない・理解をしていないのに、何故か「施工されてしまっている現場」が余りに多いことがあるからです。

どの現場の事「どの施工案件の事」と、特定の現場の事は申し上げられないのですが・そう言ったところのビルの床は、見ればすぐに分かってしまいます。どういう風に分かるのかと言うと「無駄にワックスが変色してしまっている」ところなんかです。
佐野清掃とゆう「いち業者の目から」傍から、何気にパッと見ても「すぐに気づいてしまう、そんな・よろしくない色をした床が、目に入ってしまうことからです。

発見をし見てしまっても・このことについて関係者などに、文句をつけることは一切ないのですが、同じワックスを取り扱う清掃業者として「もう少し考えてから」塗れなかったのかなと、残念に感じてしまうところがあり、

同じ床清掃をやってワックスを塗ることをしている「清掃業者として」どうしてそのような「残念な施工」になってしまうのかを、ご説明しワックスを塗るとゆうことに対しての「根本的なこと」を改めてお伝えしたいのが第一にあったからです。

最初に勘違いしてはいけないのは、
ワックスを塗るのを「決めるのは」お客様であること

もう頼んでお金も払ったのだから「任せっきりで」大丈夫・は本当に大丈夫ではありません。

まず、お客様にお伝えしなければいけないと思うところに、
ワックスのことを「清掃業者任せに」しないで・お客様の方でも意味についてくらいは「知っておいてほしい」と思う点です。

これをお客様が「やらないから」が・悪いことではないのですが、清掃業者はそんなに「お客様が思っているほど」仕事に”熱く”はなく、ワックスについても・塗れるものだったら何でも良いと・その程度に考えるに過ぎないのが、ほとんどの「普通の清掃業者」で
お客様の大事な床に対して、良いワックスはあるのかなどを、考えて探して行動してくれる「優良な」清掃業者は残念ながら「いないと」思ってほしいところです。

これからお話をする、ワックスを施工したのに「仕上がりが綺麗ではない案件で」その当事者の方と・お話ができる機会があったとして、聞かれることが多い・大体のお客様側からのお話、ご意見には、
自分が頼んだ業者が、ワックスを塗って「このようにしたほうがいいと言っていたから」・そうしたと・言うのですが、それは【大いに違うこと】と断言します。

もちろん行った清掃業者も「宜しくはないのですが」お客様が勉強不足であったことも・結果として「綺麗ではない床になった原因」であると、申し伝えさせてください。

清掃業者は・施工を完了するための、総合判断と「悪く言えば儲けだけで」ワックスを塗るのを決めてるところが、ほどんどの場合の「業者都合」の考えなのです。
これを言ってしまえば・お客様の床を「綺麗に最高の状態にできる」したいからと、ワックスを塗るのを決めているのではないということです。
こういった業者の都合や「人となりも」ワックス自体の事と合わせて「よく勉強をしてから」綺麗にしたい床をよく知って、分からない疑問はその頼まれた業者様に「グイグイと」突っ込んだ・お話をして、

  • 最終判断の、塗る塗らないはお客様が【必ず決める】ようにしてください。
  • お金を払うから「大丈夫だと」検討することをやらないのは絶対にマズいことです。

清掃業者が言いずらい・床にワックスを塗る理由を、お伝えするのに「あと一つ」知っておかなければ・お話ができない・ことがありご説明させてください。

ワックスを塗るには、
「しっかりと洗浄”洗う”前提条件」がある

綺麗にした床に塗るからこそ「光沢が良い」ワックスが・のる床・ができるのです。

先に前提条件を言うのには・やっていない業者様がいらっしゃるなどの・悪い意味の粗を探す「注文を付ける」ことなのではないのですが、

そもそもの・ワックスを塗る以前のお話に、清掃作業とゆう仕事の性質上で・作業の工程のすべてに、完璧な100点が存在しないから、こう言った「なるべく綺麗にしてから」ワックスを塗りましょう的なことを、言わなければならないのです。

  • これを言うのは・綺麗な条件の床で塗られたワックスこそが、そのワックスの「最高のパフォーマンスを発揮」できるからです。

この最高を「目指して」目標にして、洗浄作業をやるのですが「なかなかその最高には」やれなく(または・やれていなく)・少しやりきれなく残った状態で「妥協」する・してしまうしかない・のがワックスを塗る前、洗浄作業に見られる「業者側の現状」なのです。

  • なかなか「最高に綺麗にして」ワックスを塗ることができないのが・ある意味の普通

このことを、もう少し掘り下げて解説すると

しっかりと洗浄する・しっかりと拭き上げるの「しっかりと」とゆうのは、全部取りきれる”ように”「あくまで限られた時間の中」で頑張ります。とゆうことなのです。
これを言うのは、業者がしっかりしていないのではなく・業者は作業の決めた「最後のお尻を見た時間設計をして」その通りの作業をしています。
作業の工程の一つ一つに「完全にやり切る時間設定」ができた清掃作業は・よっぽどの時間と「お金がないと」なかなか、取れないものなのです。

このお話は全部の業者様が「そうではない」のも・重ねてお伝えしますが、それでもこの「残念な現実」のことも、お伝えをしたうえで
これが普通とゆうことになっている「条件下のもとで」ワックスを塗るとゆうことは、どうゆうことになるのかをお話します。

結論を言ってしまうと
そんな「少しでも」やり切れていない部分を・隠してくれる・そんな意味も入ったワックスがけというのは、清掃業者に取っては「実はとてもありがたいもの」なのです。

「ありがたい部分を」もう少し詳しく言うと、
ワックスがけを行うことによって清掃業者にとって不都合な・やり切れなかった「甘かったところが」保護をして帳消しにしてくれる、清掃業者側にとっても・とても助けてくれる「魔法の保護剤が」ワックスとゆうものに、なるからです。

前置きが長くなりましたが・この記事の本題である・業者だけが知る

  • ワックスを塗る【本当の理由】と業者側の理由
  • お客様に・言いずらい・ワックスを塗る理由

についてお伝えし、解説をしていきます。

ワックスを塗るのに「本当の言いずらい理由」と、
ワックスのもっている”保護する効果”

ここからお伝えするのは・本当の理由です。ここでお話しすることは、そこに立ち会った清掃業者のどなたかは絶対に知っている「分かっていること」になろうかの・お話になっています。

業者が行う洗浄作業は
”保護も落としてしまう強い洗浄だから”

業務用洗剤を用いてポリッシャーと組み合わせた「洗浄作業は」想定以上によく落ちて・しまうのです。

清掃業者がやる「床磨き清掃」とゆうのをご存じある方は・ある程度は知っていると、思うのですが「どうゆうことを」やるというのかと言うと、

アルカリ度の高い業務用洗剤を用いて・研磨剤の多く入った「青パット以上の」硬い洗浄パットを、清掃機械「ポリッシャー」に装着して・磨き上げる・清掃を行うのが、
清掃業者がやる”洗い”と呼ばれる床洗浄作業なのです。

この作業をやった、のちに、ワックスを塗るのですが、これについて、少し想像してみてください。

床にワックスを塗るのには・この作業が「あくまで前提」であることを、考えてみると

  • その床にある大体の汚れは落としてしまうのです。

建物の建材は最初の「新品の時に」ワックスではないのですが「釉薬やクリア塗装」とゆう保護剤が・どんなものでも塗られています。床材に関しても例外ではなく保護がしてあります。「ワックスは塗ったことがなかったとしても」新品の時に・してある・保護がしてあるのが建材「素材」とゆうものなのです。

清掃業者がやる「床洗浄は」この釉薬というのから「保護剤とゆうのを」汚れと一緒に・それまでも全部落としてしまう、そんな作業なのです。

このことが【お客様には言えないこと】なのですが・清掃業者のやる床磨きは「予想以上に」綺麗になるもので、使っている道具や洗剤なんかも”考えてる以上に強い”のです。

このことを知っている清掃業者で、まともに「ポリッシャーを使って床を磨く・ちゃんとした業者ほど」・ワックスは塗ります・と言ってきて、

それはつまり「また保護をしたいと」言ってくるのです。

作業工程の全てにおいて”少し残るから”
【それを隠すための】ワックスとゆう考え方

洗浄作業のやることはどれくらいの得点かを言うと、残念ながら「完璧な100点」ではありません。

使っているポリッシャーや洗剤が強いことをご説明しましたが、この他にもワックスを塗りたいと言ってくる・提案してくる言いずらい理由・があります。

  • それは「洗剤成分が残っているから」とゆうことです。

話が少しそれてしまいますが、言わなければならないことに・清掃業者がやる床洗浄の作業工程は・その一つ一つが「完璧な100点」ではないとゆうことがあります。
100点ではないことを詳しく言うのには、一般的にどこもやっているとしている洗浄工程を・ざっとお伝えをし・ある程度知った上でから、ご説明していきます。

  1. 機械で洗浄する
  2. 洗浄した汚水を回収する
  3. 拭き上げで仕上げる

床を洗浄する・やることを大きくいったら「この工程に」なってくるのですが、この1から3の一つ一つ「突き詰める」前に、この作業自体を完結する「こなすのに」暗黙のルールとゆうのがあり・これもお伝えしなければいけません。

  • それは・清掃作業の第一に、作業全体を「止まらない・止めない」でやること、進めていくことが「お決まりで」あるのです。

この暗黙のルール・止まらないことを知った上で想像してもらいたいのですが・洗浄から拭き上げまでを、完全にやり切った100点で、進めていけると思いますでしょうか?

  1. もう落ちるところが「完全にないまで」洗浄
  2. 水滴が「一滴もない」ところまで汚水回収
  3. 拭き上げたモップが「すすいで絞っても汚れが出ない」まで拭き上げ

少しだけ聞き方が悪い、意地悪な問いかけでしたが・この答えは・分かり切った「不可能なこと」であるのです。

  • 洗浄を「そこ一点に集中して」時間を掛けてしまったら・その他が止まります。
  • 汚水を最後の一滴まで「残さないよう頑張っていたら」周りが乾いてしまいます。
  • モップを最後まで・少しも汚れが付かない「透明な状態」まで拭くことは、先の洗浄ができなくなります。

これらをまとめると・洗浄し最後にワックスを塗るときの・床とゆうのは「僅かな部分の」汚れ・汚水が残った状態であることが・あくまで必然であるのが、悪いことではなく「それが普通」なことの、
ワックスを「塗る前の床とゆうもの」なのです。

この・ご説明した床で・もしもワックスを塗らなかったら「すぐ汚れて」しまいます。なぜなら・分かっての通り「汚れ・洗剤成分が」残っていて乾いた「だけの」床だからです。

  • 例えるなら自分の手が「ヌルヌルなのに簡単に拭いただけ」と同じことです。

このやり切れなかった「甘かった」洗浄作業とゆうのを・汚れ落としがしっかりとできる・清掃業者ほど知っています。知った上でお客様に言えない「言いずらい」解決方法として
洗剤成分の滑りや汚れの残りを【上からワックスを塗って隠せる】ワックスを塗るとゆうことを・言って進めてくるのです。
全部が全部「そういった現場」ではないのですが、
このように「なってしまった」塗られた床のワックスは、後々の結果に・耐久性がよくない、すぐ変色する【質の悪いワックス】になってしまうことになる・原因にもなります。

業者の知り合いが「いない人は注意」

床を洗浄する「清掃作業の粗的なこと」を言ってしまいましたが、

じゃあこうならない床洗浄「洗い」とは、どうやったらいいのかと言いますと「汚れを最初に見極める」ことが全てで・それができるかどうか・であります。

見てもらい作業全体の「総合的な時間計算ができ」やり切った仕上がりが・分かる清掃業者であるか・が「質の良いワックスを施工してくれるかの」判断基準になってきますが、

  • これを判断するのは結構難しいです。

何故ならこのことができるのは・床洗浄とワックスを「知っている人」が判断できることになり・作業工程やワックスを知らない人にとっては・かなり難しい「分からないことが当然」になろうかの、判断になるからです。

ワックスがある「塗られた床」は業者にとって
”清掃メンテナンスが格段に楽”

床を拭くのも「そこの床に」ワックスが”のっている”から「滑る」拭きやすい床なのです。

結論を最初に言うと【ワックスは必要で】保護をしなければ、ならない床には、絶対必要なのがワックスとゆう保護剤になります。

ここからお話をすることは隠さなくても良い・普通に言えることなのですが、お伝えするのはワックスのあるべき・根本的なことです。

この記事をご覧いただいている方は・ワックスとゆうものが、どれだけ頑固なものか・ご存じでおられますでしょうか?
ワックスの中には半樹脂タイプなどの「弱い」効果が薄いワックスもありますが、それでなければ・だいたいのワックスとゆう製品そのものは「強くて残るもの」と思ってもらっていいのが、床に塗られた「保護剤」ワックスになるのです。

これを前置きに言ってから・もっと想像してもらえる、分かりやすいことで言うと、皆様が考える想定ができる「凄い汚れが」付いてしまった、そんな酷い床でも、実際の本当のところは「ワックスの上に」汚れがのってしまった「ただそれだけ」なのです。

ワックスが全部取れてしまう「ほどの」汚れは・溶剤薬剤なんかをこぼした・あとの「抜けてしまうこと」を除けば、日常的に普通に使っている分には「荒れること」があっても落ちて取れてしまうことは、考えにくい「位の強さ」であるのがワックスです。

そんな・保護をして汚れを付きにくくして「良いことずくしの」便利なワックスを、清掃業者は大いに活用した清掃作業をしているのです。

この言ったのとは逆に・ワックスが塗っていない「ない床」だったとしたら、どうなるのかを申しますと、掃除が今まで以上に・物凄く大変になります。

気付かないことかもしれないですが・普段モップをかける「雑巾で拭く」床の滑った感じは、ワックスがあるからこその「あの滑り」なのです。ワックスがない床は「滑らない引っ掛かりがある床」になってしまい、付いた汚れが素材の目に「染み付いて」床材そのものをダメにしてしまう恐れもあるのです。

ワックスが必要とされる・いわゆるハードフロア・クッションフロアにワックスや「保護がされていない床」は・あるのかと言いますと【答えはない】です。
今はワックスを必要としないノンワックスの床も多くなりましたが、これについては・その目的の通り、ワックスの必要はありません。

ハードフロア・クッションフロアは、ノンワックスのタイプを除いて・ワックスかそれ以外の何らかの保護が必ずしてあるものになり、もししていなかったら・そこはその場所だけの「特別な指定」があるからが、その床の保護をしていない理由になります。

質の良いワックスの「床材の管理」が清掃業者の仕事になり・このワックスの状態についてを「日々格闘して」いろんな提案をお客様にして、
その現場の品質向上のための清掃作業をしているのです。

この記事のまとめ

ワックスのことは・何でもご相談ください!

ご覧いただいてありがとうございました。

床清掃のワックスとゆうことについてお伝えしてきましたが、今回ここで言ったことは・お伝えしようかどうか、かなり迷いました。
作成した佐野も「清掃業で」やっているのもあって「仕事の裏情報にあたること」を言ってしまうことに・お世話になっている方々へ、
ご迷惑にならないかの・抵抗感があったことが、かなり迷いお伝えしようか・悩んだ理由でした。

先に冒頭でもお話した通り・仕事で「いろんな現場」の床を見させてもらう中で「なんだこれは!」と”ビックリするような”すごい汚れ床の現場に直面し・そんな床と相対しいつも戦っている「佐野清掃としましては」今回言ったこの話題は、やはり言ってしまったほうが「いろんな声」があるにしても・総合的には良いことになる「ことの方が」多いのかなと思い、お伝えをさせてもらうことにしました。

今回言ったことは・業者は紛れもなく分かっている、本当のことではありますが・それでも言えない「分かってもみんな言わない」ことでもあります。
言いたかった思いを言うと・ワックスを作業を上げるだけの”悪い手段”で使わないで、その床にとって”必要な良いワックス”であるような「活用をしてほしい」そんな想いから、
この記事にてお伝えをさせていただきました。

ここで言ったことを「全て分かって」
”その床の最高のワックスにする”のがこの仕事

ただ塗る・のではなく「どういう風に塗るのか」にもこだわっている、こだわれるのが当社・佐野清掃

最後に・自分の会社のこと・佐野清掃のことをお話します。

佐野清掃でやるワックスは「他と違って良い」とゆうのを言うのですが、
「なぜ」違うのかと言いますと、この記事で言ってきたことの「逆の」ことで仕事「清掃作業」をやってきているからです。

逆と言う・佐野清掃の仕事とは、

  • どこの他業者様よりか・こだわった作業ができる、ことを最初に予想をし【時間を取った・使った作業工程」
  • 現場を施工する前の・実際の作業をするイメージトレーニングを・より細かく追及して、そのことを「とても大事にしていること」
  • この記事で言った・質の悪いワックスになると予想がされる場合は、その仕事をどんなに承けたくても・できないと「残念でも断ること」

このようなことをやっているのが・この記事の作成者・佐野清掃であります。

佐野清掃の施工したワックスであるなら、その床にベストマッチしたのを・普通に使い・それは高耐久性があって・どこのワックスより長持ちする、します。

このお客様に「いつも言っていることを」もっと詳しくご説明したい・するためには、

  • じゃあ「質の悪いワックスとは」といった・逆の意味の説明も

していきたいし・していかなければならないと思っています。

最後にはなりますが【佐野清掃は違うんですよ】とゆうこともお伝えさせてもらいました。
お読みくださりありがとうございました。

この次にお読みしてほしい情報記事

佐野清掃では床清掃・清掃についての情報記事を随時増やすようにしています。
佐野清掃とゆう業者でしか知ることができない「特別な清掃情報を」ホームページに余すことのなく、お伝えし・皆様の清掃について・少しでもお役に立てればと思っております。

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

佐野のプロフィールが載っています。
ワックスのおすすめの塗り方をご紹介
フローリングのワックスの剥がし・剥離説明
佐野清掃の清掃サービスへの疑問

清掃についての疑問や
≪佐野に聞いてみたい事・ご質問は≫
随時、受け付けています

当社はご相談してもらうことに、お金はお取りしていません。

  • お電話でもメールでも「何回聞いてもらっても」相談料金などはかかりません。
  • 電話の場合は通話料金、メールからの場合は通信料金が別途でかかります。

簡単なご質問・金額を聞きたいでも・ぜひお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら

042-444-2544

営業時間:9:00~18:00
定休日:なし (年中無休)

佐野清掃|営業情報

ホームページ作成者
代表 佐野 直人
資格・経歴
  • 平成22年 ビルクリーニング技能士一級 資格取得
  • オフィスビル、商業ビル・作業所長 責任者 役職任務歴任
  • 平成25年 佐野清掃・開業

ホームページでは・当社でしか載せれない「清掃情報」を記載していきますので、励みになるご意見をぜひお寄せください。

住所・所在地

〒 182-0017
東京都調布市深大寺元町1-11-1 1104
京王線 調布駅から徒歩20分

アクセス
即日対応ができます

お客様の聞いてほしい・何とかしてほしい希望に、即対応できるよう準備をいたしております。

対応可能エリア
  • 東京都 ※諸島は除く
  • 埼玉県
  • 神奈川県
  • 千葉県

この地域以外でも対応できる場合がありますので、お問い合わせして確認をしてみてください。

土日祝・夜間作業にも対応

お忙しい方のために年中無休で受付をしております。
夜間で作業を依頼することも可能でございます。

お問い合わせ・お電話

ご相談はお気軽に…

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

メールでお問い合わせ

メールフォームとLINEからのご質問には、24時間受け付けております。
いただいたメールには、なるべく早くご返信いたします。

公式Twitter

佐野清掃は「Twitter」でも最新情報や日々の日常をお伝えしています。
ツイッターでつぶやくことはホームページには載っていない
【仕事とは関係のないことを】配信したいと思っています。
良かったらぜひご覧ください。

Twitterに関するお問い合わせ

ツイートへのご質問もできます

042-444-2544

お電話 受付時間:9:00~18:00

ホームページ更新情報